TM NETWORK 木根尚登にとって「音楽」とはなにか?その回答がしびれる!

TM NETWORKは小室哲哉氏が注目されがちですが、その他の二人のメンバーも実力派です。


メンバーの一人、木根尚登もギターやピアノ、キーボード、ハーモニカ、ベースといった様々な楽器を演奏する事ができ、楽曲のクオリティに大きくインパクトを与えています。

木根尚登のメインの楽器は?

木根尚登は元々ピアノやキーボードとアコースティックギターを得意としていて、ソロデビュー時はピアニスト、キーボーディストとして活動をしていました。


そこから小室哲哉と知り合い、ギタリストとしての道に転向する事になりました。


ピアノとギターでは演奏の仕方が全く異なるのに、プロのレベルで両方をこなすのはすごい事です。

木根尚登によって生み出される多彩なメロディ

また、多彩なメロディを生み出す才能を持った方としても知られています。


TM NETWORKの数々の名曲も、木根尚登によって生み出された物は多く、グループにとってなくてはならない存在です。


もう一人のメンバーの宇都宮隆と3人でそれぞれの持ち味を発揮してのTM NETWORKと言えますね。また、宇都宮隆と木根尚登は小学校から高校までの同級生で、かれこれ40年の付き合いだそうです。

木根尚登にとっての音楽とは

これだけ長く音楽活動をしている木根尚登ですが、木根尚登にとって、音楽とは何なのかというインタビューでは、音楽がなくても生きていけるけど、楽しく生きられるかは分からない、音楽は趣味でも仕事でもあると語っています。


また、常に楽しく音楽活動をする事を意識しているそう。楽しくやっていれば誰かが見てくれている、声をかけてくれる人がいると信じているとの事です。


第一線で活動をしている方の方の、深みのある言葉ですね。

木根尚登のGet Wildのギターはエアギター?

名曲Get Wildでは木根尚登はエレキギターを担当していますが、これがエアギターではないかというのはファンの間ではよく知られた話です。


これは小室哲哉と木根尚登が二人でキーボードを担当するのは地味かもという一言がきっかけになっています。


ギターもできる木根尚登にエレキギターが任される事になりましたが、木根尚登が弾けるのはアコースティックギター。そこから、エレキギターはエアギターになったそうです。ただし、実際のライブなどでは演出のためもあり、音は少し出ているようです。

TM NETWORKのオススメ記事はこちら

今後の活動にも期待しましょう

以上、TM NETWORKの木根尚登について紹介しました。


再結成してこれからも精力的な活動を見せてくれそうなTM NETWORK。木根尚登含め、今後の活動に期待ですね。


チケットキャンプではTM NETWORKのライブチケットを取り扱いしています。ライブも見てみたいという方はぜひチェックしてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。