サッカー愛!ミスチル櫻井の“ウカスカジー”エピソード

日本を代表するバンドであるミスチルの櫻井和寿とヒップホップ界の重鎮GAKU-MCが、サッカー愛を通じて結成したスペシャル・ユニット、ウカスカジー

ウカスカジーは2013年に結成されましたが、以前からこの2人にはサッカーを通じた深い友好があったことは知られていましたよね。

ウカスカジーが手がけた2014年ワールド杯のサッカー日本代表公式応援ソング「勝利の笑みを 君と」は、キリンやみずほ銀行、KONAMIのCMなどで使われ、覚えている方も多いのではないでしょうか。

今年もシーズン開幕で盛り上がるサッカー界、ということで、今回はウカスカジーのアルバム紹介の他、ミスチル櫻井とGAKU-MCの仲良しエピソードにも迫っていきたいと思います!

ウカスカジーの仲良しエピその1:ミスチル櫻井とGAKU-MCのサッカープロジェクト「MIFA」が熱い!

フットボールを心から愛するウカスカジー。GAKU-MCとミスチル櫻井は

年間の90試合のうち50~60試合は一緒にやっている

(引用:J-WAVE NEWS

というほどのサッカー仲間なんだとか!2人共とっても忙しそうなのに、サッカーだけはしたいという熱い思いが伝わってきますよね。

そんな2人は、MUSIC INTERACT FOOTBALL for ALL=「MIFA」というプロジェクトをスタートさせています。実際に2013年に国立代々木競技場第二体育館で開催された「MIFA presents YOYOGI CUP」では、音楽とフットボールを融合したイベントを開催。3 on 3のフットボールマッチやアーティストのステージなどが繰り広げられ、ファン同士のコミュニケーションを生み出しました。

またMIFAはMIFA Football Parkというフットサルやフットボールができる施設も作っていて、その裾野を広げる努力を続けています。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。