ウルフルズ チケット
ウルフルズの名曲 バンザイ 君を好きでよかったを徹底解剖!

ウルフルズは、1988年に結成され1992年にメジャーデビューしました。数々のヒット曲を生み出してきたウルフルズ。そのヒット曲の中でも、1996年にリリースした7枚目のオリジナルシングル曲「バンザイ~好きでよかった~」は、ウルフルズの代表曲として知られています。

オリジナルアルバム『バンザイ』は、百万枚を超えるミリオンヒットを記録しました。ここでは、ウルフルズの名曲「バンザイ」の魅力を、歌詞と動画とともにまとめて紹介します。ウルフルズのファン必見ですよ!

ウルフルズの名曲「バンザイ」のPV映像

ウルフルズがブレイクするきっかけとなった「バンザイ~君を好きでよかった」は、アルバム「バンザイ」に収録されていた楽曲でした。人気の高まりを受けて、シングルカットされリリースされました。

「バンザイ~君を好きでよかった」のPV映像には、青年の頃のウルフルズが収録されています。20年前のヒット曲とは思えないほど、新鮮な響きをもっていますよね♪ 結婚式などに歌われる定番曲としても人気があります。

ウルフルズの名曲「バンザイ」の歌詞に込められた想い

「バンザイ~君を好きでよかった~」は、アルバムからのシングルカットでリリースされ50万枚を超えるヒット曲となりました。

作詞・作曲はトータス松本。1996年2月のリリース直後に、リーダーのトータス松本が結婚したこともあり、妻に捧げた楽曲とも言われました。

後に本人は否定していますが、歌詞には恋人を想う気持ちが随所にちりばめられています。何年たっても色あせることのない名曲です♪

ウルフルズの名曲「バンザイ」のエピソード

「バンザイ~君を好きでよかった~」の「ラララふたりで」の部分は作詞当初は別の言葉を入れる予定だったそうです。とりあえず「ラララ・・・」として仮付けだったのです。

しかしいろいろと考えた結果、適切なフレーズが思い浮かばなかったとのこと。ウルフルズのメンバー全員で一生懸命考えている姿を想像してしまうエピソードですよね。

ウルフルズのおすすめ記事

ウルフルズの名曲「バンザイ」の魅力まとめ

いかがでしたか?ウルフルズの名曲「バンザイ」を聴きたくなる魅力についてまとめて紹介してみました。「バンザイ~君を好きでよかった」は、ウルフルズのライブでは必ず演奏される定番曲です。実際のライブに参戦して、「バンザイ」を聴いてみて下さい。

チケットキャンプでは、ウルフルズのライブチケットを取り扱っています。希望のチケットを譲ってもらえるリクエスト機能があります。是非利用してみて下さい。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。