小室哲哉が神だった!TM NETWORKのPV、ライブ動画をYoutubeで体感せよ!

これが小室哲哉率いるTMの当時の画像。

右側にいるのが若いころの小室哲哉。

いやーかっこいいですよね。 今でもかなり素敵ですが、若い頃はこんなにもかっこよかったのです。

最先端を行くTM NETWORKのライブシーン

当時のバンドが、ギター、ベース、ドラム、ヴォーカルが主な構成だった頃、突然現れたTMNは絶大なインパクトを与えてくれました。ライブステージで飛び交うレーザーのような光、電子音を奏でるシンセサイザの音、そして小室哲哉を含むスタイリッシュな3人の圧倒的な未来感。

Self ControlはTM NETWORKを代表する楽曲のひとつで、今でも輝きを放つ素敵な曲です! ただシンセを弾くのではなく、コンピュータ制御によって打ち込まれた音源をボタン一つで再現するなど、当時ではありえなかったことを見事にやってのけたかっこよさといったら!

単に技術が優れていただけではこれだけの評価は得られなかったはず。 ヴォーカルの宇都宮隆やギターの木根尚登の存在も大きかったことは事実。

しかし、それ以上に「最先端を行くライブシーン」を構築した小室哲哉の存在は、80年代ミュージックシーンにおいて大きな衝撃を受けたものです・・・

そして蘇る小室マジック

古くからのファンが根強く存在する一方、今でも色あせないその魅力に若い人でもTM NETWORKのファンは未だに増える傾向が。そんな彼ら同様、TMNの再結成を常に待ち望んでいました。 そして、ついに再始動を果たしたのです!

2013年さいたまスーパーアリーナのライブで演奏された「BEYOND THE TIME」は、時代を超えてきたと実感させられましたね。当時と変わりない魅力、そして進化したライブステージを携えて、新たに動き出した、小室哲哉率いるTM NETWORK。

進化したシンセサイザの音源は、より洗練されて、古いファンも納得の行くものだったし、若いファンも魅了した最高のライブでした。TMから始まり、多くのプロデュースで見せた小室マジックは、今またTMNという原点に戻ってきた!と感動しました。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。