UVERworldの気合と覚悟が突き刺さる「7th Trigger」

7th TriggerをAmazonでチェック!

2012年に21枚目のシングルとして発表された「7th Trigger」は、普段から気合が入っているUVERworldの気合がさらに炸裂した強烈な意志の塊のようなナンバー。

冒頭から彰と克哉の轟音ツインギターが鳴り響く間にTAKUYA∞の口笛が響くという独特のアレンジで度肝を抜いたファンにはお馴染みのあの曲です。

腑抜けた人生をおくっている一般人の横っ面をはたくようなこの楽曲、通常リボルバー型の拳銃が6発しか弾を込められないところで、7回目に引くトリガー(引き金)は何かという深い隠喩でノックアウトしてくれます。

7th TriggerをAmazonでチェック!

UVERworld「7th Trigger」は、日常を漫然と送る腑抜けた人間に突き刺さる

人間はともすれば日常に流されて、意志とは関係なく流されてしまうもの
そこを後ろから肩をつかんでグイと振り向かせるようにTAKUYA∞が歌い出します。

Ah白々しいこの街も人も
馴染んでいく自分にも 苛ついていた
川の流れから目をそらした 同じように
流されて来たわけじゃない

怖いですね。中途半端人間としてはドキッとしてしまうフレーズです。

自分で引き金を引く意志を持ちたいと思わせるUVERworld「7th Trigger」

たった一瞬だったとしても  oh…かまわない
アンチDestiny  放てShining 俺らのDream
此処にある全ての夢 理想郷が
oh…叶わない そんな事分かってる
決断の引き金で 生きてるか生かされてるのか
わからないような生き方は 撃ち抜こう

いきなりの撃ち抜けとの指示。確かに生かされているようなぬるい生き方はUVERworldには似合いません。自分の引き金は自分で引く、そんな人生を歩こうという意志のある人こそ、この曲を聴くのにふさわしいのかもしれません。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。