ユニゾンスクエアガーデン「場違いハミングバード」印象的なタイトル・メロディの秘密とは?

ユニークなタイトルでも知られるユニゾンスクエアガーデンの場違いハミングバード。

ユニスクのこの楽曲がなんだか気になっていたという方も多いのではないでしょうか。印象的なタイトルとメロディのこの楽曲のエピソードを教えちゃいます。

タイトルの秘密って?このきれいなベースラインはどうやってつくっているの?ユニスクファンも、最近知ったというあなたも必見です!

場違いハミングバードの歌詞にも注目


(出典:youtube)

場違いハミングバードという楽曲には、ユニゾンスクエアガーデンらしい世界観がよく表現されています。

作詞作曲を担当したのはベースの田淵智也さん。

ちなみにハミングバードとはハチドリの英語名のことですね。知っていましたか?楽曲のタイトルに使われることも多いようで、これまでにYUKIや斎藤和義などがハミングバードというタイトルの楽曲を発表しています。すてきな歌の代名詞、という感じですね。歌手なら一度は、自分の特別な楽曲に使ってみたくなるタイトルでしょうか?

収録アルバムも人気

Populus PopulusをAmazonでチェック!

ユニゾンスクエアガーデンの場違いハミングバードが収録されている『Populus Populus』というアルバムは、とりわけファンからも高評価なアルバム。

彼らの代表曲のひとつと言える『オリオンをなぞる』も収録されていますので、アニメからユニゾンスクエアガーデンを知ったという方にとっても嬉しいアルバムになっているのではないでしょうか。

『オリオンをなぞる』はカラオケでもよく歌われているようなので、比較的歌いやすい楽曲なのかもしれません。そして盛り上がる楽曲でもありますから、仲間内でカラオケに行ったときも欠かせない楽曲になりそうです!!

▶︎Populus PopulusをAmazonでチェック!

ユニゾンスクエアガーデンのベースライン

あるインタビューでユニゾンスクエアガーデンの楽曲にはベースラインが印象的なものが多いといったことを言われていましたが、これに対して田淵智也さんは、楽曲によっては曲作りの段階でベースラインのイメージが湧きおこるというような返答をしています。

やはり自身がベースを担当するからなのか、こうしたことがきっかけで印象的なベースラインが生み出されているのですね。

そしてベース担当なので、他のアーティストの楽曲を聴く際も自然とベースラインに耳が集中していることがあるそうですよ。このような完成がユニゾンスクエアガーデンの楽曲作りにも生かされているのかもしれませんね。

ユニゾンスクエアガーデンのオススメ記事はこちら

今後も注目なユニゾンスクエアガーデンを生で体感

ユニゾンスクエアガーデンのチケット情報をチェックするならチケットキャンプがおすすめです。ベースである田淵さんの激しさも、ライブにて是非体感しちゃいましょう。きっとますますハマってしまうかもしれません。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。