ユニゾンスクエアガーデンの「harmonized finale」に込められた意味とは?

2004年に結成された3ピースバンド、ユニゾンスクエアガーデン。通称ユニゾン!

下北沢を拠点としたライヴパフォーマンスは見られたことはありますか?小さなスペースでの大きなグルーブ感は一度体験の価値あり。最近は楽曲がアニメ主題歌に起用され話題を呼んでいます。

ここでは9thシングル、「harmonized finale」をご紹介します。

ユニゾンスクエアガーデンの9thシングル「harmonized finale」

harmonized finale (初回盤CD+DVD)をAmazonでチェック

ユニゾンスクエアガーデンの「harmonized finale」は、9枚目のシングルとして2014年2月5日にリリースされました。

軽快なポップロックに仕上がっていて、曲調が滑らかな高音ボーカルとマッチして素晴らしいです。

この曲は、映画「劇場版 TIGER & BUNNY -The Rising-」主題歌起用されました。

harmonized finale (初回盤CD+DVD)をAmazonでチェック

ユニゾンスクエアガーデンの「harmonized finale」が収録されているアルバム『Catcher In The Spy』

Catcher In The Spy(初回限定盤2CD)をAmazonでチェック

ユニゾンスクエアガーデンの5thアルバム『Catcher In The Spy』は、2014年8月26日にリリースされました。

ボーカル斎藤宏介の透明感のある変わらない美声がこの作品全体を通して堪能できます。

ライヴでの高揚感をそのまま感じさせるようなエネルギッシュなユニゾンサウンドと共に、彼らを新境地へと導く作品に仕上がってます。

Catcher In The Spy(初回限定盤2CD)をAmazonでチェック

ユニゾンスクエアガーデンの「harmonized finale」の歌詞を見てみよう

ここでは「harmonized finale」の歌詞を見ていきましょう。

作詞・作曲を手がけるベース田淵智也の、若き才能溢れるストレートな歌詞が聴き手の心をつかみます。

彼のインタビューにおいて『今日が今日で続いていきますように』という一節は『現実は現実であり続ける』というメッセージを込められているようです。

ユニゾンスクエアガーデンの「harmonized finale」の動画を見てみよう

ここではユニゾンスクエアガーデンの「harmonized finale」の動画を見ていきましょう。

ご紹介するのはミュージックビデオショートバージョンです。ユニゾン流シンプル且つ疾走感あふれるメンバーの映像が随所に見受けられます。

ユニゾンスクエアガーデンの他のオススメ記事

ユニゾンに会いに行こう!

以上、ユニゾンスクエアガーデンの「harmonized finale」の紹介でした。みなさんもぜひ一度ライヴ会場に足を運んで、縦横無尽に動き回るベース田淵智也のパフォーマンスとボーカル斎藤宏介の優しいハイトーンボイスを体感してみてはいかがでしょうか。チケットキャンプでは、ユニゾンスクエアガーデンのチケットをお取り扱い中です。ぜひチェックしてみてくださいね!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。