VIVA LA ROCK 2017(ビバ・ラ・ロック)開催迫る!出演者を徹底紹介!

GW(ゴールデンウィーク)といえば、VIVA LA ROCK(ビバ・ラ・ロック)です!出演者も毎年豪華!今回はVIVA LA ROCK(ビバ・ラ・ロック) 2017の概要、日程、会場はもちろん、出演者やイベントに期待を寄せる皆さんの声をまとめました!まだGW(ゴールデンウィーク)の予定が決まってないアナタ!この記事を読んで、一緒にVIVA LA ROCK 2017で盛り上がりましょう!

VIVA LA ROCK 2017、開催決定!

桜も見頃を終え、暖かく過ごしやすい日々となりました。皆様、GWの予定は決まりましたか?

GWといえば、VIVA LA ROCK(ビバ・ラ・ロック)です!

今年もやります、VIVA LA ROCK 2017!

今回はVIVA LA ROCK 2017の概要、日程、会場はもちろん、出演アーティストやイベントに期待を寄せる皆さんの声をまとめました!

まだGWの予定が決まってないアナタ!この記事を読んで、一緒にVIVA LA ROCK 2017で盛り上がりましょう!

VIVA LA ROCKに関する他の記事はこちら

VIVA LA ROCK とは?その概要をご紹介。

埼玉県初の室内大型ロック・フェスティバルで、「音楽の、音楽による、音楽のため」をテーマに都心部はもちろん、地方からも沢山の方が足を運んでいます。

2014年から開催され、GWの3日間に埼玉県のさいたまスーパーアリーナにて開催されています。

また、会場に隣接した屋外フリーエリア「VIVA LA GARDEN」には「GARDEN STAGE」が設置されていて、そちらでもライブが開催されています。

他にもさまざまな音楽を展示する音楽同人マーケット「オトミセ」や、フェス終了後より会場で朝まで過ごすことができる「ALL NIGHT VIVA!」が開催されています。

会場とライブステージ

会場は埼玉県にある、さいたまスーパーアリーナです。最寄駅は「さいたま新都心駅」です。

会場内には「Star Stage」「VIVA!STAGE」「CAVE STAGE」の3つのステージがあります。

Star Stage

VIVA LA ROCKのメインステージです!
アリーナとスタンドの2種類のエリアに分かれており、アリーナエリアの左右には前方でも落ち着いてライヴを鑑賞できる「うっとりエリア」も用意しています。スタンドエリアには200Lvから入りライヴで盛り上がる「ワッショイ!エリア」と、400Lvから入り休みながらライヴを楽しむ「リラックスエリア」をご用意しています。

VIVA!STAGE

VIVA LA ROCKの2ndステージです!
こちらはオールスタンディングエリアとなっており、天窓からの外光で「野外のような屋内ステージ」という独特な雰囲気を味わうことができます!

CAVE STAGE

VIVA LA ROCKの3rdステージです!
こちらもオールスタンディングエリアとなっており、ライヴハウスのような熱気と雰囲気でライヴを楽しむことができます。パブリックビューイング用のスクリーンもステージ入り口に用意されています。

GARDEN STAGE

こちらは屋外フリーエリア「VIVA LA GARDEN」にあるステージです。
無料といって侮ってはいけません!有名DJや人気アーティストがアツいステージを披露しています!ゆるキャラステージなどもあり、ピースフルなステージとなっています。

日程と料金

日程

今年のVIVA LA ROCK 2017の日程は以下の通りです。

開催日:2017年5月3日(水・祝)~5月5日(金・祝)
開場:9:00〜
開演:10:30〜
終演:20:30(終演予定)

また、VIVA LA ROCK 2017の翌日(5/6)にはスガシカオさんのイベント「スガフェス2017」の開催が決まっており、そちらも含めた通し券の販売も行なっています。

スガフェス2017についての記事はこちら

料金

1日券と、おトクな通し券の2種類がございます。

また、ALL NIGHT VIVA!に参加される方は別途購入が必要です。

1日券

5/3(水・祝) 10,000円
5/4(木・祝) 10,000円
5/5(金・祝) 10,000円

通し券

5/3〜5/4(前2日券) 18,000円
5/4〜5/5(後2日券) 18,000円
5/3〜5/5(3日通し券) 24,000円
5/3〜5/6(スガフェス含み4日間通し券) 30,000円

ALL NIGHT VIVA!

5/3 3,000円
5/4 3,000円
5/5 3,000円

気になる出演者一覧

初日・5月3日(水・祝)

  • アルカラ
  • THE ORAL CIGARETTES
  • ONIGAWARA
  • KANA-BOON
  • KEYTALK
  • クリープハイプ
  • Getting Better(片平実/神啓文/斎藤雄)
  • go!go!vanillas
  • SHISHAMO
  • SiM
  • SUPER BEAVER
  • パノラマパナマタウン
  • 04 Limited Sazabys
  • BRADIO
  • BLUE ENCOUNT
  • フレデリック
  • Base Ball Bear
  • PELICAN FANCLUB
  • ポルカドットスティングレイ
  • 眩暈SIREN
  • yonige
  • 夜の本気ダンス
  • LAMP IN TERREN
  • LEGO BIG MORL
  • Lenny code fiction

2日目・5月4日(木・祝)

  • 雨のパレード
  • キュウソネコカミ
  • Creepy Nuts(R-指定&DJ 松永)
  • Gotch & The Good New Times
  • サカナクション
  • Suchmos
  • シンリズム
  • 水曜日のカンパネラ
  • SKY-HI
  • 菅原卓郎(9mm Parabellum Bullet)
  • ストレイテナー
  • SPECIAL OTHERS
  • cero
  • DADARAY
  • D.A.N.
  • DJ ピエール中野(凛として時雨)
  • DJ やついいちろう(エレキコミック)
  • DENIMS
  • 東京スカパラダイスオーケストラ
  • VIVA LA J-ROCK ANTHEMS
  • フレンズ
  • THE BAWDIES
  • ぼくのりりっくのぼうよみ
  • mol-74
  • yahyel
  • UNISON SQUARE GARDEN
  • lovefilm

3日目・5月5日(金・祝)

  • Ivy to Fraudulent Game
  • ACIDMAN
  • 175R
  • UVERworld
  • 打首獄門同好会
  • Age Factory
  • ENTH
  • 尾崎裕哉
  • Ken Yokoyama
  • G-FREAK FACTORY
  • DJ ダイノジ
  • 10-FEET
  • Dragon Ash
  • NUBO
  • 爆弾ジョニー
  • the band apart
  • BIGMAMA
  • FRONTIER BACKYARD
  • HEY-SMITH
  • Bentham
  • My Hair is Bad
  • MONOEYES
  • MOROHA
  • ヤバイTシャツ屋さ
  • ROTTENGRAFFTY
  • LONGMAN

参加する皆さんの声

都市近郊ということもあり、初参加の方も多いみたいですね。

豪華な出演アーティストばかりが出演するこのイベントに、皆さん期待を高めているようです!

VIVA LA ROCK 2017の総まとめ


(出典ACより)

いかがだったでしょうか?

VIVA LA ROCK 2017はチケットがなくてもフリーエリアにて行われている「VIVA LA GARDEN」で各ブースを回ったり、「GARDEN STAGE」でライブを楽しむことも出来ます。

しかし、VIVA LA ROCK 2017を100%楽しむためにはチケットを手に入れて、屋内ステージで盛り上がらないといけないですよね!

豪華出演者を観れるチケットを手に入れて、今年1番のアツいGWを一緒に過ごしましょう!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。