WORLD HAPPINESS 2017開催決定!昨年行われた「WORLD HAPPINESS 2016」出演者や感想を見てみよう!

テクノバンド「YMO」出身のアーティスト高橋幸宏さんが主宰する野外音楽フェス「WORLD HAPPINESS」。2008年の開催から毎年行われる恒例行事として、親しまれているイベントです。記念すべき10回目の開催となる「WORLD HAPPINESS 2017」の開催決定が発表されました!今年の出演者発表も今から楽しみですね。この発表を受け、昨年行われた「WORLD HAPPINESS 2016」の模様を振り返ってお届けします。「WORLD HAPPINESS 2016」の出演者に関するレポや感想を見ながら、今年の「WORLD HAPPINESS 2017」に思いを馳せましょう。

【WORLD HAPPINESS 2017が8月に開催決定!過去の出演者やレポをチェック。】

テクノバンド「YMO」出身のアーティスト高橋幸宏さんが主宰する野外音楽フェス「WORLD HAPPINESS」。2008年の開催から毎年行われる恒例行事として、親しまれているイベントです。記念すべき10回目の開催となる「WORLD HAPPINESS 2017」の開催決定が発表されました!

今回はこれまでの会場を移しての開催です。今年の出演者発表も今から楽しみですね。この発表を受けて、昨年行われた「WORLD HAPPINESS 2016」の模様を振り返ってお届けします。

「WORLD HAPPINESS 2016」の出演者に関するレポや感想を見ながら、今年の「WORLD HAPPINESS 2017」に思いを馳せましょう。

【「WORLD HAPPINESS 2017」開催決定!「WORLD HAPPINESS 2016」の出演者を振り返る】

高橋幸宏さんがキュレーターを務める音楽イベント「WORLD HAPPINESS」。2008年から夢の島公園陸上競技場を会場に行われてきました。レフト・センターと2つのステージで行われるイベントは、バンドからソロ歌手まで、さまざまな出演者が登場してきました。

今年10回目の開催となる「WORLD HAPPINESS 2017」は、8月6日(日)、葛西臨海公園汐風の広場にて行われる予定。現段階では日程のみの発表となりますが、これから出演者などの情報解禁が待ち遠しいですね!

それでは、昨年に開催された「WORLD HAPPINESS 2016」の模様を振り返ってみましょう。慣れ親しんだ夢の島公園陸上競技場で行われた最後のイベント「WORLD HAPPINESS 2016」の出演者14組から4組をピックアップ。参加された方のレポや感想と共にお伝えしていきます。

【「WORLD HAPPINESS 2016」出演者紹介:矢野顕子さん】

最初に紹介する「WORLD HAPPINESS 2016」の主演者は、ピアノの弾き語りでも有名な「矢野顕子」さん。流れるようなメロディと声で癒しを与えてくれるシンガーソングライターです。会場では夏フェスらしい「CHILDREN IN THE SUMMER」「春咲小紅(矢野山脈ver)」など7曲を披露。

さらにDJのSeihoさんとのコラボレーションによるYMOのカバー曲「Tong Poo」を披露し、会場のYMOファンを沸かせました。

矢野顕子さん本人から「好きなことしていいよー」と言われたSeihoさん。生け花のパフォーマンスを行いました。

まるで「親子みたいなコンビだった。」というSeihoさんとのコラボ。優しい声とテクノサウンドのコラボレーションは新たな試みでした。

MCでも笑わせてくれる矢野顕子さん。演奏とのギャップに思わずツッコミを入れてしまうファンも。

【「WORLD HAPPINESS 2016」出演者紹介:東京スカパラダイスオーケストラ】

次に紹介する「WORLD HAPPINESS 2016」出演者は、2008年&2010年と3度目の出演になった「東京スカパラダイスオーケストラ」。バンドメンバー自身がボーカルを務めるほか、さまざまなアーティストがゲストボーカルを務めるなど、新たなスタイルのスカバンドです。

会場では、CMタイアップ曲としても有名な「Paradise Has No Border」をトップとラストに2回演奏。全6曲を披露しました。

「最高にカッコよかった」「盛り上がる」といった感想。渋い男性達の演奏に魅了されます!

「フェスの代名詞」とも呼ばれるほど、多くの音楽イベントに参加している東京スカパラダイスオーケストラ。会場が盛り上がる楽しい時間に、思わず「笑いながら泣いてた」とレポートしています。

ブラジル公演の帰りだったという東京スカパラダイスオーケストラ。盛り上げ方が上手なのは、流石フェス経験者!

【「WORLD HAPPINESS 2016」出演者紹介:水曜日のカンパネラ】

3人目の「WORLD HAPPINESS 2016」出演者は、個性的な歌詞とクセになるサウンドで人気急上昇中の音楽ユニット「水曜日のカンパネラ」。

ボーカルを務めるコムアイさんの衣装やメイクなどに憧れる女性ファンも多いですよね。会場ではヒット曲「桃太郎」など全6曲を披露し、個性全開のステージを展開しました。

ステージではなく、ユニコーンみこしに乗って客席から登場したコムアイさん。暴れ放題なステージでしたが、「サウンドめちゃかっこいい。」とレポートしています。

会場で初めて水曜日のカンパネラを見て「恋しちゃいました」というレポート。ボーカルのコムアイさんが見せるステージでの天真爛漫な姿は、衝撃的。

新しいアーティストを知れるきっかけにもなるのが音楽フェスの魅力。「一番良かったのが初めて見た水曜日のカンパネラ」という感想もありました。

【「WORLD HAPPINESS 2016」出演者紹介:METAFIVE】

最後に紹介する「WORLD HAPPINESS 2016」出演者は、2014年から3回目のトリを務めるバンド「METAFIVE」。

2014年に行われた音楽イベントで一夜限り限定で結成されたきっかけで現在も活動を続けている、キュレーターの高橋幸宏さんが所属するバンドです。

会場では、配信限定シングルの「Split Spirit」、11月に発売されたアルバム収録の「Chemical」など全9曲を披露しました。

主に音楽フェスの参加での活動をしているMETAFIVEですので、「もっと聞きたかった」といったファンの感想も。

YMOのテクノサウンドを引き継いだバンドサウンドを披露したMETAFIVE。「こんなかっこいいバンドが、いま日本に居るなんて!」といったレポートでした。

アンコールでドラムにバンド「Japan」のドラム担当スティーブ・ジャンセンが登場し、披露されたYMOの名曲「君に、胸キュン。」。「ワールドハピネス強すぎないか」との感想の通り、豪華な共演も話題になりました。

YMO時代から、20年以上の時を経て実現した共演。

「すごいもの観たな。」と興奮のレポート内容です!

昨年行われた「WORLD HAPPINESS 2016」では、さまざまな出演者のステージを見た興奮の様子が、感想より伝わってきます!今年は場所を移して初めて行われる「WORLD HAPPINESS 2017」、どのようなラインナップになるか期待ですね。

【興奮の音楽フェス「WORLD HAPPINESS 2017」で最高の夏にしよう!】


(出典:pixabayより)

YMO出身の高橋幸宏さんがキュレーターの音楽フェス「WORLD HAPPINESS」、2017年の開催も今から楽しみですね。「WORLD HAPPINESS 2016」の模様を振り返って、出演者と共に参加した方の感想やレポをお伝えしました。

「WORLD HAPPINESS 2016」では大興奮の模様が伝わる感想ばかりでしたので、今年の「WORLD HAPPINESS 2017」にも期待が集まりそうです。今年はどんな出演者と共に「WORLD HAPPINESS 2017」を展開してくれるのでしょうか!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。