アニメ映画 夜は短し歩けよ乙女がいよいよ公開! 出演キャストのプロフィールをチェック

森見登美彦さんの小説「夜は短し歩けよ乙女」がアニメ―ション作品として、2017年4月より公開されます。監督は「四畳半神話大系」や「ピンポン THE ANIMATION」などを手掛けたことでも有名な浅政明さんです。 そしてキャラクター原案を中村佑介さん、主題歌をASIAN KUNG-FU GENERATIONが担当するなど、各方面から人気クリエイターが集結。またキャスト声優として、星野源さん・花澤香菜さん・神谷浩史さん・ロバートの秋山竜次さんなどが出演し、さらに作品を盛り上げています。楽しみな映画公開を前に、夜は短し歩けよ乙女のキャスト陣をピックアップし経歴やプロフィールをご紹介します!

【夜は短し歩けよ乙女がアニメ映画化! 主要キャストのプロフィールをご紹介】

森見登美彦さんによるベストセラー小説「夜は短し歩けよ乙女」のアニメ映画化が決定し、2017年4月7日に全国公開されることになりました。

「夜は短し歩けよ乙女」は、京都を舞台に描かれたちょっと風変わりな恋愛ストーリーです。声の担当は、ドラマや歌手などで幅広く活躍する星野源さんや声優として引っ張りだこな花澤香菜さん、神谷浩史さん。

さらに、お笑い芸人として独自の芸風をもつ秋山竜二さんなど、豪華キャストが集結。より映画を楽しんで見られるように、「夜は短し歩けよ乙女」の出演キャストの経歴やプロフィール、現在の活動などをまとめました。

【アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」キャストその1:星野源さん】

「夜は短し歩けよ乙女」のキャストで「先輩」役を担当するのは星野源さん。星野源さんは1981年1月生まれ、埼玉県川口市出身です。2000年に同級生らとともに、インストゥルメンタルバンドSAKEROCKを結成。

リーダーとしてギターやマリンバなどを担当していましたが、その後2015年に解散。現在はアミューズに移籍し、音楽活動を続けています。

また、星野源さんは仕事の枠にとらわれず、音楽活動以外にも俳優や文筆業などで幅広く活躍。

2003年の舞台「ニンゲン御破算」に参加したことをきっかけに、松尾スズキさんや荒川良々さんなどが所属する事務所「大人計画」のメンバーとなります。

そして同年放送のフジテレビ系ドラマ「WATER BOYS」からドラマに出演し続け、2016年に放送されたTBS系ドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」で一躍有名人となりました。

今回の映画「夜は短し歩けよ乙女」キャストとしての出演は「絶対に面白い作品になる!」と湯浅政明監督から直々のオファーを受け、実現。星野源さんも「お断りする選択肢が浮かばなかった、とても楽しみです」とコメントしています。

【アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」キャストその2:花澤香菜さん】

「夜は短し歩けよ乙女」のキャストで「黒髪の乙女」役を担当するのは花澤香菜さん。花澤香菜さんは1989年2月生まれ、東京都出身です。声優のイメージが強い彼女ですが、幼いころから子役としてバラエティやドラマに出演。

タレントとして、芸能活動をスタートさせました。その後、14歳で声優に初挑戦。高校生の時に出演した作品「ゼーガペイン」をきっかけに、声優を志します。花澤香菜さんは、今まで数々の人気アニメ作品に出演。

その高く澄みきった声質から「3月のライオン」の川本ひなた役、「青の祓魔師」の杜山しえみ役など、可愛らしい役柄に抜擢されることが多いです。

その一方で「PSYCHO-PASS」の常守朱役や「東京喰種トーキョーグール」の神代利世役など、クールな役柄や狂気的な役柄までを見事に演じ分け、何でもこなせるマルチ声優として不動の地位を確立しています。

花澤香菜さんは、大学生の時に原作小説「夜は短し歩けよ乙女」を読んでいて、今回の映画キャストに抜擢されたことをとても喜んだそうです。「乙女が恋愛をしたらどうなるのかというところを見守ってほしい」とコメントしています。

【アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」キャストその3: 神谷浩史さん】

「夜は短し歩けよ乙女」のキャストで「学園祭事務局長」役を担当するのは神谷浩史さん。

神谷浩史さんは1975年1月生まれ、千葉県松戸市出身です。もともとは役者志望で、青二塾東京校の第14期生として入所しますが、入所した当初は声優養成学校だとは知らなかったそうです。

その後、着実に声優としての道を歩み続け、念願だったガンダム作品への出演を果たします。そんな神谷浩史さんも、今では人気声優として活躍。「進撃の巨人」のリヴァイ役、「機動戦士ガンダム00」のティエリア・アーデ役が代表出演作です。

最近では、若い女性たちの間で爆発的なブームを巻き起こしたアニメ「おそ松さん」で、松野チョロ松役を演じたことでも話題になりました。

神谷浩史さんは「夜は短し歩けよ乙女」のキャストを演じるにあたって、原作のエッセンスを膨らませ、相当に愛すべき人物に仕上げたとのこと。「映画の完成が楽しみです!」とコメントしています。

【アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」キャストその4: 秋山竜次さん】

「夜は短し歩けよ乙女」で「パンツ総番長」役を担当するキャストは、ロバートの秋山竜次さん。秋山竜次さんは1978年8月生まれ、福岡県北九州市出身です。上京し、最初に掲げた目的は、雑貨店を経営することでした。

しかし上手くいかず、偶然見つけたNSC(吉本総合芸能学院)の広告を見て、幼馴染の馬場裕之さんとともに入学。ツッコミ役の山本博さんを加え、ロバートを結成します。

秋山竜次さんと言えば、お笑い番組「はねるのトびら」で演じていた面白いキャラクターの数々。塚地武雅さん演じる母親に依存するニートや、コント「グローバルTPS物語」で演じた悪徳商法の勧誘員などが有名です。

最近では、体ものまねで再ブレイクを果たしていて、上半身裸となり梅宮辰夫さんの顔パネルをあてがう芸風が人気となっています。

秋山竜次さんは、今回「夜は短し歩けよ乙女」のキャストに抜擢されたと聞かされたとき、すぐさま「人間の役?」と聞き返したのだとか。

人間の役と分かり、ほっとしたのもつかの間「パンツ総番長です」と聞かされ、思わずツッコみを入れてしまったそうです。

しかし、コメントでは「パンツ総番長はとても一途で愛嬌のあるキャラ。演じていてすごくやりがいがあった」と語っています。

【夜は短し歩けよ乙女の公開はもうすぐ! キャストたちの演技をお楽しみに】


(出典:pixabayより)

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」の原作小説は累計売上120万部を超えるベストセラーとなり、2007年度の本屋大賞2位にも選ばれた作品です。豪華なキャスト陣を迎えたことで作品の世界観がより一層膨らみ、オシャレで斬新なエンターテイメントに仕上がっています。

アニメ映画「夜は短し歩けよ乙女」の公開は、2017年4月7日です。今回の映画にかけるキャスト陣の想いとともに、小説では味わえないアニメ映像作品をじっくりと楽しんでみてください。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。