THE BACK HORNのおすすめアルバムTOP5!バンドプロフィールもまとめてチェック!

人気ロックバンドとして大型フェスの常連にもなっているTHE BACK HORN。今回はそんな彼らのおすすめアルバムTOP5をご紹介します。「どのアルバムから聴けば良いかわからない…」そんなTHE BACK HORN初心者の方にもおすすめ!バンドプロフィール、ファンの感想などもあわせてチェックしていきますので、ぜひ見ていってくださいね。

THE BACK HORNのおすすめアルバムTOP5をご紹介

(出展:pixabay)

日本を代表する人気ロックバンドのひとつ、THE BACK HORN。オリジナリティあふれる彼らのサウンドは、これまで多くの音楽ファンを虜にしてきました。ここではそんなTHE BACK HORNのおすすめアルバムTOP5をご紹介します!

また、今回はアルバム紹介とともにバンドプロフィールやファンの感想もまとめて見ていきましょう。初心者におすすめの作品もラインクインしていますので、これから聴きたいと思っている方も参考にしてみてくださいね!

こちらの記事もおすすめ!

THE BACK HORNのプロフィールをおさらい

おすすめアルバムTOP5をチェックする前に、まずはTHE BACK HORNのプロフィールをまとめておきます!

メンバープロフィール

山田将司(Vo)

1979年10月8日生まれ、茨城県出身。A型。

 

菅波栄純(Gt)

1979年10月16日生まれ、福島県出身。A型。

 

岡峰光舟(Ba)

1979年10月14日生まれ、広島県出身。A型。

 

松田晋二(Dr)

1978年5月24日生まれ、福島県出身。B型。

THE BACK HORNの経歴

結成は1998年。東京・下北沢を中心に活動し、インディーズシーンで人気バンドへと成長します。

シングル「サニー」で2001年にメジャーデビューした以降は、作品リリースとツアーを重ね、数々の音楽フェスに出演。日本のロックシーンを担うバンドの地位を確立しました。

2005年には台湾・スペインのフェス出演を機に海外進出。作品は10数カ国でリリースされています。もちろん国内でも、「FUJI ROCK FESTIVAL」「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」などの代表的な大型フェスに欠かせない存在です!

2017年は、6年ぶりとなる日比谷野外音楽堂でのワンマンライブ、9mm Parabellum Bullet、Nothing’s Carved In Stoneとともにまわるスプリットツアーなどの開催も決定。ファンの期待も高まっています!

“KYO-MEI”をテーマに作り上げるTHE BACK HORNの楽曲は、独自の世界観が色濃く表現され、多くのファンを魅了。

映像作品のタイアップがついたり、クリエイターとコラボレーションしたり…単なるロックバンドの枠を超えたセンスが光るバンドと言えるでしょう。

続いては、おすすめアルバムTOP5をチェックしていきます!

THE BACK HORNのおすすめアルバム第5位:人気アニメ劇場版の主題歌も収録!『アサイラム』

THE BACK HORNのおすすめアルバム第5位:『アサイラム』(発売日2010年9月15日)

『アサイラム』はTHE BACK HORN8枚目のオリジナルアルバム。「戦う君よ」「閉ざされた世界」といったシングル曲のほか、「ラフレシア」「汚れなき涙」「パレード」などの人気曲を含めた全11曲が収録されています。

『劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-』の主題歌に起用された「閉ざされた世界」を聴くと、映画の名場面を思い出すというファンは多いかもしれませんね。

全体的に流れが良いアルバムとしておすすめ。ファンの間でも「近年のリリース作品では一番好き」といった感想が上がっており、古くからTHE BACK HORNを聴いていても新しい魅力が発見できる1枚といえるでしょう!

THE BACK HORNのおすすめアルバム第4位:孤高のロックバンドの在り方を提示した『イキルサイノウ』

THE BACK HORNのおすすめアルバム第4位:『イキルサイノウ』(発売日:2003年10月22日)

2001年にオリジナルメンバーのベーシストが脱退したのち、翌年に岡峰光舟を後任に迎えたTHE BACK HORN。『イキルサイノウ』は、その新体制でリリースされたアルバムです。

黒沢清監督の映画『アカルイミライ』主題歌「未来」をはじめ、「光の結晶」「生命線」などのヒットシングルを含む全11曲を収録しています。

「イキルサイノウ」という独特のタイトルづけも、多彩な収録曲もTHE BACK HORNらしさ全開のおすすめアルバムです。孤高のロックバンドとしての地位を確立した作品と言える1枚でしょう!

ファンのツイートでも「バクホンらしい」といった感想があがっています。

また、2014年にはメンバー自らが企画・演出する「マニアックヘブンVol.8」で本作を完全再現するというステージを披露!多くのファンの度肝を抜いたのは記憶に新しいところです。

THE BACK HORNのおすすめアルバム第3位:結成10周年目の傑作『パルス』

THE BACK HORNのおすすめアルバム第3位:『パルス』(発売日:2008年9月3日)

『パルス』はTHE BACK HORNの結成10周年を記念して作られたアルバムです。「罠」「覚醒」「生まれゆく光」などを含む全11曲を収録しています。

『機動戦士ガンダム00』EDテーマに起用されたシングル曲「罠」はバンド初のアニメタイアップ、そしてオリコンTOP10入りという記念すべき曲となりました。

全体的にやや暗めの印象もありますが、ファンにとってはおすすめアルバムのようで、一番好きな作品として挙げているツイートも多いです。

THE BACK HORNのおすすめアルバム第2位:人気の高い名盤『ヘッドフォンチルドレン』

THE BACK HORNのおすすめアルバム第2位:『ヘッドフォンチルドレン』(発売日:2005年3月16日)

『ヘッドフォンチルドレン』はTHE BACK HORN4枚目のオリジナルアルバム。「コバルトブルー」「夢の花」「キズナソング」など全11曲が収録されています。

収録曲のひとつ「レクイエム」は映画『CASSHERN』挿入歌に起用。イントロからAメロでずっと繰り返される奇怪なムードのギターリフがとても印象的なおすすめ曲です。

ファンのツイートでは「全体のバランスが良い」という感想が並び、お気に入りのアルバムとして挙げられることも多い作品。THE BACK HORNの代表的な名盤と言えるでしょう!

THE BACK HORNのおすすめアルバム第1位:オイシイとこ取りの『BEST THE BACK HORN』

THE BACK HORNのおすすめアルバム第1位:『BEST THE BACK HORN』(発売日:2008年1月23日)

第1位はTHE BACK HORN結成10周年を記念してリリースされた『BEST THE BACK HORN』です。全25曲が2枚組に収録されたベストアルバムで、シングル曲だけでなく、ライブの定番曲や隠れた名曲なども入っています。

THE BACK HORNをこれから聴いてみたい方におすすめ!

聴きどころはインディーズ時代の名曲「風船」「冬のミルク」。「冬のミルク」はバンドで初めて作った曲であり、結成メンバーの強い思いから、再レコーディングされています!

ファンにとっても、「まず聴いてみて!」とおすすめするのは本作のようです。

こちらの記事もおすすめ!

THE BACK HORNのライブを見に行こう!

THE BACK HORNのプロフィールやファンの感想と、おすすめアルバムTOP5をまとめてご紹介しました。どのアルバムから聴いても彼らの魅力は伝わりますが、初心者の方はまず今回チェックしたアルバムから手に取るのがおすすめ!

また、THE BACK HORNはライブでのパフォマーンスにも定評があります。ぜひ彼らのライブにも足を運んで、その世界観に浸ってみてくださいね。

(敬称略)

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。