USJのマストバイ!ハリー・ポッターグッズ「忍びの地図」

2001年に大阪に開園して以来、大人から子供まで男女問わず大人気のユニバーサル・スタジオ・ジャパン(USJ)

ユニバーサル・スタジオ・ジャパンはあのスティーブン・スピルバーグが総監督を務め「ジョーズ」や「バック・トゥ・ザ・フューチャー」などアメリカの映画会社ユニバーサル・ピクチャーズの大ヒット映画を中心に、ハリウッド映画の世界をダイナミックに体感できるアトラクションやショーなどで私達を楽しませてくれます。

2014年には大規模なエリアを誇る「ウィザーディング・ワールド・オブ・ハリー・ポッター」がオープンし、あの社会現象にまでなったハリーポッターの世界の住人になったような気分を味わえることから、更に人気に火がつき連日多くの来場者で賑わいを見せています。テレビや雑誌などのメディアで沢山特集が組まれていたので目にした方も多いですよね。

今回はUSJで大人気のハリーポッターグッズ「忍びの地図」に焦点を当てて、ご紹介させて頂きたいと思います。

USJのハリーポッターグッズ「忍びの地図」とは?

ハリーポッターを全部見たという方は多いかとは思いますが、「忍びの地図」って何?どんなのだったか忘れてしまったという方もおられるかと思いますので最初に説明させていただきます。

忍びの地図は使っていない時はただの羊皮紙だけれども、この地図に向かって「我ここに誓う 我よからぬ事をたくらむ者なり」と呪文を唱えるとホグワーツの地図になります。この地図さえあれば、ホグワーツ内のどこに誰がいるかが分かってしまうという、かなり強力で怖いアイテムです。そして「いたずら完了!」と唱えると元に戻ります。

元々この地図を作ったのはハリーの父親であるジェームスを含むシリウス、ルーピン、ペディグリューの仲良し4人組でした。ハリーはこの地図をウィーズリー家の双子フレッドとジョージから譲り受けたのですが、その前にこの地図を没収していたのはフィルチ先生でした。フレッドとジョージはこの地図をフィルチ先生の机から持ってきてしまったみたいです。という事でこちらの忍びの地図はUSJハリーポッターエリア内の「フィルチの没収品店」で販売されています。

USJで大人気のハリーポッターグッズ「忍びの地図」のレプリカが欲しい!

大人気の「忍びの地図」のレプリカを手に入れて、早速ハリーポッターの住人気分に浸ってみましょう!

販売されているレプリカには2種類あって、専用ディスプレイケース付きですと5,000円です。結構高級なお値段になっていますよね。専用ディスプレイケース無しですと3,400円とその分だけ少しお安いお値段で購入できます。部屋に飾りたいならディスプレイ有り、仮装などで手に持って楽しみたいならディスプレイなしと用途によって選んでみてはいかがでしょうか。

サイズは畳んだ状態ですと縦40センチ横20センチと割りとコンパクトなんですが、広げると横のサイズが180センチにもなります!大きいですよね。お部屋に飾っているだけでインパクト大なので、ハリーポッターな世界観が演出できるのではないでしょうか。

写真を見て頂ければお分かりになるかと思いますが、かなり精巧に再現されていますのでファンとしては何としてでも手に入れたくなってしまうと思います。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。