辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 極上のモーツァルトを堪能するのに良い座席表とアクセスの会場

最高の音楽は最高の席で!ここでは、来月より公演が始まる「辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 極上のモーツァルト」の音楽を十全に堪能できる会場をご紹介します。

最高の音楽は最高の席で!だれもが考えていることですが、座席表の配置や会場のアクセス条件が良くても見やすいとは限りません。

席種が悪くても視野広く、見やすい会場も存在しますし、逆もまたあります。

ここでは、来月より公演が始まる「辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 極上のモーツァルト」の音楽を十全に堪能できる会場をご紹介します。

(出典:avex portalより)

アクトシティ浜松 大ホール(静岡県)

(出典:アクトシティ浜松より)

アクトシティ浜松 大ホールでの「辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 極上のモーツァルト」は、2016年10月31日(月)に開催されます。

アクトシティ浜松 大ホールは、2,336席という多くの客席を持ち、4階まで座席が設けられており、どこからでもステージを見ることができるように造られています。

座席表によると、ステージ正面の1階と2階の視野広く見通せる座席がS席に指定されており、緩やかな傾斜構造で座席が設けられているのでとても見やすく、音の反響の面からも十全に辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団よる美しい音楽を堪能できます。

また、4階サイドの座席もS席に指定されており、上部からの広い視野によるステージの見やすいだけでなく、他の階のように天井が音の障害となりませんので、音楽を完全な状態で聴くことが可能な席となります。

また、A席に指定されている座席はステージ正面の3階および2階のサイド席で、若干のステージからの距離と2階席においては天井がありますが、視界的にも音響的にも申し分ない配置でコンサートを堪能可能な構造です。

B席は会場の最後方の4階ステージ正面と3階のサイド席です。視野は問題なく広く取られていますのでステージから遠めでは有りますが十分に見やすい構造となっています。

広い視野と傾斜構造の座席によりアクトシティ浜松 大ホールは席種に関係なくとても見やすい会場構造をしているので素晴らしい音楽を完全な状態で堪能できます。会場へのアクセスもJR浜松駅から5分と非常に便利かつ駐車場もありますので、車での来場も可能です。

ザ・シンフォニーホール(大阪府)

(出典:YAMAHAより)

ザ・シンフォニーホールでの「辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 極上のモーツァルト」は2016年11月5日(土)、6日(日)に開催されます。

ザ・シンフォニーホールは、座席数1704を誇り、残響2秒(満席時)を実現するための理想的な座席数として設定されています。ホールはアリーナ・シアター形式の構造をしていて、ステージを客席が取り囲むような形となっているため、全方位の座席からステージを見られ、また緩やかな傾斜構造により視界が開けるので視野広く見渡せるが特徴です。

座席表によると、A席からD席まで設けられており、ステージ正面のA席は広い空間の中央にあたることもあり、音響の良さと広範囲の視野を獲得でき、見やすさは抜群の座席となっています。2階のA席からも十分な視野が獲得できるため、問題なく音楽を堪能することができます。

B席以降に関しても、構造上どこからでも資格は開けているので遠さを除けば抜群の見やすさを誇り、満足のいく音楽鑑賞を可能とするホールです。アクセスも最寄り駅から10分程度と立地条件がよく、見やすさを兼ね備えた会場となっています。

辻井伸行の他のオススメ記事

チケット購入はお早めに!

(出典:チケットぴあより)

会場の自宅からのアクセスは近かったり遠かったりち様々あるとは思いますが、最高の音楽を最高に楽しむためには、会場の座席表の配置や会場の構造は重要なファクターです。席種が悪くても視野を広く取れる会場ならば、より「辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 極上のモーツァルト」を近くに感じられ、その音楽を十全に堪能できた最高の1日となります。また、「辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 極上のモーツァルト」は非常に人気の高いコンサートですので、チケットが入手困難になる可能性があります。「辻井伸行&ヨーロッパ室内管弦楽団 極上のモーツァルト」を堪能しようとお考えの人はお早めにチェックをすることをオススメします。チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。