日本人離れした音楽センスが光る! The fin.(ザ・フィン)の人気おすすめ曲ランキングTOP5!

2010年に結成され、日本人離れした音楽性から人気を集める兵庫県・神戸市出身のロックバンドThe fin.(ザ・フィン)。2013年にSoundCloudで公開された「Night Time」が国内外で話題となり、国内のロックフェスティバル以外にも海外でのフェスにも参加するなど、ますます注目を集めています。今回はそんなThe fin.(ザ・フィン)のプロフィールと人気おすすめ曲ランキングTOP5、発売日やミュージックビデオ、SNS上での感想についてまとめてみました!人気おすすめ曲ランキングとプロフィール情報をチェックして、The fin.(ザ・フィン)の世界観に浸ってみてください。

The fin.(ザ・フィン)のプロフィール

The fin.(ザ・フィン)は2010年に結成された兵庫県・神戸市出身のロックバンドです。

現在のメンバーは3人です。

The fin.(ザ・フィン)のメンバー

  • Yuto Uchino ボーカル・ギター・シンセサイザー
  • Ryosuke Odagaki ギター
  • Kaoru Nakazawa ドラム

2017年2月から体調不良を理由に活動を休止していたベースのTakayasu Taguchiは2017年5月にThe fin.(ザ・フィン)を脱退しました。
Takayasu Taguchiの脱退以降はサポートメンバーを迎えてライブ活動をしています。

2016年から音楽活動の拠点をイギリス・ロンドンに移して活動しています。
若手バンドですが、海外でのライブも積極的に行っています。
SoundCloudやYouTubeを通じて、海外での知名度も高く、イギリスやアメリカ、タイや韓国などアジアでも人気があります。
歌詞が英語詞ということもあり、国境を越えてたくさんの音楽ファンの注目を集めているようですね。
英語詞で歌うことについてボーカルのYuto Uchinoはインタビューで以下のように語っています。

高校の時から日本語で歌ってたんですよ。日本人やから日本語でやらないとってこだわりがあって。でも聴いてた量は洋楽の方が圧倒的に多かったので、出てくるのは洋楽のリズムなんですよ。それに日本語を入れようとするんでめっちゃ難しくて。自由度がなかったから歌うのが楽しくなかったんですよ。ギターを弾いている方が好きなくらいで。それではアカンなってずっと思ってて。

日本語でやって日本の中だけでやるのもいいんですけど、英語を使って音楽性も広げて色んな人に拾ってもらいたいっていうか。

(出典:BELONG Mediaより)

音楽的ルーツに洋楽がある彼らなので、海外での活動にも積極的なようですね!
2017年にはモンゴルと韓国でもライブを行っています。
今後もますます様々な国でThe fin.(ザ・フィン)のライブを見ることができそうです。

The fin.(ザ・フィン)のおすすめ曲TOP5

第5位 Faded Light

2014年3月19日にリリースされた「Glowing Red On The Shore EP」の5曲目。
このEPのボーナストラックにはFaded Lightのアコースティックバージョンも収録されています。
この曲のミュージックビデオはメンバーが撮影したものになっています。

海外でビデオ撮ったら面白いねって言ってて。iphoneのアプリで8mmフィルム風に映像加工できるものがあるんですよ。それを使って交互にカメラ回して、旅路を撮ってたんですよ。帰って音と合わせて編集したら思ったよりも良くて。

(出典:BELONG Mediaより)

みんなでイギリスとフランスを3週間くらい旅行したことがあるんですけど、その旅行から帰ったらレコーディングするってことは事前に決めてて。だったらそのミュージック・ビデオをここで撮ってみようと思って、旅行中にずっとカメラを回してたんです。

(出典:OTOTOYより)

iPhoneを使って撮られているとは驚きですね!

第4位 Through The Deep

2016年3月16日リリースの「Through The Deep」からの表題曲。
彼らの楽曲である「Night Time」「Till Dawn」のミュージックビデオを制作した関根光才さんが監督を務めています。
関根光才さんが手掛けた他のアーティストのミュージックビデオはAKB48「恋するフォーチュンクッキー」やMr.Children「足音〜Be Strong」などがあります!
このミュージックビデオに出演しているかわいらしい女性ですが、台湾のモデル・ 女優のピピ(ヤオ・アイニン)という方だそうです。
ミュージックビデオもワールドワイドに作られているようです。

第3位 Till Dawn

2014年12月3日に発売された1stアルバム「Days With Uncertainty」の10曲目に収録されている曲です。
この曲も監督を務めているのは関根光才さんです。
このミュージックビデオの撮影は撮影は今年3月に行なわれたUSツアー中に行なわれています。
ポラロイド写真を通して世界を旅する映像作品となっています。

第2位 Without Excuse

1stアルバム「Days With Uncertainty」の8曲目に収録されています。
このミュージックビデオの撮影場所はアイルランド・ダブリン。
アイルランドの自然とダブリンの街で撮影されたオフショットが組み合わされています。

第1位 Night Time

2013年にSoundCloudにアップされて反響を呼び、The fin.(ザ・フィン)が世に知られるきっかけとなった曲です。
こちらも1stアルバム「Days With Uncertainty」に収録されています。

emmaさん(@okss2121)がシェアした投稿

このミュージックビデオに出演しているのはモデルのemmaさんです。

The fin.(ザ・フィン)のおすすめ記事

ますます目が離せない!


(出典:PAKUTASOより)

今回はThe fin.(ザ・フィン)のプロフィール、おすすめ曲TOP5、発売日やミュージックビデオ、SNS上での感想についてまとめてみましたが、いかかでしたか?

海外でも通用する音楽性を持つバンドなので、知っていると周囲の人に音楽通だと思ってもらえるかもしれませんね!
FUJI ROCK(フジロック) 2017へも出演し、2017年9月には日本の5都市を巡るツアーを開催することになっています。
今回の記事で興味を持った、という方はぜひライブに足を運んでみてください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。