ウォーターランフェスティバルの楽しみ方を紹介!

今年の夏も、ウォーターランフェスティバル2016が開催されます!「ウォーター=水」で、「ラン=走る」という名前のこのイベント。どんな楽しさがあるのでしょうか?2015年に日本で初開催されたこのイベントの感想を紹介しながら、ウォーターランフェスティバルの魅力に迫ります。

今年の夏も、ウォーターランフェスティバル2016が開催されます!開催場所は東京、名古屋、大阪の3カ所。なんと、昨年開催された東京公演のチケットは、販売開始から27分で売り切れたという人気イベント。公式サイトによると、チケット料金は超先行で5,800円。先行が6,300円で、一般発売で購入すると6,600円になります。参加すると決めた場合は、早めにゲットしておきたいですね。

「ウォーター=水」で、「ラン=走る」という名前のこのイベント。どんな楽しさがあるのでしょうか?2015年に日本で初開催されたこのイベントの感想を紹介しながら、ウォーターランフェスティバルの魅力に迫ります。

ウォーターランフェスティバルの楽しみ方1:濡れながら走る!

昨年開催されたウォーターランフェスティバル2015の感想を、ツイッターの中から紹介します。どの感想を見てもとても楽しそうです!

ウォーターランフェスティバルは、とにかく濡れるイベントです。びしょびしょに濡れたけれど、楽しかった!という感想が多く見受けられますね。

ルーツは、タイのソンクラーンという水かけ祭りと、アメリカのウォーターバルーンバトルというイベント。この2つを掛け合わせたランイベントが、ウォーターランフェスティバルなんです。ひたすら水鉄砲で撃ちあい、濡れながら走るというイベント。なんと、1,000人対1,000人で10万個の水風船を投げあうゾーンもあるのだとか!

ウォーターランフェスティバルに参加するときのルールはひとつ。いくら水をかけられても怒らないこと!大人になると、泥遊びや水遊びをする機会は少なくなるものですが、たまにはこういうイベントでストレス発散するのもいいかもしれませんね。

ウォーターランフェスティバルの楽しみ方2:ゾンビも登場!

このイベントで、ゾンビが出てきて追いかけられた!という感想もありました。

ウォーターランフェスティバルは、参加者同士が水鉄砲で撃ちあうだけでなく、ゾンビが襲ってくるゾーンまであります!これは、プロのメイクアップアーティストによってゾンビに変身した人たちが、参加者を襲ってくる演出。ゾンビから必死で逃げるのも楽しそうですよね。水鉄砲で撃って撃退しましょう!

ウォーターランフェスティバルの楽しみ方3:ラストはDJステージでアゲアゲ!

ツイッターでは、音楽のステージを楽しんだという感想も投稿されています。

このイベントのラストには、DJステージが登場。最新のEDM、懐かしのJ-POPやK-POPなどがかかり、クラブイベントを体験したことがない人でも楽しむことができます。DJ KAORIなど、多彩なゲストの出演が予定されているのも、うれしいポイント。音楽で盛り上がることができて、まさに夏フェス気分!ぜひ友だちや恋人と踊って盛り上がってくださいね。

ウォーターランフェスティバルでストレス発散しよう!

このウォーターランフェスティバルは、日本ではまだはじまったばかり。近年、光るグッズを身につけたり、泡にまみれたりしながら、楽しく走るランイベントが人気です。ウォーターランフェスティバルも、そんな楽しみながら体を動かすイベント。水に濡れながら大騒ぎして、日頃のストレスを発散させてくださいね!ウォーターランフェスティバルのチケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

ウォーターランフェスティバルのオススメ記事はこちら

ウォーターランフェスティバルの会場や参加費、注意事項をチェック!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。