The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)の人気おすすめ曲ランキングTOP5!ガールズバンドなのにブラザーズ!?

The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)という3ピースガールズバンドをご存知でしょうか?メンバーは東京都立世田谷総合高等学校の軽音楽部で出会い、2010年に結成されました。2016年リリースの2ndミニアルバム「シーサイド81」はタワーレコードのバイヤーがおすすめするアーティスト、「タワレコメン」に選出されたり、スペースシャワーTVがブレイクを期待するアーティストの「NEW FORCE」にも選ばれるなど、確実に評価されてきている人気バンドです!今回はそんなThe Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)のおすすめ人気曲をランキング形式で紹介していきます!おすすめ曲をランキングからチェックしてThe Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)の魅力に浸ってみてください!

The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)ってどんなバンド?

都内を中心に活動の幅を広げている今最も旬なガールズバンド、The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)。
爽やかなメロディに乗せて儚げに響くボーカル真舘晴子さんの歌声は、一度聴いたら虜になってしまいます。
今回は、そんなThe Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)のプロフィールやおすすめ曲について探っていきます!
最旬バンドのフレッシュな雰囲気をぜひ堪能してみてください。

The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)のプロフィール

The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)は2010年に結成された3ピースガールズバンドです。

The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)のメンバー

  • 真舘晴子(Vo / G)
  • 和久利泉(Ba)
  • 渡辺朱音(Dr)

彼女たちは東京都立世田谷総合高等学校の軽音楽部で出会い、結成直後はメンバー編成が同じということでチャットモンチーのコピーをしていたそうです。
顧問の先生の勧めによりオリジナル曲の制作も始めて、高校二年生くらいから学外のライブにも出演し、経験を積み重ねていきました。
また、ガールズバンドなのにバンド名がなぜブラザーズなのか?ということが気になる方もいらっしゃると思いますが、バンド名の由来についてボーカルの真舘晴子さんがインタビューで語っていました。

父がたまたま聴いていたアメリカのソウルコーラスグループ「The Isley Brothers」を文字ってつくってくれたんです。意味を考えるというよりも、字面のバランスの良さや音の響きで「“wisely”っていいね」、と言って名付けてくれました。

(出典:i-Dより)

真舘さんのお父さんがバンド名の名付け親だったんですね!
ちなみに、真舘さんのお父さんはアート・ディレクターでグラフィック・デザイナーの真舘嘉浩さんです。
渋谷のレコード店「Manhattan Records」のロゴデザインなどを手掛けているそうです。
真舘さんは音楽好きなお父さんの影響を受けているようです。
高校卒業後もそれぞれの進路を歩みつつ、下北沢や新宿などを拠点にライブを続けていた彼女たち。
2016年リリースの2ndミニアルバム「シーサイド81」はタワーレコードのバイヤーがおすすめするアーティスト、「タワレコメン」に選出されたり、スペースシャワーTVがブレイクを期待するアーティストの「NEW FORCE」にも選ばれたりと、今後の活躍も要チェックなガールズバンドです!

The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)のおすすめ曲TOP5

第5位 Thursday

2017年3月29日にリリースされた1st EP「HEMMING EP」の三曲目に収録されています。
この曲は元々英語詞の予定でしたが、プロデューサーの片寄明人さんの提案により日本語の歌詞となったそうです。
この曲のミュージックビデオはデジタルマガジン「2⊿_7」(トゥーフォーセブン)が企画し、ファッションブランド「ZUCCa」が衣装を担当、制作をメディアレーベル「lute」が担当したコラボレーション作品です。
ぜひ衣装にも注目してミュージックビデオを見てみてください。

第4位 鉄道

2016年7月13日発売の2ndミニアルバム「シーサイド81」の三曲目に収録されています。
この曲のミュージックビデオはボーカルの真舘晴子さんが脚本やストーリーに関わって制作されたものです。
真舘さんは香りにとても影響を受けるそうで、香りからインスピレーションを受けて曲を作ることもあるそうです。
この曲も、コーヒーやタバコなど、「香り」がキーワードになっている曲です。

第3位 サウザンド・ビネガー

2017年3月29日にリリースされた1st EP「HEMMING EP」の一曲目です。
「センスなし子」というワードが印象的で、若い女性なら共感できそうな内容の曲に仕上がっています。
この曲のタイトル、「サウザンド・ビネガー」ですが、不思議なタイトルですね。
どうやらサウザンドビネガーを和訳すると千の酢、つまり「センス」ということのようです。
この曲の歌詞を書いたのはドラムの渡辺朱音さん。
高校二年生、17歳の時に初めて書いた歌詞だそうです。
この曲のミュージックビデオはYouhei Hagaさんという方が監督を務めています。
シャムキャッツやクリープハイプなどのミュージックビデオの監督もしている方です。

第2位 トビラ

2014年10月22日に発売された1stミニアルバム、「ファミリー・ミニアルバム」の一曲目に収録されています。
作詞作曲はボーカルの真舘晴子さんです。
森の中での演奏シーンや、公園で遊んでいる姿などから普段からの仲の良さが感じられます。
また、撮影した映像を逆回しにして不思議な映像に見せるという逆再生の手法がところどころで使われているので、
どこで逆再生が起こっているのかにも注目して見てみてください。

第1位 メイプルカナダ

2016年7月13日リリースの2ndミニアルバム「シーサイド81」の一曲目に収録されています。
この曲のミュージックビデオの監督は林響太朗さん。
yonigeやWEAVERなどのミュージックビデオも手掛けている方です。

The Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)のおすすめ記事

今後も目が離せない!


(出典:PAKUTASOより)

今回は3ピースガールズバンドThe Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)のプロフィール・おすすめ曲TOP5・SNS上での感想についてまとめてみましたが、いかがでしたか?
今後の活躍もますます期待されるバンドなので、要チェックです!
長野県・松本市で9月23・24日に行われる「りんご音楽祭2017」や、兵庫県・神戸市で9月2・3日に行われる「港町ポリフォニー2017」への出演も決定しています!
今回の記事でThe Wisely Brothers(ワイズリーブラザーズ)に興味を持ったという方はぜひライブにも足を運んでみてください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。