祝カープ優勝!ポルノグラフィティや奥田民生らが応援団長として参加する「VIVA!真赤激!」の魅力に迫る!

広島東洋カープが25年ぶりにリーグ優勝しましたね。そこで大のカープファンのアーティストがリーグ優勝を祝うライブイベント「VIVA!真赤激!」が11月16・17日に広島文化学園HBGホールで開催されることになりました!本日は詳細をご紹介します。

広島東洋カープが25年ぶりにリーグ優勝したのは大きな話題になりましたね!その優勝を記念して、大のカープファンのアーティストがリーグ優勝を祝うライブイベント「VIVA!真赤激!」が11月16・17日に広島文化学園HBGホールで開催されることになりました!

広島東洋カープといえば特定の親会社を持たない市民球団として広島市民から愛されていますが、アーティストもその例外ではないようですね。

そんなカープファンのカープファンによるカープファンのためのイベントともいえる「VIVA!真赤激!」について紹介します!

「VIVA!真赤激!」に出演する大のカープファンのアーティストとは?

広島東洋カープの優勝の喜びを分かち合うため、「VIVA!真赤激!」に集まるのは、奥田民生、サンフジンズ、堂珍嘉邦、ポルノグラフィティ。

16日の公演には応援団長としてポルノグラフィティが出演しサンフジンズが応援団として参加。17日の公演では奥田民生が応援団長として弾き語りのパフォーマンスを行い、堂珍嘉邦とポルノグラフィティが応援団として参加します!

VIVA!真赤激!応援団長のポルノグラフィティと奥田民生はどれほどのカープファン?

カープの優勝記念イベントである「VIVA!真赤激!」応援団長というからには、ポルノグラフィティと奥田民生は相当なカープファンといえるでしょう!

まずポルノグラフィティの2人は、広島県因島市(現・尾道市)出身で、幼い頃から野球にも親しんできてきました。もちろんカープのファンで、メンバーがカープ坊やに大変身した「ポルノグラフィティ坊や」のラバーキーホルダーや、ポルノグラフィティのロゴとカープのCマーク組み合わせたキャップなど、広島東洋カープとのコラボグッズが実現しています。

一方で奥田民生は広島県広島市の出身で、所属していたバンド「ユニコーン」が1987年にデビューで状況するまではずっと広島で活動していました。

そのため地元のスポーツチームである広島東洋カープとサンフレッチェ広島の大ファンとなり、タワーレコードのポスターに当時のカープ監督である達川光男と共演したり、カープ坊やの顔を奥田民生のイラストに変えた「民生坊や」がカープ公式グッズとして販売するなど、カープとの様々なコラボが実現しています。

もちろんカープのホームでもある広島市民球場・マツダスタジアムでのライブも行っています。

VIVA!真赤激!の会場である「広島文化学園HBGホール」

「VIVA!真赤激!」の会場に選ばれた広島文化学園HBGホールは、音楽ライブはもちろん、クラシックやバレエ、ミュージカル等幅広いニーズに対応できるホールです。

音響効果にも工夫がされていて、音楽とステージの両面でパフォーマンスが楽しめます。座席数も1階1,144席2階857席の合計2,100席と、みんなでカープの優勝を祝うのにちょうど良い数といえますね。

レストランや宿泊施設も併設されていて、遠方からの参加でも安心です。会場までのアクセスは、広島バス「加古町」下車すぐ、または広島電鉄「市役所前」下車徒歩12分となっています。

広島駅からも20〜30分ほどで到着できるアクセスの良さなので、ポルノグラフィティや奥田民生らと一緒にお祝いに行きましょう!

カープファン以外でも参加する価値あり!

「VIVA!真赤激!」はカープファンのカープファンによるカープファンのためのイベントといいましたが、もちろん純粋に音楽を楽しみたいという動機で参加するのもアリです!特にポルノグラフィティ奥田民生ファンの人なら、いつもの彼らとは少し違った一面が見られるのではないでしょうか?

25年ぶりのカープ優勝をお祝いする「VIVA!真赤激!」はカープファンも音楽ファンも必見のイベントです!チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。