徳永英明の最高傑作シングル「レイニーブルー」について語りあかす!

徳永英明と言えば、「女性ボーカルのカバーが最高!」という評価が巷では聞こえてきそうですね。

しかし!ファンの皆さん、彼のデビュー曲にして最高傑作とも言えるシングル「レイニーブルー」をお忘れになってはいませんよね?

今回は、時を超えて、聴く度に新鮮な感動を届けてくれる名曲「レイニーブルー」にフォーカスすることします。

30年近く経っても色褪せないデビュー曲 徳永英明 の「レイニーブルー」

「レイニーブルー」がリリースされたのは、1986/1/21のこと。

つまりこの名曲は、なんと30年近くも前にリリースされていた訳です!

しかし、この曲のメロディーや歌詞は、それだけの時を経ても決して色褪せた感じや古さを感じさせることがありませんよね。

だからこそこの曲は当時も、そしても今も、中高生から年配の方までとても幅広い年代層の方から支持されているんですね!

「急に徳永英明の『レイニーブルー』を聴きたくなった!」という方のために動画をご紹介!

BEAUTIFUL BALLADE~20th Anniversary Super Ballad Single Best~ をAmazonでチェック!

では、レイニーブルーの動画をYouTubeからご紹介することにしましょう。

ちょっとハスキーでやや甲高い、徳永英明の歌声をじっくりと堪能しながら、彼のデビュー曲「レイニーブルー」をご堪能下さい。

レイニーブルーがいかに根強い人気を誇るか、YouTubeの動画の再生回数からもわかりますよね。ご紹介した動画は2003年にアップロードされ、以来再生回数を伸ばし続け、現在916万回にも達しています

そんなレイニーブルーの動画を視聴した「海外のファンの声」を幾つか紹介してみることにしましょう。

といった声が寄せられています。

レイニーブルーは言葉の壁を越えて、人の心に響き、感動を与える名曲であることがこうした海外のファンの声を通じて改めて認識出来ますよね。

BEAUTIFUL BALLADE~20th Anniversary Super Ballad Single Best~ をAmazonでチェック!

「レイニーブルー」の作詞家大木誠氏とは誰?

「レイニーブルー」が徳永英明のデビュー曲ということを知っていても、昔からのファンだという方以外、レイニーブルーの作曲者も彼だと言うことを知っている方は案外少ないのではないでしょうか。

また、それ以上にこの名曲を作詞した「大木誠氏とは誰?」と言う声がファンの方の声も多かったので、簡単にご紹介します。

大木誠氏とは元ギタリストで徳永英明がデビューする直前まで、彼とバンドを組んでいた方なのです(現在は会社役員として音楽活動はやっていないようです)。

で、大木氏曰く、レイニーブルーは彼が作詞したと言うより、元々は彼が作詞作曲した曲の原曲が別にあったようです。

が、作詞を苦手としていた徳永英明がレイニーブルーの詞を元に独自に作曲してデビュー曲が生まれた・・・それがあの名曲の誕生の経緯だったという訳です。

大木誠氏についてはコチラ

徳永英明の他のオススメ記事

徳永英明の「レイニーブルー」はぜひ、生で聴いて欲しい!!

徳永英明の「レイニーブルー」、いかがでしたか。この曲は、彼のファンの一人としてCDだけでなく、生でもぜひ聴いて欲しいと願います。チケットキャンプでは、レイニーブルーという名曲を生んだ徳永英明のチケットも勿論取り扱っていますよ。「レイニーブルーもう終わったはずなのに」のサビのフレーズは、ライブ会場でぜひ聴いて下さい!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。