YOSAKOIソーラン祭りが批判される理由とは?

6月に開催が予定されている北海道の人気イベント「YOSAKOIソーラン祭り」。しかし、近年では近隣住民からの批判の声もチラホラ…。批判の理由はいったい何なのでしょうか?問題点を考察しつつ、その裏に隠されたYOSAKOIソーラン祭りの魅力についてもご紹介していきます。

(出典:公式サイトより)

日本の夏といえば「祭り」ですよね。太鼓やお囃子の音、盆踊り、出店の屋台など、日本人にとってワクワクする要素がたくさんあります。子どもから大人まで楽しめるお祭りは、規模の大きいものから地元のアットホームなものまで、全国各地に無数に存在しています。

青森の「ねぶた祭り」や福岡の「博多祇園山笠」、宮城の「仙台七夕まつり」などに匹敵する来場者数を誇っているのが、北海道の「YOSAKOIソーラン祭り」です。こちらは比較的歴史の浅いお祭りで、近年、様々な問題が浮上し批判の対象ともなっていますが、大きな魅力があることは確かです。

今回は、批判の対象となっている問題点を考察しつつ、その裏に隠されたYOSAKOIソーラン祭りの魅力についてもご紹介していきます。

「YOSAKOIソーラン祭り」とは?

北海道の初夏の風物詩となった「YOSAKOIソーラン祭り」。高知県の「よさこい祭り」と、北海道の「ソーラン節」を融合させた、1992年から始まった比較的新しいお祭りです。基本的には楽曲に合わせて自由に踊るというのがこのYOSAKOIソーランですが、ソーラン節のフレーズを楽曲に取り入れることと、よさこいで使用する「鳴子」と呼ばれる楽器のようなものを持って踊ることが定義とされています。

1992年の初開催以降、年々来場者数を伸ばし、現在では200万人以上が足を運ぶ札幌の一大イベントとなったYOSAKOIソーラン祭り。札幌といえば「さっぽろ雪まつり」で有名ですが、YOSAKOIソーランも既に全国的知名度も上がり、夏の貴重な観光資源として大きな経済効果をもたらしています。

YOSAKOIソーラン祭りが批判される理由とは?

毎年多くの観光客でにぎわいを見せるYOSAKOIソーラン祭り。地元の人たちにとっては歓迎すべき声が多い…と思いきや、近年は批判の声も高まっているようです。その内容をまとめてみました。

1:参加チームのマナーの悪さ

YOSAKOIソーラン祭りに参加するチームは、大所帯(1チーム150名以下)。そして、その多くが公共交通機関を使用します。その際に、大勢の参加者たちが地下鉄構内で大声で騒いだり座り込んだり、コンビニの前にたむろするなど、迷惑行為が後を絶たないため主催者側もマナー向上を呼びかけています。

2:祭り自体の騒音問題

そもそも、YOSAKOIソーランは音楽に合わせて踊るもの。少しでも目立とうとすると必然的に音楽のボリュームも大きくなり、ついには近隣住民からの苦情が寄せられる事態が相次ぎました。その後、主催者側で音量についての基準を設け、規定以上の音量の場合は失格とするルールとしましたが、依然守られていないチームもあり、住民からの苦情はなくなっていません。

3:高額な参加費、観覧席料金

YOSAKOIソーラン祭りはチームの参加費が非常に高額で、1チームあたり10数万円、さらに「地方車」とよばれるチーム先頭を走る装飾を施した車のレンタル料が18万円となっています。観覧席も1,000円〜4,000円程度となっていて、中には有料席を購入しないと見られない環境の会場もあります。たくさんの会場を使用し、安全警備上の問題などをクリアしようとすると運営コストが増大することもわかりますが、こういった高額な料金は商業イベントというイメージが強く残るようです。

とは言っても、1992年からスタートしたイベントが、今では200万人以上の動員を記録するようになったことは、やはり「YOSAKOIソーラン祭り」そのものに大きな魅力があるからにほかなりません。逆に言えば、高額な参加費や観覧席料金を払ってでも参加したいと思えるからこそ、ここまで大きな祭りとなり、ファンも増えているのではないでしょうか。

YOSAKOIソーラン祭りの魅力

1チーム100人以上の人々が、一斉に音楽に合わせて踊り、その圧倒的な迫力を間近で体験できるという機会はなかなかありません。音楽の曲調や構成、踊りの振り付けも自由なので、それぞれのチームの個性が光り、見ていて飽きることがありません。華やかな衣装や参加者の生き生きとした笑顔も、YOSAKOIソーランならではの光景といえるのではないでしょうか。

この迫力と一体感は、実際に見て体感しなければわからないものです。ぜひ一度、会場へ足を運び、全身でYOSAKOIソーランを感じてみてはいかがでしょうか。その際は、くれぐれも地元の皆さんに迷惑をかけることのないよう、マナーに気をつけてくださいね。

★2016年6月8日(水)〜12日(日)「第25回YOSAKOIソーラン祭り」開催決定!

今年のYOSAKOIソーラン祭りは、6月8日(水)〜12日(日)の5日間に渡って開催されます。YOSAKOIソーラン祭りのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。