UVERworld チケット
魅惑のロックバンド!UVERworldの人気おすすめPV動画ランキングTOP10

若者を中心に人気のUVERworld。youtubeを中心に彼らのカッコイイ姿を見られるおすすめのライブ動画やPV動画が数多くあります。本記事では、そんな動画をUVERworldの人気おすすめPV動画ランキングと題してランキング形式でご紹介します。

【UVERworldの人気動画をご紹介♪】

UVERworld(ウーバーワールド)は滋賀県草津市で結成され、2005年にメジャーデビューを果たしたロックバンドです。オルタナティブロック、ミクスチャーロックを基調としたオリジナリティに溢れるサウンドが魅力で若者を中心に多くのファンに愛されています。

2014年3月にマニュピュレーター、サックスを担当するサポートメンバーだったSEIKAがメンバーと正式に加入したことでもニュースになりました。SEIKAは草津にいた頃からUVERworldを支え続けてきた人物でもあります。

さまざまなヒット曲をリリースして来た彼らですが、今回は特に注目すべきミュージックビデオやライブ動画、PVをピックアップしてランキング形式でご紹介します。

【UVERworldの人気おすすめPV動画ランキング第10位「WE ARE GO」】

第10位は2016年7月にリリースされたUVERworldの29枚目のシングル「WE ARE GO」。人気ゲーム「パズル&ドラゴンズ」のアニメ「パズドラクロス」の主題歌として使われたヒット曲です。

曲は強いメッセージ性のある激しいロック。「クソッタレ共」なんて少々過激な言葉も入る歌詞はタイトルのように誰かではなく「自分たちが」世界に強く主張したい、世界を変えたいという熱く強いメッセージが含まれています。PVがとにかくカッコよく、全編が薄暗い地下道のような場所でTAKUYA∞らUVERworldのメンバーがデモ行進のように大勢を引き連れて歩く構成になっています。

薄暗い中でほぼモノクロの映像でそのカッコよさがとにかく引き立っていて、迫力がある映像です。映像を見ているだけで自分もまたその熱狂に加わっているかのようにテンションが上がる事間違い無しの名曲です。

【UVERworldの人気おすすめPV動画ランキング第9位「激動」】

第9位は2008年6月にリリースされたUVERworldの10枚目のシングル「激動/Just break the limit!」に収録されている「激動」。テレビ東京系で放映されていた人気アニメ「D.Gray-man」のオープニングテーマ曲として使われた人気曲です。

栃木県の地下採掘現場で収録が行われたPV映像は薄暗く神秘的でメンバーのカッコよさが数倍増し。歌詞も強烈にエネルギッシュで、思い出に溺れて強い希望や情熱を失うな、傍観者なんかでいるな、何度も挫折してでも進んでいけという強いメッセージが含まれていて聞けば心の中に熱い「激動」が湧き上がってくる曲です。

若者だけでなく、夢や情熱、希望を失いかけているそれ以上の世代の心にも強く響く名曲です。

【UVERworld の人気おすすめPV動画ランキング第8位「CORE PRIDE」】

第8位は2011年5月にリリースされたUVERworldの19枚目のシングル「CORE PRIDE」。TBS系などで放映された人気アニメ「青の祓魔師」のオープニングテーマ曲として使われた人気曲です。

「死にものぐるいで 未来を変えてやる」のキャッチコピーにふさわしいとにかく「熱い」曲。胸にあるプライドや情熱を押さえつけるな、格好悪くても不可能でも死にものぐるいで未来を変えろという熱いプライドが無ければ人は生きていけないという力強いメッセージは誰しもが忘れかけている熱い「プライド(誇り)」を思い出させてくれる名曲です。

UVERworldの数々のヒット曲の中でも聞けば元気が湧いてくるというファンの声も多い曲です。

【UVERworldの人気おすすめPV動画ランキング第7位「Colors of the Heart」】

第7位は2006年5月にリリースされたUVERworld4枚目のシングル「Colors of the Heart」。TBS系で放映された人気アニメ「BLOOD+」のオープニングテーマ曲として使われた人気曲です。

PVでは金網があり時折光が指す薄暗い地下を舞台にメンバーが歌っており、暗さを孤独、光を希望で暗に表現しているようです。PVの最後に光が指すシーンは孤独や絶望の中でも最後には希望があるというようなストーリー性、メッセージ性があり高く評価するファンも数多くいます。

孤独と絶望の中でも光を見つけ生きていくという希望や強さを歌った歌詞は、落ち込んでいるときに強い元気をくれる名曲でもあります。

【UVERworld の人気おすすめPV動画ランキング第6位「THE OVER」】

第6位は2012年8月にリリースされたUVERworld22枚目のシングル曲「THE OVER」。TBS系のドラマ「黒の女教師」の主題歌としても使われた曲です。

この曲はUVERworldのメンバーが「とにかく歌と歌詞を届けたい」と語っている曲です。歌詞では自分に自信がなく「君」から離れて一人になろうとしていた「僕」が、それでも君のことを離したくない、君と一緒ならどんな困難も乗り越えていけるとシャウトに近い心の叫びのように歌っています。

人生がうまく行ってない時、困難にあるときに聞けば曲名のようにどんなことも「OVER」(乗り越える)できる元気をくれる名曲です。

【UVERworld の人気おすすめPV動画ランキング第5位「君の好きなうた」】

第5位は2006年11月にリリースされたUVERworld6枚目のシングル曲「君の好きなうた」です。TBS系の「恋するハニカミ!」の主題歌としても使われた曲です。

片思いの苦しさや相手への愛を切なく歌ったバラード曲です。好きだけど伝えられないという気持ち、君の好きな歌を口ずさんだり君のどんな癖も愛おしく思ったりする気持ち、そんな片思いの感情を歌った歌詞は多くの片思いに悩む若いファンに共感を呼び、今も根強いファンが多い曲です。

UVERworldには激しいロックサウンドだけでなくバラードにも魅力があると広く知らしめたヒット曲となっています。片思いに悩んでいるときに聞いてみたい心に響く名曲です。

【UVERworld の人気おすすめPV動画ランキング第4位「儚くも永久のカナシ」】

第4位は2008年11月にリリースされたUVERworld12枚目のシングル「儚くも永久のカナシ」です。MBS・TBS系などで放映された人気アニメ「機動戦士ガンダム00」の主題歌として使われました。初動売上10万枚を越えるなどUVERworldのシングルでは最高売上を誇る最大のヒット曲で、この曲で初のオリコン週間チャート1位を獲得しました。「カナシ」には古文で「愛」の意味があります。

この曲のテーマは「憎しみに変わる愛」。この曲がオープニングに使われた機動戦士ガンダム00のアニメの中には「愛を超越すればそれは憎しみになる」という台詞があり、その通りの歌詞で歌い上げられています。重すぎる愛情は相手の負担になり、やがて憎しみに変わる。けれどもそんな醜い部分も全て受け入れ、相手を信じていけば愛は憎しみではなく本当の愛に変わっていくと歌っています。

互いを強く愛するだけで終わる普通のラブソングではなく、強い愛の先にある憎しみや本当の愛を歌ったリアルなラブソングとも言える1曲です。

【UVERworldの注目人気おすすめPV動画ランキング第3位「D-tecnoLife」】

2005年にリリースされたUVERworldのデビューシングル「D-tecnoLife」が第3位にランクイン。

人気テレビアニメ「BLEACH」のオープニングにも起用され、ファーストシングルながらオリコン6位という新人らしからぬ記録を残しました。アニメの原作者である久保帯人もこの曲を気に入っており、ゲームソフト版の主題歌としても再度起用されています。

ベビーなギタープレイで刻みながらもサビは裏打ちの踊れるリズムで、ライブで盛り上がる曲としてお馴染みです。

【UVERworldの注目人気おすすめPV動画ランキング第2位「ナノ・セカンド」】

UVERworldの25枚目のシングルとして2013年にリリースされた最新曲「ナノ・セカンド」。

ボーカルのTAKUYA∞が友達のボクサーが試合をしている映像を見たことがきっかけで書いた曲です。夢を追いかける人の背中を押す、力強いメッセージソングになっています。

タイトルの「ナノ・セカンド」とは「10億分の1秒の努力の積み重ね」といった意味が込められています。この曲を引っさげ、2013年の年末に2日間の日本武道館でのライブを行いました。

【UVERworldの注目人気おすすめPV動画ランキング第1位「SHAMROCK」】

第1位を飾るUVERworldの定番曲といえば「SHAMROCK」。

テレビドラマ「ダンドリ。~Dance☆Drill~」のエンディングとしても起用され、バンドの知名度を飛躍的に上げるきっかけになりました。ミュージックビデオでもわかるように、ライブで踊れる定番曲になっています。

ドラマのエンディングでもチアリーディング部の主人公達がこの曲に合わせて踊っている映像が流れます。

UVERworldのおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。