VIVA LA ROCK 2015 さいたまスーパーアリーナのステージ、座席表を徹底解剖!

2014年から始まった埼玉初の室内大型ロックフェス、VIVA LA ROCKの開催が2015年も決定です!

ゴールデンウィークの5/3、4、5の3日間にさいたまスーパーアリーナが今年も熱くなりますよ。多くの人気アーティストが大集合するフェスとなれば気になるのは座席表ですよね。

初めて参戦!という人も多いはずのこちらのフェス。当日自分の席にたどり着くまでにヘトヘトにならないように、気になる座席表はこちらで事前にチェックしてみてくださいね。

VIVA LA ROCK 2015@さいたまスーパーアリーナは4つのステージでライブが見れる!

まだ始まったばかりのフェスですが出演者が豪華!と昨年話題になりましたよね。これから春の定番のフェスになっていくかもしれないので、今から慣れておくといいでしょう!

場所も毎年ここ、さいたまスーパーアリーナになる模様。なので、1度覚えてしまえば、次からは、道や座席、トイレの場所まで、訊かれる立場になるかもしれませんね。

さいたまスーパーアリーナ内に3ステージを設けるほか、野外にもステージを設置となり計4つのステージが楽しめるわけです。サマソニやフジロックとおなじようなイメージで行くといいと思いますよ。

VIVA LA ROCK、さいたまスーパーアリーナの座席表の見方は?

とにかく大きい会場は細かく丁寧にチケットに座席番号を表記する必要があるので、わかりづらい!ってイメージがついてしまっていますが、慣れてしまえば簡単なんです。ポイントを押さえてしまいましょう!

まずよく出てくる数字からクリアにしてしまいましょう!チケットに200、300、400レベル等書かれているものはステージを見下ろすように比較的高い位置に固定された席、スタンド席を表しています。

アリーナと書かれているのは、その名の通りアリーナ席を指していて、広い床に椅子を並べ座席として使用する部分になります。これはみなさんもうお分かりですよね。球場で言えば、観客席とプレーする席、サッカーでも同じです。その区分けは迷うことはなさそうですね。200、300、400は2、3、4階と覚えておけばOKです。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。