初の日本武道館ライブ決定♡超特急の「Super Trans NIPPON Express」の会場を解説!座席表や良席予想まで

2012年にシングル「TRAIN」でデビューしたアイドルグループ「超特急」。ももクロやエビ中などを輩出した芸能事務所スターダストで活躍する男子7人組グループです。電車をコンセプトにしたユニークな曲や振り付けなどでも話題!今回はデビュー5周年の記念の年に行われる2017年の日本武道館ライブ「Super Trans NIPPON Express」を特集します!会場となる日本武道館の会場情報から、おすすめ席など、超特急初となる2017年日本武道館ライブに参加する8号車さんにおすすめの情報をお届けしますよ♪

超特急初の日本武道館ライブ「Super Trans NIPPON Express」の会場を特集!

(出典:ACより)

2011年に結成し、2012年にデビューした7人のメンバーからなるアイドルグループ「超特急」。
シングルごとにセンターを変えるという試みをはじめ、電車をモチーフにしたメンバー名や「8号車」とファンを呼ぶなど、独自の世界観も人気のアイドルです。2017年はデビュー5周年を記念した、全国のライブツアーを春から行う予定です。そして、ついに追加公演として初の日本武道館でのライブが決定!

ここでは6月14日(水)の日程で開催される「Super Trans NIPPON Express」の会場である日本武道館までのアクセスや座席表、おすすめの席などの情報をまとめてご紹介します。

超特急の日本武道館ライブ「Super Trans NIPPON Express」日程&会場情報

デビュー5周年となる2017年に、ライブの聖地ともいわれる日本武道館でライブを行う超特急。ここではライブの日程と、会場情報をお知らせします!

日程

2017年6月14日(水)  開場17時半/開演18時半

メンバーにとっても、8号車と呼ばれるファンにとっても記念すべき、日本武道館でのライブ。デビュー5周年を記念し、最大規模となる2017年の全国ツアー「Trans NIPPON Express」のスペシャル公演として発表されました。日程は水曜日と平日のライブとなりますが、ファンが殺到することは間違いなしですね!

会場

2017年6月14日(水)に行われる、超特急の日本武道館でのライブ「Super Trans NIPPON Express」。
会場となる日本武道館は、東京オリンピックにて柔道が種目入りしたことをきっかけに1964年に誕生されました。現在は武道などの大会を行う会場のほか、多くのアーテイストがライブ会場としても知られています。
ここでは、武道館の会場アクセスやロッカーなどのお役立ち情報をお届けします。

会場アクセス

  • 電車でのアクセス
    東京メトロ「九段下駅」下車、2番出口より徒歩約5分
  • 車でのアクセス
    「内堀通り」の千鳥ヶ淵方面、竹橋方面より会場へ

駐車場の有無

「北の丸駐車場」

  • 第1駐車場
    営業時間 8時半~22時
    収容台数 普通車143台(身障者用3台)
  • 第2駐車場
    営業時間 8時半~22時
    収容台数 103台(身障者用3台)
  • 第3駐車場
    営業時間 8時半〜17時(都合により利用時間変更あり)
    収容台数 普通車259台(内身障者用6台)

日本武道館に一番近い駐車場は、北の丸第3駐車場です。ただし、日本武道館専用の駐車場ではなく収容台数も制限があるため、車でのアクセスは時間に余裕を持ったほうがよさそうです。

トイレについて

日本武道館内のトイレは、女子トイレ男子トイレが各3カ所ほどあります。ただし、毎回混雑している様子です。

さらに最寄駅である「九段下駅」のトイレも混雑していますので、要注意です!

コインロッカーについて

日本武道館にはコインロッカーはありません。最寄り駅の「九段下」にはスーツケースなどが入る大きなロッカーもありますが、すぐに埋まってしまいます。乗り換えの駅を使用するか、会場に早めに到着しての利用をおすすめします。

超特急の日本武道館ライブ「Super Trans NIPPON Express」座席表&ステージの見え方を検証

2017年6月14日(水)に行われる、超特急の日本武道館ライブ「Super Trans NIPPON Express」。ここでは会場の座席表をはじめ、会場の見え方を各座席ごとにご紹介します。

座席表

日本武道館は、アリーナとスタンド部分にあたる1~2階、立ち見席となる3階の構造となっています。最大キャパは14,471席となり、舞台を取り囲むような円形の座席が特徴的ですね。

アリーナ席

通常は舞台として使用されるアリーナ席は仮設席が設けられるため、ステージングによって座席も変動。最大2,946席の座席がつくられます。フラットな座席ですが、アリーナ後方席でも肉眼でアーティストが見えるとの声もありました。

スタンド1階席

なだらかな傾斜となっている1階席の座席は3,199席。ステージサイドの席では、かなり近くに見えることも!また、後方の席では「立ち上がるとモニターが見えない」などの声もあり、双眼鏡やオペラグラスなどの持参もおすすめします。

スタンド2・3階席

スタンドの2階席と3階席は、座席数 7,846席。ステージを斜め下に見下ろすような座席です。全体を見渡せるので「ペンライトの光がきれい!」との声もありました。また、後方の席では「オペラグラス持ってくればよかった」などの声からも、推しメンをしっかり見るのであれば、双眼鏡&オペラグラスの持参をおすすめします。

また2階席にあたる最前列は手前の柵が低いなどの利用で、立つことが禁止されていることも。3階後方では「傾斜が高くて怖い」という意見もありました。

超特急の日本武道館ライブ「Super Trans NIPPON Express」おすすめ席はこちら!

2017年6月14日に行われる、超特急の日本武道館でのライブ「Super Trans NIPPON Express」。最後に紹介するのは、会場でのおすすめの席です!アリーナからスタンド席でのおすすめ席は一体どこでしょうか?

アリーナ席のおすすめ席

武道館のアリーナ席は、仮設席のためにステージによって配置が異なります。以前参加した方の意見を参考にすると、ブロックの最前では端のほうでもよく見えるため、アリーナの最前ブロック全体がおすすめ席といえそうです。

スタンド1階席のおすすめ席

スタンド1階席はアリーナに比べると傾斜があるため、見やすいという意見も多くありました。背が低い方などは、特にアリーナ後方席よりもスタンド1階の前方席をおすすめします。

スタンド2・3階席のおすすめ席

傾斜が高く、少しステージから距離があるスタンドの2・3階席。日本武道館は2・3階席でも見えやすいという声も多いですが、特におすすめなのは前方席といえそうです。また最前列では立てないこともあるため、注意が必要です。

超特急のおすすめ記事はこちら

超特急の日本武道館ライブ「Super Trans NIPPON Express」を存分に楽しもう!

(出典:ACより)

デビュー5周年となる2017年のアニバーサリーイヤーに発表された、初の日本武道館ライブを行う超特急。夢の舞台として憧れているアーティストも多く、メンバーもファンも大盛り上がりのライブになりそうです!
ここでは、ライブ会場となる日本武道館の会場情報から座席情報までをお伝えしました。

参加予定の8号車さんは事前に情報をチェックして、超特急の2017年の日本武道館ライブを最大に楽しんでくださいね!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。