わずか15歳でデビュー!アイルランド出身「THE STRYPES(ストライプス)」のおすすめ・人気曲TOP15を発表!

若さを感じさせない高い音楽性でデビューした、アイルランド出身のロックバンド「THE STRYPES(ストライプス)」。2013年のデビュー当時は平均年齢15歳!ビートルズの再来とまで言わしめた彼らのサウンドは、懐かしいロックサウンドと2000年代の新しいロックとの融合。年々進化を続けており、20代に突入したTHE STRYPES(ストライプス)の活動にも注目が集まっています。今回はそんな彼らの楽曲から、皆さんにおすすめしたい人気曲をTOP15にてご紹介します!ファンにも初心者にもおすすめの人気曲ランキングTOP15を、ぜひお楽しみください!

エルトン・ジョンも認めた!THE STRYPES(ストライプス)のおすすめ・人気曲TOP15

2011年に結成されたアイルランド出身の4人組ロックバンド「THE STRYPES(ストライプス)」。10代にして音楽の才能を認められ、事務所が争奪合戦を行うなど、デビュー前から大物の片りんを見せつけてきました。

デビュー当時はR&B調のサウンドで注目され、その後もロックをベースにしたジャンルの曲をリリース。日本でも来日公演を行うなど、UKバンド界でも名の知れた存在です。

今回はそんなTHE STRYPES(ストライプス)のプロフィールをはじめ、楽曲の中から特に人気の曲をセレクトし、まとめてご紹介。
これから聞きこみたいという方にもおすすめな15曲を、ランキング形式で発表します!

ファンの方はTOP15に入る楽曲を予想しながら、初めて知るという方は、15曲のまとめた楽曲の中からお気に入りの1曲を見つけてみてはいかがですか?

THE STRYPES(ストライプス)のプロフィール

THE STRYPES(ストライプス)のメンバーは、メインボーカルのロス・ファレリー、ギター&ボーカルのジョシュ・マクローリー、ベースのピート・オハンロン、ドラムのエヴァン・ウォルシュのアイルランド出身の4人。
2008年には、ロスを除く同級生の3人のメンバーでバンドの前身が誕生。メンバーの脱退を経てロスが加入し、現在のバンドメンバーとなりました。

2012年にインディーズで出したアルバムがヒットし、音楽関係者の目に留まることに。2013年3月にメジャーデビューを果たし、その後イギリスやアイルランドなどで人気のバンドとして成長します。

2013年4月には来日公演を行い、見事に会場をソールドアウト。日本でも人気の高さを証明する、意味深い公演となりました。その後単独ツアーやフジロックフェスティバルなどの参加を行い、日本でも積極的にTHE STRYPES(ストライプス)の音楽を広めていきます。

2017年4月には2年ぶりの3枚目のフルアルバム「Spitting Image」をリリースし、日本でもインストアイベントを開催。20代に突入したメンバーの今後の方向性も期待したいアーティストです。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP15「Leaving Here」

(発売日:2012年4月13日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP15は、2012年に発売されたEP「Young Gifted&Blue」収録のザ・フーのカバー曲「Leaving Here」です。

1965年のヒット曲を、50年以上の時を越えて現代の若者がカバー!声変わり前のあどけないボーカルをはじめ、彼らのバンドとしての方向性や基礎が詰まったサウンドが聞きどころですね。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP14「Behind Closed Doors」

(発売日:2017年6月16日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP14は、最新アルバム「Spitting Image」のファーストトラック「Behind Closed Doors」です。

20代となる彼らの成長を感じられるナンバーは古きよきUKパンクロックのイメージを思い起させる、少し懐かしさを感じるサウンドに仕上がっています。レトロでおしゃれなMVも見どころのひとつですね。
今までのイメージと違う音楽性に驚くファンもいる一方、キャッチーなメロディを絶賛する感想も多くありました。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP13「Now She’s Gone」

(発売日:2015年7月15日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP13は、2枚目のフルアルバム「Little Victories」収録の「Now She’s Gone」です。

出だしのスネアの小気味よいリズムに、ベースとギターのうねるようなサウンドでテンションを上げてくれる1曲!ライブでも1曲目に演奏されるなど、一気に熱を帯びるような感覚に陥るアップナンバー。
ボーカルのロス・ファレリーのハスキーボイスに、1作目よりも成長した彼らの色気を感じられます。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP12「Got Love If You Want It」

(発売日:2013年4月10日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP12は、2013年発売のEP「Blue Collar Jane」収録の「Got Love If You Want It」です。

1964年にブルースシンガーのスリム・ハーポのデビュー曲のカバーで、数々のUKロックシンガーもカバーをしてきた名曲。ハーモニカ演奏とブルース調のメロディは懐かしさと新しさを同時に感じます。
平均年齢16歳で出した曲とは思えない完成度の高さに驚きの声を上げた感想も多く、日本でも多くの人が注目した1曲でした。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP11「I Need To Be Your Only」

(発売日:2015年7月15日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP11は、2枚目のフルアルバム「Little Victories」収録の「I Need To Be Your Only」です。

オリジナル曲としても評価の高い1曲。女性を一途に思う男性の激しい愛情を歌った歌詞を、10代にしてサラッと歌いこなしてしまうのは、彼らの持つ音楽性の高さがなしてしまうワザ。踊るようなベースサウンドも気持ちいいですね。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP10「A Good Night’s Sleep And A Cab Fare Home」

(発売日:2015年7月15日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP10は、2枚目のフルアルバム「Little Victories」収録の「A Good Night’s Sleep And A Cab Fare Home」です。

これまでに紹介した曲の中でも、少し激しさを抑えた曲調が特徴的な1曲。雨の日や夜に聞きたいという感想も多く、少し感傷的な雰囲気を感じさせてくれるミディアムテンポのナンバーですね。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP9「Scumbag City」

(発売日:2015年7月15日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP9は、2枚目のフルアルバム「Little Victories」収録の「Scumbag City」です。

メインボーカルのロス・ファレリーとギター&ボーカルのジョシュ・マクローリーのツインボーカルが楽しめる1曲。ロックでありながらポップなサウンドが病みつきになり、ついついリピートが止まらなくなるという感想も多い楽曲です。
MVではシュールなストーリーが展開していきます。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP8「Get Into It」

(発売日:2015年7月15日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP8は、2枚目のフルアルバム「Little Victories」収録の「Get Into It」です。

本人たちが「演奏してみたらレッドツェッペリンのようなサウンドになった」と語る1曲は、ハードロック調の渋さを感じるサウンドが特徴。曲間のハーモニカが重さのある曲調にキリリとシャープさを与えてくれてます。
昔ながらのメロディとは異なる、現代のSNS文化を表現したような歌詞は、2010年代のロックシーンならではですね。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP7「Eighty-Four」

(発売日:2015年7月15日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP7は、2枚目のフルアルバム「Little Victories」収録の「Eighty-Four」です。

こちらもメインボーカルのロス・ファレリーとギター&ボーカルのジョシュ・マクローリーのツインボーカルを楽しめる1曲。イントロからスピード感あふれるメロディで、ライブでは大盛り上がりのナンバーです。初期のローリングストーンズを思い起こすという感想もありました。

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP6「You Can’t Judge A Book」

(発売日:2013年9月11日)

THE STRYPES(ストライプス)おすすめ・人気曲ランキングTOP6は、1枚目のアルバム「Snapshot」に収録された「You Can’t Judge A Book」です。

アメリカ出身のロック歌手ボ・ディドリーが1962年にリリースしたナンバーをカバーした1曲。後に多くのUKロックシーンに影響を与えたアーティストのナンバーを再びフューチャーし、R&B調の原曲からポップなパブサウンドに昇華。当時聞いた人には10代とは思えない完成度に驚きの感想を与えました。

TOP5以降の楽曲紹介はこちら!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。