名曲を歌おう!徳永英明のカラオケ人気曲ランキングTOP5♪

2016年にはデビュー30周年を迎えた、歌手の徳永英明さん。持病での活動休止などを越え、現在も多くの楽曲を発表して人々を魅了し続けています。長年の歌手生活の中でも現在でも歌い続けられている徳永英明さんの名曲たちは、カラオケでも特に人気を集めている曲ばかり!ここでは、徳永英明さんの楽曲の中から、カラオケで人気の曲をランキング形式でご紹介します。徳永英明さんの往年の名曲ばかりのランキング、動画とともにお楽しみください!

徳永英明のカラオケで歌われる人気曲5曲とは?

1986年にデビューを飾り、今はカバーアーティストとしても人気の歌手、徳永英明さん。年齢を重ねても変わらない高音域のボーカルと、どんなジャンルでも歌い上げる歌唱力の高さは、国内外で評価されています。

そんな徳永英明さんの楽曲は世代を超えて人気曲が多く、カラオケなどでもよく歌われている定番のアーティストです。そこで、ここでは徳永英明さんの楽曲から、特にカラオケで歌われている曲をランキング形式で5曲発表します!

往年の名曲が揃ったカラオケ人気曲ランキングをお楽しみください♪

徳永英明のカラオケ人気曲ランキングTOP5【第5位】「輝きながら…」

徳永英明さんのカラオケ人気曲ランキング、第5位に選ばれた曲は、1987年7月5日発売の4thシングル「輝きながら…」です!

当時、南野陽子さんが出演していた「フジカラー」のCM曲として起用され、徳永英明さんのデビュー後最初のヒット曲となりました。サビは気持ちよく歌い上げるようなメロディーラインになっているため、気持ちよくストレス発散したいときなどにおすすめのカラオケ曲ですね。

徳永英明のカラオケ人気曲ランキングTOP5【第4位】「最後の言い訳」

徳永英明さんのカラオケ人気曲ランキング、第4位に選ばれた曲は、1988年10月25日発売の6thシングル「最後の言い訳」です!

徳永英明さんが「最後の言い訳」を作曲当時、その歌詞に涙したとのエピソードもある曲で、徳永英明さんを代表するバラードソングの1つです。恋人との悲しい別れを描いた男性目線の歌詞は、失恋時の1人カラオケや、周囲の人に歌の実力を聞かせたいときにおすすめなカラオケ曲です!

徳永英明のカラオケ人気曲ランキングTOP5【第3位】「夢を信じて」

徳永英明さんのカラオケ人気曲ランキング、第3位に選ばれた曲は、1990年1月16日発売の9thシングル「夢を信じて」です!

当時フジテレビ系で放送されていた、大人気ゲームが原作のアニメ「ドラゴンクエスト」のエンディングテーマとして起用された曲です。ポップな曲調は当時の子供にも人気を受け、徳永英明さん最高の売上を誇るシングルとなりました!

徳永英明さんの曲の中でも明るい曲調ですので、カラオケで盛り上がりたいときにおすすめの1曲です♪

徳永英明のカラオケ人気曲ランキングTOP5【第2位】「壊れかけのRadio」

徳永英明さんのカラオケ人気曲ランキング、第2位に選ばれた曲は、1990年7月7日発売の10thシングル「壊れかけのRadio」です!

徳永英明さんも俳優として出演したドラマ「都会の森」の主題歌で、自身の歌手人生の原点回帰をテーマに歌った曲は、今もなお歌い継がれる徳永英明さんの代表曲!世代がバラバラな人たちとのカラオケでの披露など、どんな人でも楽しめる鉄板のおすすめカラオケ曲です。

徳永英明のカラオケ人気曲ランキングTOP5【第1位】「レイニーブルー」

徳永英明さんのカラオケ人気曲ランキング、第1位に選ばれた曲は、1986年1月21日発売のデビューシングル「レイニーブルー」です!

徳永英明さんの歌手人生のスタートとなった曲で、多くのアーティストがカバーをするなど、歌いあげたくなるバラードナンバー。最後の「雨」のフレーズを上手に歌えれば、カラオケで大盛り上がりになること間違いなし!!

切ないバラードナンバーの「レイニーブルー」は、カラオケの終盤で歌いたくなる定番曲として、強い人気を誇っている1曲です!

さまざまな場面で歌い上げて!徳永英明のカラオケ人気曲ランキングTOP5

(出典:Photo ACより)

多くの人に感動を与える曲を歌い続けるアーティストの徳永英明さん。今回は、歌手生活30年を誇る徳永英明さんの名曲の中から、カラオケで人気の曲をランキング形式でお伝えしました。

1人の時や友達同士、会社の同僚、など人を選ばずに歌える人気曲が中心となったランキングでしたね。徳永英明さんの曲は世代関係なく広く知られる曲が多く、皆で楽しめることができますので、ぜひカラオケで披露するレパートリーに加えてみてください♪

徳永英明のおすすめ記事はコチラ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。