WORLD ORDERのメンバーの魅力とは?唯一無二の世界観を表現するダンスパフォーマンスユニットに注目!

元格闘家で拓殖大学レスリング部監督、タレント・俳優・作家というマルチな顔を持つ須藤元気が結成したダンスパフォーマンスユニットが話題の『WORLD ORDER』です。みなさんご存知ですか?

ビジュアルを見れば、「あ、見たことあるかも」と思い出す人も少なくないと思います。スーツ姿にキチっと固めた髪の毛、メガネをかけて、これぞ日本(ニッポン)のサラリーマンとといった出で立ちでダンスはロボットのような動きをするということもあり、海外で高く評価されたりしています。「洋服の青山」のCMで目にした方も多いかと思います。

こんな日本人いまどきいないよね~みたいなものが、海外では好評だったりするんですよね。面白いです。

そんな異色のダンスパフォーマンスユニットの魅力に迫るべく、メンバーをご紹介したいと思います。

プロデューサー、ディレクター、ヴォーカル担当は『須藤元気』

格闘家として大活躍していた現役時代から、その存在はちょっと変わっているというイメージでした。引退後は、その文章力に驚いたのを覚えていますが、まさか、こんな形で世の中をびっくりさせる隠し玉を持っていたとは、恐るべし『須藤元気』!と言ったところです。

元格闘家なので、運動神経はいい方だと思ってはいましたが、まさか、ダンスユニットを組むとは。しかも普通のダンスユニットではありません。人と一緒を好まない、須藤ならではのこだわり?のようなものが垣間見れます。

ご紹介する動画は、『須藤元気』率いるダンスユニットが秋葉原に出現し、アキバの名所で踊りまくったり、メイド喫茶に行ってみたり、AKBとのコラボあったりと盛りだくさんです。劇場で目を疑うような「ヲタ芸」も披露しますので、瞬きせずに見てください。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。