THE USED(ユーズド)の絶叫が堪能できるPV5選!

2002年、静と動を織り交ぜたサウンドと、衝撃的な絶叫ボイスを引っ提げてデビューしたTHE USED

初期衝動の勢いそのままに突っ走ったデビュー作から、次第に巧みなアレンジで円熟味を感じさせるスタイルへと進化していき、これまでに幅広い層の支持を獲得してきました。

そんなTHE USEDが、全米ビルボードチャートで8位を獲得した最新アルバム「Imaginary Enemy」と共に、2年ぶりとなる来日公演を行うことが決定しました!日程は、8/2(日)大阪LIVE HOUSE soma、8/3(月)恵比寿LIQUIDROOMとなっています。楽しみですね!

さて、THE USEDの魅力というと様々あると思いますが、なんといってもフロントマン、バート・マクラッケンによる唯一無二の「絶叫」ではないでしょうか。

今回は来日を記念して、THE USEDの楽曲の中から、バートの絶叫が堪能できるPVを彼の絶叫度具合でランキング形式にしてみました。それでは、バートの驚異的な絶叫をお楽しみください!

THE USED(ユーズド)の絶叫が堪能できるPVランキング!5位は「Put Me Out」

第5位は、2012年発表のアルバム「Vulnerable」収録の「Put Me Out」です。

グルーヴィなギターイントロからバートのシャウトで幕を開け、そのあともバートの絶叫が随所に登場する絶叫堪能ソングとして申し分ありません!

そして、中盤での大絶叫へとつながるわけですが、このパートはライブでも大合唱必至となっています。今度の来日公演で演奏されれば、ものすごい盛り上がりを見せることでしょう!

たばこの着ぐるみを着ている冴えない男が、THE USEDのライブで大活躍するというシュールなPVも印象的ですね。

THE USED(ユーズド)の絶叫が堪能できるPVランキング!4位は「Pretty Handsome Awkward」

第4位は、2007年発表の「Lies for the Liars」に収録された「Pretty Handsome Awkward」です。

曲が終盤に向かうにつれて、どんどんテンションを上げていくバートの絶叫!狂気にも似た、これまでのTHE USEDにあまりなかったスタイルですよね。

ちなみに、この曲は、バートの悪友であり、当時いろいろと問題を抱えていたマイ・ケミカル・ロマンスのジェラルドのことを歌ったものだと、ファンの間では囁かれていますよね。バート本人は否定していますが、歌詞を読むとそうとしか思えないんですが、皆さんはどう感じましたか?

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。