『YON FES 2017』出演アーティストにはフレデリック、アジカン、キュウソネコカミも!

音楽ファンなら絶対に気になる出演アーティストがついに発表!04 Limited Sazabys主催の大規模ロックフェス『YON FES 2017』が名古屋で行われます。今年の出演者には、フレデリック、アジカン、キュウソネコカミなど豪華アーティストが多数!今回は4月1日、2日と2日間に渡って開催される『YON FES 2017』の魅力と出演者のラインナップをまとめてご紹介します!

【『YON FES 2017』の出演アーティストに注目!】

名古屋の大規模ロックフェスが今年も開催されます!とても待ち遠しい『YON FES 2017』の出演者は、先日最終発表があったばかり。

イベントの概要とともに、アーティストラインナップに焦点を絞ってご紹介していきます!

【まずは『YON FES 2017』概要をチェック!】

『YON FES』は昨年から始まった新しいイベント。04 Limited Sazabysが初めて主催している名古屋の音楽フェスです。

2016年の開会宣言では「全国各地の素晴らしいフェスに出会い、こんな1日を名古屋に持ち帰りたい、こんな1日を自分達で作りたいという気持ちが芽生えました」と趣旨を語っていました。

イベントには、04 Limited Sazabysはもちろんのこと、所縁のあるバンドが勢ぞろいします!

『YON FES 2017』開催日程と会場

日程

2017年4月1日(土)、2日(日)
開場 9:30 / 開演11:00 / 終演 19:00(予定)

会場

モリコロパーク(愛・地球博記念公園)
所在地:愛知県長久手市茨ケ廻間乙1533-1
(引用:『YON FES 2017』公式サイト)

イベントは、2005年に開催された『愛・地球博』の会場跡地で広大な敷地を誇るモリコロパークで行われます。土日での開催なので、予定も組みやすいですね!

音楽ファンの多くも「行きたい!」と声を大にしている『YON FES 2017』。さっそく気になる出演者リストをチェックしましょう!アーティストは日程ごとに異なるため、それぞれまとめてご紹介していきます。

【『YON FES 2017』は出演者も豪華!アーティストラインナップ①4月1日(土)】

04 Limited Sazabys

2008年に名古屋で結成した4ピースパンクロックバンド。インディーズでの活動を積み重ね、2015年4月、遂にメジャーデビューを果たしました。

今回の『YON FES』開催を決意するきっかけとなった数々の大型フェスに出演し、昨年の『YON FES 2016』を大成功させたことで注目が高まっています!

ASIAN KUNG-FU GENERATION

「アジカン」の呼び名で親しまれている4人組ロックバンド。メジャー以前のミニアルバム『崩壊アンプリファー』は好評を博し、2003年のメジャー進出のときに再発売されています。

以降も作品リリースやライブ、イベント出演など精力的に活動してきました。2017年3月29日にリリースされる『AKG TRIBUTE』では、「未来の破片」を04 Limited Sazabysがカバーしています!

BLUE ENCOUNT

2014年にメジャーデビューした熊本県発の4人組エモーショナルギターロックバンド。その肩書き通り、観客と一体になる熱いパフォーマンスが人気です。

2016年10月には日本武道館でのライブを成功させており、注目度は高まるばかり!今年1月には、シングルチャートで5位を獲得した「はじまり」を収録した2枚目のアルバム『THE END』をリリースし、チャート7位にランクインしています。

coldrain

重厚なサウンドと極上のメロディーが魅力の名古屋発5人組ロックバンド。楽曲センスや演奏力、ライブパフォーマンス力は群を抜いて高く、海外でも高く評価されています。

2016年に開催されたアメリカ最大級のライブツアーイベント『Vans Warped Tour』では、初出演にもかかわらずMonster Energyステージに立ちました。その異例な抜擢からも、注目度の高さが伺えます!

EVERLONG

名古屋発の新世代バンドとして期待されている3ピースのメロディックパンクバンド。

2014年1月に1stフルアルバム『プラントワーム』をリリースし、クセになってしまうメロディーラインと独特な歌詞の世界観に多くの音楽ファンが注目!25歳という若さゆえ、まだまだこれからが楽しみなバンドです!

My Hair is Bad

中学や高校での同級生と結成された、新潟県上越市発の若手3ピースロックバンド。1stフルアルバム『narimi』は、”素直すぎる”とまで評されるストレートなサウンドが魅力となっています。

そして、何とも言えないような感情さえも表現してしまう歌詞も、もう一つの魅力!これからがどうなっていくのか、大きく期待されているバンドです。

SUPER BEAVER

2005年に東京で結成された4人組ロックバンド。アニメ『NARUTO-疾風伝-』のタイアップを獲得したシングル「深呼吸」で、2009年にメジャーデビューしました。

翌年、映画『ソラニン』の劇中バンドに「ささやかな」を提供したことで、多くの音楽ファンが一気に注目!昨年は結成10周年を記念して行ったZepp DiverCityでのライブを成功させました!

SHANK

長崎発の3人組メロディックパンクバンド。2014年には『FUJI ROCK FESTIVAL ’14』『COUNTDOWN JAPAN 14/15』など、日本を代表する大型フェスに出演を果たしています。

翌年には自主企画イベント『BLAZE UP NAGASAKI 2015』を開催。長崎・長崎市神の島公園特設ステージで、会場を大いに盛り上げました。現在は4thアルバム『Honesty』のリリースツアーを開催中です!

The BONEZ

RIZEのフロントマンとして活躍中のJESSEを中心に結成された4人組バンド。ハードコア、オルタナなどのゴリゴリなロック要素はもちろん、エレクトロ、フォーキー、ブラックコンテンポラリーなども含めた多彩なジャンルを取り込んだ音楽性が魅力です。

メンバー全員がすでにメジャーバンドで活躍しているため、鍛え上げられたパフォーマンス力はピカイチ!

四星球

2001年に結成後メンバーチェンジを経て、2009年に現在の4人組となったコミックバンド。ブリーフ姿に法被を羽織ってパフォーマンスするという、かなり斬新なビジュアルが注目されました。

随所にネタを突っ込んで笑いをとるのはもちろんのこと、多くの共感を生む切ない恋心の楽曲で涙を誘うこともあり、”泣けるコミックバンド”として人気が高まっています!

忘れらんねえよ

2011年8月24日にリリースされた1stシングル「Cから始まるABC」がアニメ『逆境無頼カイジ 破戒録篇』EDテーマに起用され、徐々に注目を集めてきました。

あまりにも愚直でありながらも、決して憎めない真面目さを感じる歌詞は、まさに「忘れらんねえよ!」と言いたくなります。今年は日比谷野外音楽堂でのワンマンライブも決定しています!

【『YON FES 2017』は出演者も豪華!アーティストラインナップ②4月2日(日)】

04 Limited Sazabys

主催バンドとして、初日に続き2日目にも登場!2017年2月11日には日本武道館でのライブを成功させており、彼らの勢いは止まりません!2度目の大型フェスを成功に導く熱いパフォーマンスを見せてくれることでしょう。

cinema staff

2003年に岐阜県で前身バンドが結成され、現在の4人組になったのは2006年。岐阜や愛知での活動も徐々に範囲を広げ、2010年には渋谷O-nest、名古屋Rock’n’Rollの2カ所でワンマンライブを成功させました。

メジャーデビューしたのは2012年。ポップなメロディーとストレートなサウンド作りが人気のバンドです!

Crossfaith

2006年に大阪で結成された5人組。海外ライブも精力的に行っているメタルコアバンドです。

ラウド系の大型フェスに多く出演しており、2013年にオーストラリアで開催された『SOUNDWAVE FESTIVAL 2013』ではアジア圏のバンドとして初めて出演する快挙を成し遂げました!自身でも、多くのバンドを招いてイベントを開催しています。

go!go!vanillas

2013年1月よりインディーズでの作品リリースを開始した4人組の新世代ロックバンドです。アルバム『SHAKE』で注目を集め、2014年には『Magic Number』をリリースしてメジャーへ進出!

収録曲「マジック」はFMラジオなど各方面でパワープッシュされました。2016年にはTHE BAWDIESとのスプリットシングルなどもリリースされ、注目度はますます高まっています!

NAMBA69

日本のメロディックパンクの重鎮、難波章浩が2010年に結成した3ピースバンド。2014年にシングル「MELODIC PUNKS NOT DEAD!!!」を発表して以降、再びパンク界隈に旋風を巻き起こしています!

2016年3月からは『PUNK ROCK THROUGH THE NIGHT in TOKYO』を定期的に行い、ファンを楽しませています。ライブでは、ベテランの貫禄が見られますよ!

sumika

2013年5月に結成された神奈川県川崎市出身の4人組バンド。アコースティック編成ではsumika[camp session]名義で活動しています。

映像作家、彫刻家、絵描きなど、音楽だけにこだわらない、さまざまなジャンルのゲストを呼んで行われるライブが人気。アーティスト同士の相乗効果で、彼らの持つ魅力がさらに引き出されています!

tricot

今回のイベントで唯一のガールズ3ピースバンド。2010年に結成され、自主レーベル「BAKURETSU RECORDS」を立ち上げ活動を続けています。

次が読めないワクワクするような楽曲と、表情豊かなヴォーカルが彼女たちの魅力。それをしっかりと出し切る高い演奏力と圧倒的なパフォーマンスは国内外問わず注目されており、ガールズバンド史上の重要な位置にいることは間違いありません!

WANIMA

熊本県出身の3ピースロックバンド。2015年のツアーでは、追加公演に新木場Studio Coastでの公演が決まるという異例の展開もみられました。昨年は04 Limited Sazabysとの2マンライブのほか、大型フェスへの出演なども大忙し。

2017年3月にはさいたまスーパーアリーナでのワンマンライブも控えています。楽曲やパフォーマンスはもちろん、人懐っこいキャラクターにも注目です!

キュウソネコカミ

2009年12月に結成された5人組ロックバンド。関西のライブハウスを中心に活動しており、2014年のメジャーデビュー後もライブハウスへの出演は続いています。

2015年にリリースされた3rdアルバム『人生はまだまだ続く』はオリコンチャート4位を獲得。「ヴォーカルのやりたいことを形にする」ことをメインに活動しています!

東京スカパラダイスオーケストラ

「スカパラ」の通称で広く知られているインストバンド。1980年代後半から圧倒的なパフォーマンスで注目され、1990年にメジャーデビュー。

バンドのルーツとなっているスカをベースにしながらも、さまざまなジャンルを取り入れた多様な音楽性が魅力です。ヴォーカリストをゲストに迎えることもしばしば。国内外で活躍中で、2017年は全国を回るホールツアーを予定しています。

フレデリック

神戸出身の3ピースロックバンド。中毒性があるといわれるその楽曲は、独特な世界観と幅広い音楽性から生み出されており、デビュー前からライブハウスなどで注目されていました。

2014年にはミニアルバム『oddloop』をリリースしてメジャーへ進出。以降も踊れるサウンドは健在で、昨年リリースされたフルアルバム『フレデリズム』はチャートで7位を記録する人気となっています。

YON FESのオススメ記事はこちら

【『YON FES 2017』に参加して、豪華出演者のパフォーマンスで盛り上がろう!】


 
(出典:pixabayより)
 
大盛り上がり間違い無しの『YON FES 2017』のアーティストラインナップをご紹介しました!夏フェスというには一足早い、春先の開催。夏フェスが待ちきれないという音楽ファンにはたまらない、ステージと観客が一体となって楽しめるアーティストばかりで今からワクワクしますよね。ぜひ会場に足を運んで、豪華出演者のパフォーマンスで盛り上がりましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。