ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)のアニメ主題歌ランキングTOP10!

ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)は現在までに多数のアニメや番組主題歌を担当。これまでに発売したシングル曲のほとんどが番組主題歌となっています。今回はそんなユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)のアニメ主題歌となった楽曲を売上枚数からランキングTOP10の形式で紹介!楽曲によって違ったジャンルと魅力が見られるユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)の楽曲をたくさんチェックしてみてください!

ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)のアニメ主題歌ランキングTOP10!

爽やかなバンドサウンドとキャッチーなメロディーで10代を中心に支持を集めるユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)

3ピースバンドでありながら全く薄さを感じさせないクオリティの高いサウンドと、キャッチーでいて少し風変りな独特のメロディラインが魅力的なバンドです。

今年2017年2月5日に発売された新曲「Silent Libre Mirage」が木内たつやさん原作の漫画を元にしたテレビドラマ『男水!』の主題歌となったことで、さらに知名度・注目度がアップしていますよね。

ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)は現在までに多数のアニメや番組主題歌を担当。これまでに発売したシングル曲のほとんどが番組主題歌となっていて、テレビ業界からも期待されていることがわかります。

今回はそんなユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)のアニメ主題歌となった楽曲を売上枚数からランキングTOP10の形式で紹介!

楽曲によって違ったジャンルと魅力が見られるユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)の楽曲をたくさんチェックしてみてください。

TOP10・シャンデリア・ワルツOAD

『夜桜四重奏 〜ツキニナク〜』EDテーマ

アルバム『CIDER ROAD』に収録
発売日:2013年2月6日
売上ランキング:週間9位

4thアルバム『CIDER ROAD』のラストに収録されている「シャンデリア・ワルツ」。田淵さんは後に「あの曲が「アルバムの中の一曲」で終わっちゃったのは今でも後悔していて。」と語っています。ファンからも人気の高い「わからずやには見えない魔法をかけたよ」というフレーズを書いたときには手が震えたというエピソードもあり、ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)にとっても大きな意味を持つ楽曲であることがわかります。

TOP9・ノンフィクションコンパス

OAD『夜桜四重奏 〜ツキニナク〜』OPテーマ
発売日:2013年11月6日
売上ランキング:週間10位

「ノンフィクションコンパス」はユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)の8thシングル「桜のあと (all quartets lead to the?)」に収録されているカップリング曲です。このシングルのカップリングは「ノンフィクションコンパス」以外にも「セク×カラ×シソンズール」が収録されており、そのキャッチーさから「トリプルA面」と言っても良いほどの豪華なシングルとなっています。

OAD『夜桜四重奏 〜ツキニナク〜』の主題歌となったこの曲は、以前から「世界の真ん中、心の真ん中」というタイトルで、ライブで演奏されていた人気曲です。音源化を待ち望んでいたファンにとっては嬉しい作品となりました。

TOP8・kid,I like quartet

OAD『夜桜四重奏 〜ホシノウミ〜』OPテーマ
発売日:2011年7月6日
オリコン売上ランキング:18位

『Populus Populus』に収録されている「kid,I like quartet」。「kid,I like」は「喜怒哀楽」と聴かせ、言葉遊びの得意なユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)らしい面白いタイトルとなっています。キレの良いギターカッティングと爆発力のあるサビで聴いていると体を動かしたくなってくるようなアクティブな楽曲。夜桜四重奏シリーズの主題歌として他の曲との関連性も感じられます。

TOP7・カウンターアイデンティティ

テレビアニメ「ソウルイーター」リピートショー OPテーマ
発売日:2010年11月24日
オリコン売上ランキング:35位

大久保篤さん原作のファンタジーアニメ「ソウルイーター」の主題歌となった「カウンターアイデンティティ」。ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)らしい造語のようにも感じるこの単語ですが、「一般的な常識や社会、体制などに対して反発することで自己(アイデンティティ)を見つける」という意味があります。

9枚目のシングル「スカースデイル」のカップリングとして発表されたこの曲はもともと「神に背く」や「少し黙ってろ」というタイトルだったことも。そんなタイトルからも予想されるとおり、ハードなサウンドと聴く人に疑問を投げかけるような歌詞が印象的な楽曲となっています。

TOP6・harmonized finale

映画『劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-』主題歌
発売日:2014年2月5日
オリコン売上ランキング:週間8位

テレビアニメ、『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』に引き続き、「タイバニ」主題歌となったこの曲はユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)9枚目のシングル。「これぞ映画の主題歌!」と言えるような歌詞のマッチ具合と、聴いている人に寄り添うような優しいボーカルラインが魅力的な楽曲です。

ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)はこの曲でテレビ朝日系列の人気音楽番組「ミュージックステーション」に初登場し、一気に知名度を上げています。アップテンポで明るい曲調ながら、「別れ」や「旅立ち」などの新たなスタートをイメージさせ、どこか切なさを残した楽曲です。

TOP5・リニアブルーを聴きながら

映画『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』主題歌
発売日:2012年9月19日
オリコン売上ランキング:週間8位

イントロから激しいドラムロールで楽曲に放り込まれるこの曲は、映画『劇場版 TIGER & BUNNY -The Beginning-』の主題歌。映画の主題歌決定に寄せて、作詞作曲を担当した田淵さんは「映画と一緒に愛してもらえればと思い、大事な言葉を音に詰めた刺激的な楽曲です。“ココデオワルハズガ”なかった僕らに残されたものはなんなのか、僕なりの答えを書きました。届くといいなあ、よろしくさま」とコメントしています。「オリオンをなぞる」との繋がりを感じ、わくわくした気持ちにさせてくれますね。

TOP4・Silent Libre Mirage

ドラマ「男水!」主題歌
発売日:2017年2月5日(配信限定)

木内たつやさん原作のドラマ「男水!」の主題歌となった「Silent Libre Mirage」は、ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)12作目のシングルです。(配信限定としては2作目)歌詞もドラマ主題歌であることを意識した内容となっていて、爽やかでありながらもライバルたちとの熱い戦いをイメージさせるスポーツにぴったりな楽曲。暑い夏に聴きたくなります。(漫画原作のドラマであり、今注目の高い新曲であることから紹介。)

TOP3・オリオンをなぞる

テレビアニメ『TIGER & BUNNY』OPテーマ
発売日:2011年5月11日
オリコン売上ランキング:週間14位

ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)を知らない人でもこの曲は知っているという人も多いはず。この曲のヒットを境にファン層を拡大し、メジャーなバンドとして注目されるようになりました。ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)らしい爽やかでPOPな曲調で、イントロからぐいぐい世界観に引き込まれていきます。キーボード、ストリングスを使用したアレンジもこれまでのユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)にはなかった手法で、バンドの新しい挑戦に満ちた1曲となっています。CDには2010年大阪BIG CATでのライブ音源「カラクリカルカレ」、「23:25」、「ガリレオのショーケース」の3曲が入っていてお得な1枚となっています。

TOP2・桜のあと (all quartets lead to the?)

アニメ『夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜』OPテーマ
発売日:2013年11月6日
オリコン売上ランキング:週間10位

『デュラララ!』などのイラストレーターとしても知られるヤスダスズヒトさん原作のアニメ『夜桜四重奏 〜ハナノウタ〜』の主題歌となった「桜のあと (all quartets lead to the?)」は疾走感のあるPOPロックナンバー。つい口ずさみたくなるメロディーと歌詞が印象的な曲です。ノリが良く、新学期などの新しい環境に向かったときにピッタリではないでしょうか。

田淵さんはインタビューで「「桜のあと」は自分たちが好きな調味料を全部ぶっかけてたみたいな曲で、自分の中でもスーパーホームランを打った曲だと思っているんです」と語っています。ファンにとってもまさに「ホームラン」と言える爽快な楽曲ですね。

TOP1・シュガーソングとビターステップ

テレビアニメ『血界戦線』EDテーマ
発売日:2015年5月20日
オリコン売上ランキング:5位

ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)10枚目のシングルである「シュガーソングとビターステップ」。発売後は各地のCDショップで売り切れが続出、ダウンロードランキングでは1位を獲得するなど、多くの人から支持された楽曲です。どこかコミカルなイントロと、続きが気になってしまうユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)独特のメロディーの繋がりが特徴的です。

内藤泰弘さん原作のアニメ『血界戦線』の主題歌としてアニメのファンからも注目されます。『血界戦線』はスタイリッシュでありダークな部分もあるアニメですが、アニメエンディングで登場人物たちが「シュガーソングとビターステップ」に合わせてダンスをする姿が人気に。Youtubeやニコニコ動画などの動画サイトでは、他アニメのキャラクターを当てはめたパロディーも続々と登場しました。

ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)の他のオススメ記事

ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)の楽曲はアニメ・ドラマ主題歌にぴったり!


【画像:GATAG

元気になれる爽やかなナンバーから、ハードで重厚なロックまで様々な音楽性を持っているユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)

その多彩な楽曲はアニメやドラマの主題歌として作品の良さを引き立たせてくれるだけではなく、少しクセのあるメロディーや歌詞が聴く人の心に強く残るものとなっています。

普段アニメやドラマなどのテレビ番組をあまり見ないという人でも楽曲がどのように使用されているのかチェックするつもりで、主題歌となった番組を見てみると新たな魅力を発見できます。ユニゾンスクエアガーデン(UNISON SQUARE GARDEN)をきっかけに思ってもみなかった作品にはまってしまうかもしれませんね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。