「VIVA LA ROCK 2015」注目出演者動画PICK UP5

日本のロック雑誌の代表「ROCKIN’ON JAPAN」の編集長をつとめ、現在は同じくロック系音楽雑誌の「MUSICA(ムジカ)」をプロデュースしている鹿野淳(しかの あつし)。

そんな彼がプロデュースするさいたま史上最大級のロックフェスが「VIVA LA ROCK」です。

今年の「VIVA LA ROCK 2015」も、さいたまスーパーアリーナを会場として、ゴールデンウィークの5/3〜5の3日間にわたって開催されます。

VIVA LA ROCK 2015注目出演者その1 10-FEET

  • 「その向こうへ~RIVER」

京都府出身の3人組メロコア系ロックバンドとして日本ロックシーンを牽引し続ける、ライブに強い10-FEET(テンフィート)

ギター&ヴォーカルのTAKUMAの、メタリカのジェームズ・ヘットフィールドのようにギブソン・エクスプローラーを使用しながら英語・日本語混じりで叙情感たっぷりに叫び、歌うところが人気。

VIVA LA ROCK 2015注目出演者その2 TOTALFAT

  • 「PARTY PARTY」

この曲のようにミクスチャーなパーティーチューンもラクラクこなすTOTALFAT(トータルファット)は4人組のメロコアに分類されるバンド

ギター&ヴォーカルのJose(ホセ)の左利きギターが抜群にかっこいいです。

VIVA LA ROCK 2015注目出演者その3 UNISON SQUARE GARDEN

  • 「場違いハミングバード」

精力的なライブ活動に定評のある日本のスリーピースロックバンドUNISON SQUARE GARDEN(ユニゾン・スクエア・ガーデン)。

東京・中野で結成し、まさに大暴れという形容が正しいステージングで人気が高い。大ヒットしたアニメ「TIGER&BUNNY」のオープニングテーマに起用され、女性ファンが増大しました。

VIVA LA ROCK 2015注目出演者その4 くるり

  • 「everybody feels the same」

中心にいるヴォーカル&ギターで、すべての楽曲をプロデュースする岸田繁は変わらないものの、つねにメンバーを変動させ続けている日本のロックを代表するバンドのくるり。

現在はベースの佐藤征史とトランペット/キーボードのファンファンとの3人組となっています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。