【日本最大級ダンスフェス】ウルトラジャパン2016&過去のグッズを紹介します!

2016年、3日間で12万人を動員したモンスターイベント「ウルトラジャパン」。ファッションやアクセサリーに気合いの入ったオーディエンスが集結するEDMイベントです。今回は身に着けるだけでテンションが上がりそうな「ウルトラジャパン」のオフィシャルグッズをまとめてみました!

「ウルトラジャパン」のグッズを紹介します!

マイアミ発祥のEDM(エレクトロニック・ダンス・ミュージック)イベント「ULTRA」は1998年に誕生してから瞬く間に人気が広まり、イベントの1年前に発売されるチケットが数秒で完売するというモンスターイベントに成長しました。日本では2014年に「ウルトラジャパン」としてお台場にて初開催。過去にKinKi Kidsの主演でヒットした『青の時代』やNHK連続テレビ小説『ちゅらさん』にも出演していた俳優・小橋賢児さんがクリエイティブ・ディレクターとしてイベントを支えています。

日本での一般的なフェスは郊外で行われますが「ウルトラジャパン」は都心での開催ということもあり、フェスに参加したことがない人やEDMミュージック初心者にも入りやすいイベント。「ウルトラジャパン」では音楽だけでなく、フェスに合わせたファッションを楽しんでほしいというコンセプトもあります。お気に入りの服を着てフェス当日のファッションをSNSにアップするために行く、というのも「ウルトラジャパン」の入り口として大歓迎という自由な考えです。

2016年の出演者はHardwell、Martin Garrix、TiestoなどのEDM界をリードするDJや、実力はさることながら毒舌家としても知られるDeadmau5などが来日。日本からは石野卓球やKEN ISHIIなどが出演し、豪華な顔ぶれとなりました。

そんな「ウルトラジャパン」のグッズはおしゃれで気分を上げてくれるものばかり。今回は2016年のグッズから過去の2015年、2014年のグッズまで、多くのグッズを紹介していきます!

フェス以外でも使いたくなる!可愛くてかっこいいウルトラジャパンのグッズ・2016年

フラッグ

会場で目立つこと間違いなし!ビッグサイズのフラッグは持っているだけでテンションが上がるグッズ。

ウルトラジャパン×ピーチジョン・コラボブラトップ

ウルトラジャパン×ピーチジョンのコラボアイテムが2016年も登場。スポーティなボーダーデザインでクールなイメージです。フェスなら一枚で肌見せしてセクシーに、普段使いではインナーに便利なグッズですね。

シャワーサンダル

シンプル&クールなシャワーサンダル。うっかりヒールで参戦してしまった女子からの人気も高かったようです。1日中歩き回っても、踊りまくっても大丈夫そうなペタンコサンダル。

フェス以外でも使いたくなる!可愛くてかっこいいウルトラジャパンのグッズ・2015年

サングラス

カラフルなサングラスはフェス感満載。周囲の雰囲気まで盛り上げてくれそうです。ちょっとシャイな人にもおすすめできるグッズです!

キャップ

髪型に迷ったときにも被ればばっちり決まるキャップ。女子も使いやすいデザインですね。キャップやサングラスは毎年デザインが変更されていたりコラボグッズになることもあるので要チェックです!

ネックストラップ

色使いがファンキーなネックストラップは男女問わず人気のデザインでした。イベント中は両手をフリーにしておきたい時間も多いので、意外と重宝するグッズです。

フェス以外でも使いたくなる!可愛くてかっこいいウルトラジャパンのグッズ・2014年

ビッグタオル

フラッグ同様目立ち度高め!広げたスタイルは写真映えしますね。

スポーツタオル

スポーツタオルは使いやすさバツグンです。普段使いがしやすいグッズで、自宅で使っても楽しかったウルトラジャパンの思い出が浮かんできそう。

Tシャツ

誰でも着やすいシンプルなデザインのTシャツ。「どんな服を着て行けばいいのかわからない」という人も、これさえあれば間違いなしです。

「ウルトラジャパン」をさらに楽しむ!自作グッズ&衣装

ファッションに気合いの入ったオーディエンスが多い「ウルトラジャパン」手作りの衣装やグッズも多く見られます。周りとは差をつけたい!という人はぜひトライしてみましょう。「そのグッズはどこで売っているの?」と聞きたくなるくらいハイクオリティなものを作る気合いの入った人もいるので、せっかく作るなら納得のいくものを目指して頑張りましょう!過去のグッズを参考にして作成するのも良いですね。

自分だけのオリジナルスタイルでフェスを楽しむのも素敵です。衣装やグッズを準備する期間も当日のことを考えながらわくわくできます。遠足の準備が楽しいのと一緒ですね!

「ウルトラジャパン」初心者や気軽に楽しみたい人は…

手作り衣装やグッズも素敵ですが、「ウルトラジャパン」を気軽に楽しみたい人にはちょっとハードルが高めに感じるかもしれません。そんな人はオフィシャルグッズを使用したコーデなら間違いなし。「ウルトラジャパン」はその音楽性から、派手な「パリピ」が目立つイベントですが、男性ならいかつく、女性なら露出度が高くなくてはダメなんてことはありません。自分の好きなスタイルで、一番フェスを楽しめると思うスタイルで楽しみましょう!オフィシャルTシャツにショートパンツを合わせるだけでも一体感が出て、普段のファッションでの参戦とは楽しさが一味変わってきます。

「ウルトラジャパン」の他のオススメ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。