笑福亭鶴瓶(鶴瓶噺)の人気公演が今年も開催!『TSURUBEBANASHI2017』の概要をチェック!

笑福亭鶴瓶(鶴瓶噺)が毎年恒例で開催している公演の最新版『TSURUBEBANASHI2017』の開催が決定しました。楽しさをギュッと詰め込んだ『TSURUBEBANASHI(鶴瓶噺)』は非常に人気が高い公演です。今回は笑福亭鶴瓶(鶴瓶噺)『TSURUBEBANASHI2017』の概要をお届けします

【笑福亭鶴瓶(鶴瓶噺)の『TSURUBEBANASHI2017』開催が決定!】

落語家でありながら、さまざまな方面で活躍中の笑福亭鶴瓶。先日、彼が毎年恒例で行っている公演の最新版『TSURUBEBANASHI2017』の開催が決定しました。

今回は、何気ない日常話でさえも楽しませてくれる笑福亭鶴瓶の人気公演について、日程や会場、申し込み方法など概要をまとめてお届けします!(敬称略)

【『TSURUBEBANASHI2017』出演者の笑福亭鶴瓶(鶴瓶噺)についておさらい】

笑福亭鶴瓶とは…

笑福亭鶴瓶は昭和26年12月23日生まれ、大阪府大阪市出身、本名は駿河学(するが まなぶ)。その芸名からもわかるように、肩書きは落語家です。

昭和47年2月14日に六代目笑福亭松鶴の許に入門し、内弟子時代を経て同年、上方落語会会員として登録されるに至っています。

現在は、昭和32年に発足され長年落語界を支えてきた上方落語協会の副会長。日常で起こったことを面白おかしく話す独自のスタイルは「鶴瓶噺」と呼ばれています。

落語以外でもマルチに活躍

笑福亭鶴瓶は落語以外でも、『鶴瓶の家族に乾杯』『ザ!世界仰天ニュース』『A-Studio』など多数のテレビ番組で司会やゲスト出演者として番組を盛り上げ、ドラマや映画では役者として活躍するなどマルチな活躍を見せています。

話が上手なことはもちろん、役者としても実力派。日本アカデミー賞においては映画『おとうと』『ディア・ドクター』で主演男優賞を、『ふしぎな岬の物語』で優秀助演男優賞を受賞しています!

続いて、『TSURUBEBANASHI2017』の詳細をチェックしていきましょう。(敬称略)

【笑福亭鶴瓶(鶴瓶噺)『TSURUBEBANASHI2017』の日程・会場をチェック】

では、マルチな才能あふれる落語家・笑福亭鶴瓶の人気公演『TSURUBEBANASHI2017』の開催概要をみてみましょう!

東京公演

▼日程

2017年5月10日(水) 開演19:00
2017年5月11日(木) 開演19:00
2017年5月12日(金) 開演19:00
2017年5月13日(土) 開演14:00
2017年5月14日(日) 開演14:00

▼会場

世田谷パブリックシアター(東京都世田谷区太子堂4-1-1 キャロットタワー3F)
(引用:アタリ・パフォーマンス公式サイト公演情報ページ)

大阪公演

▼日程

2017年5月17日(水) 開演19:00
2017年5月18日(木) 開演19:00
2017年5月19日(金) 開演19:00
2017年5月20日(土) 開演14:00
2017年5月21日(日) 開演14:00

▼会場

森ノ宮ピロティホール(大阪府大阪市中央区森ノ宮中央1-17-5)
(引用:アタリ・パフォーマンス公式サイト公演情報ページ)

出演者は笑福亭鶴瓶ただ一人で、基本的にゲストなどはいません。公演は東京と大阪の2カ所で5日間ずつ行われます。続いては、各公演の席種や申し込み方法をお伝えします!(敬称略)

【笑福亭鶴瓶(鶴瓶噺)『TSURUBEBANASHI2017』の席種と申し込み方法】

たった一人の出演者、笑福亭鶴瓶が喋りで観客を楽しませてくれる人気公演『TSURUBEBANASHI2017』は東京・大阪の2会場での開催で、用意されている席種も異なります。最後に、各公演での席種についてみていきます。(敬称略)

東京公演の席種

東京会場の世田谷パブリックシアターは約600席の座席が設置されており、1階〜3階まであります。席種は全席指定でS席(税込6,000円)とA席(税込5,000円)の2種類。S席は1階または2階席、A席は3階席となっています。

購入の際は申し込み方法をよく見て、希望する座席を確認しておきましょう。座席は半円状に設置されていて、階によってステージとの距離は変わりますが、多くの利用者が見やすいという感想を述べている評判の良い会場です!

大阪公演の席種

大阪会場の森ノ宮ピロティホールは東京会場とは違い、1階しかありません。座席数は1,030席。席種は指定席と(税込6,000円)と立見(税込4,000円)の2種類で、立見は当日のみ扱います。

したがって、事前申し込みが可能なのは指定席のみです。こちらの会場も、多くの利用者がどこでも見やすいという感想をあげています!

笑福亭鶴瓶のおすすめ記事はコチラ

【笑福亭鶴瓶(鶴瓶噺)『TSURUBEBANASHI2017』を観に行こう!】

(出典:photoACより)

今年も開催が決まった人気公演『TSURUBEBANASHI2017』の概要をお届けしました。バラエティ番組などで笑福亭鶴瓶のトークを見たことがあるという人は多いかもしれませんが、やはり生で聴く鶴瓶噺はひと味もふた味も違いますよ!ぜひ、会場に足を運んでみてくださいね。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。