新世代バンドTHE VAMPSのPV、ライブ動画をYouTubeでご覧あれ!

気をつけていただきたいのはL’Arc~en~CielのやっているバンドはTHEのつかないVAMPSなので要注意(笑)。

ここで紹介するザ・ヴァンプスYouTubeでヒット曲のカヴァー曲をアップしてメジャーデビューにこぎつけた愛らしいルックスと美しいハーモニーのイギリスのボーイズバンド。

たとえばティラー・スウィフトの「22」をアイドル気分満点で自宅らしきところでカヴァーしてたりね。

年端もいかないジャニーズJr.的ルックスで絶妙なハーモニー

ほらもう、完全に誰かん家。

さながらニコニコ動画でいうところの「歌ってみた」「演奏してみた」みたいな動画がきっかけで人気が出たのです。

「Taylor Swift – 22 (Cover By The Vamps)」

キーの高いブラッドリーは女性の曲を選ぶのが多いみたい。

今からシーンを熱く盛り上げるだろう新星グループ、要青田買い!

さらにこんなふうにマイリー・サイラスの曲もやってたり…。

「Miley Cyrus – We Can’t Stop (Cover By The Vamps)」

まだスケボーに夢中で転んで膝小僧を血まみれにしてそうな雰囲気なのに、この歌力。すごいと思いませんか?

1990年代中盤生まれのほとんどティーンエイジャーのグループ。でもその注目度は高く、絶大な人気を近々手に入れるに違いません。ええ、絶対!

もちろんカヴァー曲だけじゃしょうがない、オリジナルもいいんです!

そんなこんなでYouTubeをきっかけにメジャーデビューを果たした彼ら
ものの見事に甘酸っぱいこの曲で、全米を一気にキュンとさせちゃったのです。

Can We DanceをAmazonでチェック!

「Can We Dance」

アイドル系だと侮るなかれ、ブラッドリーくんのこの突き抜けるようなヴォーカル。ほんと度肝を抜かれます。女子なら腰くだけます。他のメンバーの方も演奏、うまいじゃん!

とくにYouTube時代はドラムセットを叩かせてもらえなかった(民家だからね)トリスタンくんのドラミングも派手ですごいんだ!

Can We DanceをAmazonでチェック!

THE VAMPSの他のオススメ記事

THE VAMPSのライブに行ってみよう!

もちろんチケットキャンプではTHE VAMPSのチケットを取扱中。こんなTHE VAMPSのナマの魅力に触れるために、ぜひ会場に行ってみよう!

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。