the telephones「urban disco」は、真面目にバカできるダンスナンバー!

埼玉県さいたま市を中心に活動しているロックバンド、the telephones。北欧のカルチャーを思わせるダンスナンバーでお馴染みの4人組みです。

今回紹介したいのは、「urban disco」という曲。2007年発売のミニアルバム「We are the handclaps ep.」の最初と最後を飾っているのがこの曲です。

タイトル通りの踊りだしたくなるような曲。みなさんお楽しみください。

the telephones「urban disco」のプロモーションビデオをYouTubeでチェック!

こちらはthe telephonesの「urban disco」のプロモーションビデオです。

曲だけでなく、プロモーションビデオも凝った作りのおしゃれな仕上がり。一見の価値ありです。

the telephones「urban disco」のライブ動画はこちら!

こちらはthe telephones「urban disco」のライブ動画です。

曲中で「I am disco!」と叫んでいるのが印象的ですね。

the telephonesはインタビューでこのように語っています。「真面目にバカできる単語を探しています。」

まさに、このフレーズを象徴するような言葉です。

the telephones「urban disco」は、DJやついいちろう「プラチナディスク」にも収録

お笑い芸人エレキコミックのボケ担当であり、DJとしても活動しているやついいちろうさん。

彼がDJとしてリリースしたリミックスCD「PLATINUM DISC」にも、the telephones「urban disco」が収録されています。

31曲ノンストップで聴けるこのリミックスアルバム。こちらも聴いてみて損はありませんよ!

the telephonesのおすすめ記事

the telephonesのライブに行けば、「urban disco」も生で聴けるかも

the telephonesの「urban disco」はいかがでしたか?軽快なダンスナンバー、ライブでも聴きたくなったことと思います。2015年には、the telephonesは日本武道館での単独公演を行います。チケットはもう入手しましたか?まだ入手できていない方はチケットキャンプを見るのがおすすめです。チケットキャンプではthe telephonesの日本武道館単独公演のチケットを取り扱っています。ぜひチェックしてみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。