the sad sad planet(サップラ)の15周年ライブ~アイノコトバ~の基本情報と見どころまで!

the sad sad planet(サップラ)15周年ライブ~アイノコトバ~の日程、会場などの概要、見どころをチェック!デビューから15周年を迎えたストリート系男女2人組ユニット・the sad sad planet(サップラ)。今年2017年は6月にリリースされた最新曲「アイノコトバ」を引っ提げてのライブが開催されます!今回はそんなthe sad sad planet(サップラ)の15周年ライブ~アイノコトバ~の日程、会場などの概要から当日の見どころまでを紹介していきます。

the sad sad planet(サップラ)の15周年ライブ~アイノコトバ~の基本情報と見どころまで!

熱い魂をそのまま歌い上げるようなボーカルが魅力的なthe sad sad planet(サップラ)

ライブハウスで行われるライブとは別に、毎週末新宿の街でのストリートライブを中心とした活動を行ってきたthe sad sad planet(サップラ)は、何よりも自分たちらしさ、世界観を大切にしているユニットです。

しばらく楽曲のリリースがなかったthe sad sad planet(サップラ)ですが、今年2017年6月にシングル「アイノコトバ」を発売してファンを喜ばせてくれました。

加えて、デビューから15周年となる今年はイベントやライブの多い年!

今回はそんなthe sad sad planet(サップラ)の15周年ライブ~アイノコトバ~の日程や会場などのライブ概要や、見どころを紹介していきます。

the sad sad planet(サップラ)の15周年ライブ~アイノコトバ~の概要


【画像:GAHAG

それではthe sad sad planet(サップラ)の15周年ライブ~アイノコトバ~の日程・会場などのイベント概要について紹介していきます。

日程

2017年11月11日(土)
OPEN 17:30 / START 18:00

料金

15周年記念特別価格 前売 1,500円(税込)
※入場時ドリンク代別途

会場

SHIBUYA TAKE OFF 7

〒150-0042
東京都渋谷区宇田川町32-12 アソルティ渋谷B1F
TEL:03-3770-7755(代表)

会場となるのは有名ライブハウスやクラブがひしめく渋谷区・宇田川町。

キャパシティーはオールスタンディング時200人と、一般的なライブハウスの規模です。
ホール等と比較すると小規模な会場のため、the sad sad planet(サップラ)メンバーを身近な距離で観ることができます。

ライブハウスならではのステージとの一体感が魅力ですね。

the sad sad planet(サップラ)の15周年ライブ~アイノコトバ~の見どころは?


【画像:PAKUTASO

the sad sad planet(サップラ)の15周年ライブ~アイノコトバ~では、今年2017年6月発売の最新シングル「アイノコトバ」の収録メンバーが集うとのこと。「the sad sad planet(サップラ)史上最高のライブをお届けします」とのコメントもあり、期待が高まります。
ファンにとっては感慨深く、大きな見どころとなりそうです。

4月に原宿ストロボカフェで開催された「サップラ15周年記念感謝祭~お楽しみ会~」では基本的にそよぎさんと工藤さんのみの出演で、前半と後半に分けた構成でした。

前半はMCと秘蔵映像、後半はアコースティックライブという内容です。

今回も同じく15周年を記念したライブですので、何か特別な内容が企画されているかもしれませんね!

新曲リリースから新たな活動にも期待が高まるthe sad sad planet(サップラ)

デビューから15周年を迎え、新曲「アイノコトバ」で成熟したアーティストの力を見せつけたthe sad sad planet(サップラ)
単なるストリート系男女2人組ユニットではなく多くの人の心を揺さぶるような楽曲を届けてくれる2人は、15年という年月で作り上げてきた世界観を、ライブでどのように見せてくれるのか楽しみですね。

長年のファンにとっても、最近the sad sad planet(サップラ)に興味が湧いたという人にとっても、見どころたくさんのライブとなりそう。今回ご紹介した会場、日程などのライブ概要と見どころをしっかりチェックして、ぜひ足を運んでみてくださいね。

また、工藤こうじろうさんが手掛けた楽曲が「親子の室内あそび場 ボーネルンド キドキド」のCMタイアップとなるなど、活動の幅も新たな領域へと広げているthe sad sad planet(サップラ)は、今後ますます「サップラー」を増やしていきそうです。

邦楽・女性ボーカルの他のおすすめ記事

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。