UNISON SQUARE GARDEN (ユニゾン) チケット
ユニゾンスクエアガーデンのおすすめアルバム5選を厳選紹介!

斎藤宏介、田淵智也、鈴木貴雄の3人からなる人気ロックバンド、ユニゾンスクエアガーデン。下北沢を中心にライブ活動を行い、その音楽性から若者から絶大な人気を誇っています。

ここではそんなユニゾンスクエアガーデンの人気アルバムをランキング形式でご紹介していきます。ユニゾンスクエアガーデンを詳しく知っている方も、最近知ったばかりという方もぜひ参考にしてみてくださいね。

第5位は、2ndミニアルバム『流星前夜』

流星前夜をAmazonでチェック!

第5位にランクインしたのは、2008年1月16日に発売された2ndミニアルバム『流星前夜』。「流星前夜」「水と雨について」「MR.アンディ」など全6曲を収録しています。

収録曲である「水と雨について」はiTunes Storeで無料配信されたこともあり、多くのリスナーがユニゾンスクエアガーデンを知るきっかけとなった曲でもあります。

▶︎流星前夜をAmazonでチェック!

第4位は、2ndアルバム『JET CO.』

JET CO.をAmazonでチェック!

第4位にランクインしたのは、2010年4月7日に発売された2ndアルバム『JET CO.』。「メッセンジャーフロム全世界」「コーヒーカップシンドローム」「cody beats」など全12曲を収録しています。

アルバムに収録されている唯一のシングル曲である「cody beats」では、キレの良いギターカッティングを聴くことができるなど、メジャーデビューを果たし、さらなる成長を遂げたユニゾン・スクエア・ガーデンのサウンドを聴くことができます。

▶︎JET CO.をAmazonでチェック!

第3位は、メジャー1st『UNISON SQUARE GARDEN』

UNISON SQUARE GARDENをAmazonでチェック!

第3位にランクインしたのは、2009年4月15日に発売されたアルバム『UNISON SQUARE GARDEN』。ユニゾンスクエアガーデンにとって記念すべきメジャーデビュー後、初めてのフルアルバムとなりました。

インディーズ時代からの名曲「センチメンタルピリオド」、「MR.アンディ -party style-」「マスターボリューム」など全11曲を収録しています。ユニゾンスクエアガーデンの初期の名曲が詰まった作品と言えるでしょう。

▶︎UNISON SQUARE GARDENをAmazonでチェック!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。