ウルトラジャパン2017開催!日程や会場、座席、アクセスなど当日必須の情報を集約!

元俳優の小橋賢児さんがクリエイティブ・オーガナイザーとして日本に導入したウルトラジャパン。EDMファンにとって最高に盛り上がる3日間が2017年も開催されます!4回目の開催となる今年も、フェス当日を多くのファンが待ちわびていますよね。今回はそんなウルトラジャパン2017の日程や会場、座席、アクセスなど、参加する人にとって当日必須の情報を集約してお届けします!日程、会場、座席、アクセスの基本情報を知って、ウルトラジャパン当日を120%楽しみましょう!

ウルトラジャパン2017開催!日程や会場、座席、アクセスなど当日必須の情報を集約!

マイアミ発祥・世界最大級のダンスフェス、ウルトラジャパン。日本では東京・お台場で開催される都市型ダンスフェスとして若者を中心としたEDMファンから親しまれています。

そんなウルトラジャパンが、今年も日本にやってくる!

ウルトラジャパンは年々盛り上がりを見せており、開催4年目となる今年も去年を上回るスケールと動員が予想されます。一時期は開催を危ぶまれる声もありましたが、今年もしっかり開催が決定しました!フェス・EDM好き、パリピにとっては嬉しいニュースですよね。

今回はそんなウルトラジャパンを最大限に楽しむために必須な情報を集約してお届け!
日程や会場、座席、アクセスなどの基本情報を余すことなくお伝えしていきます。

「ウルトラジャパン」2017年の日程は?

2017年
9月16日(土)
9月17(日)
9月18日(月・祝)

OPEN / START 10:00 / 11:00
※21時で終演予定

今年も昨年と同じく3日間の開催となっています。シルバーウィークにあたる日にちですので、たくさんの人が参戦できそうですね!

「ウルトラジャパン」会場へのアクセス・周辺施設

会場

TOKYO ODAIBA ULTRA PARK
(お台場ULTRA JAPAN特設会場 / 江東区青海)

【電車でのアクセス】
最寄り駅
りんかい線「東京テレポート」駅 徒歩3分程度
東京テレポート駅にはA出口、B出口がありますが、「TOKYO ODAIBA ULTRA PARK」へはB出口からの方が近くなります。

ゆりかもめ「台場」駅から徒歩5分程度。

【車でのアクセス】
ウルトラジャパン公式では公共交通機関の利用を推奨していますが、どうしても車で行きたいという人は近隣の民間パーキングを利用しましょう。ただし当日は大変な混雑が予想されるため、利用ができない場合もあります。

周辺施設

ウルトラジャパンでは再入場ができるため、一度入場しても目当てのアーティストがいない時間帯はお台場周辺を回って楽しむのも良し。「TOKYO ODAIBA ULTRA PARK」からすぐのダイバーシティ東京には、フードコート内に飲食店が多数出店しています。ウルトラジャパン開催期間中はシルバーウィーク。ウルトラジャパンへの来場者とともに一般客も多く訪れるため、多少の混雑は覚悟しておきましょう。
「TOKYO ODAIBA ULTRA PARK」から少し歩けばヴィーナスフォートがあります。こちらも飲食店やアパレルショップなどが多数あり、観光地としても人気のスポットです。15分ほど足を延ばせばフジテレビも。

「ウルトラジャパン」2017年の座席は?


(出典:GATAGフリー素材より)

ダンスフェスであるウルトラジャパンでは、座席という概念がありません。しかし気になるのはチケットがGA、VIPの2種類に分かれていること。GAは通常で言う一般席、VIPはVIP席という区分です。
VIP席は一般席よりも後方に位置しますが、スピーカーの位置から音量、音質ともに最高の状態で聴くことができます。また、GAではスタンディングですがVIP席には座席があり、人の密度も少ないため快適に過ごせます。VIP席のさらに上の客席といわれるVVIP席ですが、こちらは一般向に販売されません。関係者や芸能人、セレブなどが利用すると言われており、チケット料金は50万円~とも噂されています。

ウルトラジャパンの他のオススメ記事

ウルトラジャパン2017年の開催までの過ごし方

当日必要ことを知ったら、後はウルトラジャパンの開催を待つだけ!これから出演アーティストの発表もあり、参加者は待ち遠しい限りという人も多いはず。「目当てのアーティストは出演するのかな?」、「どんなステージになるのかな?」と、想像が膨らみますよね。

当日まで手作りの衣装やグッズを準備して過ごすのも素敵な過ごし方の一つ。また、SNSなどで参加予定の人とつながりを持つのもおすすめです。情報の共有はもちろん、ワクワクした気持ちを分かち合えます。

日本最大級のEDMフェスとなるウルトラジャパン。参加者の誰もが日常を忘れ、異世界にトリップできるような3日間となるはず。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。