THE BAWDIES (ボーディーズ) チケット
THE BAWDIESの厳選ライブ動画集!「HOT DOG」などテンションが上がるボーディーズのサウンドまとめ♪

王道のリズム&ブルースやロックンロールを継承し、そこに自分たちの新しさをトッピングした、何とも耳障りの良いサウンドを奏でるバンド。それが「THE BAWDIES」です。

メンバーは、ボーカル&ベースのROY(ロイ)、ギター&ボーカルのTAXMAN(タックスマン)、ギターのJIM(ジム)、ドラムスのMARCY(マーシー)です。

TAXMAN以外の3人は小学校時代からの同級生で、高校生のときにTAXMANとも出会い、バンドを結成しました。インディーズ時代には、オーストラリアでのツアーを敢行して現地の人から歓声を浴びるなど、その実力はホンモノです。

それでは、ここからは、THE BAWDIESを知る上で欠かせない5曲を紹介していきたいと思います。

THE BAWDIES 動画 ライブ
(出典:NAVERまとめ)

THE BAWDIESらしさが詰まった一曲

まず最初にご紹介するのは、PENTAXのデジタル一眼カメラ「PENTAX Q7」のCMタイアップ曲となった「THE SEVEN SEAS」です。

THE BAWDIESらしさが詰まったこの曲を聴けば、「あぁ、THE BAWDIESってこういうバンドね!」というのが、すぐにお分かり頂けるかと思います。その爽快なリズムを聴けば、思わず気持ちまで明るくなって、ドライブにでも行きたくなっちゃいます♪

向井理も絶賛!初のドラマ主題歌

6枚目のシングル「ROCK ME BABY」は、THE BAWDIESにとっての「新たなる幕開け」と位置付けられていると共に、テレビドラマ「ハングリー!」の主題歌にもなっています。

ハングリー!の主演を務めた俳優の向井理は、『初めてデモテープを聴いたとき、シンプルだけど無駄がなくて、かっこよくて、THE BAWDIESらしいなと思いました。渋めの声と音で、かっこいいけど、ちょっと懐かしいロックの感じがあって、素敵な曲です。』と、この曲を絶賛しています。

ザ・ロックンロールなこの一曲は要チェックです!

ボーカルROYのセクシー&ハスキーボイスをたっぷり堪能できるデビュー曲

メジャーデビュー後、1枚目のシングルとなる「IT’S TOO LATE」は、ボーカルROYの声の魅力を感じさせる一曲です。

まだ20代とは思えないセクシー&ハスキーボイスで、その才能を存分に見せつけています。途中で出てくるシャウトもかっこいい!この動画を観れば、あなたもTHE BAWDIESのファンになること間違いなしです。

そして、ボーカリストROYとしての素晴らしさを感じられるもう一つの曲が「HOT DOG」です。HOT DOGとは、アメリカの俗語で「離れ業の持ち主」という意味だそうですが、確かにTHE BAWDIES自身ががHOT DOGですね(笑)

メンバーが憧れるポール・ウェラーも認めたアルバム

通算3枚目のアルバムとなる「THIS IS MY STORY」には、メンバーもファンも胸が熱くなるサイドストーリーが隠れています。

2009年、メンバーが憧れるポール・ウェラーが来日した際、この新作アルバムを本人に手渡したところ、ポールはすぐに視聴し、その音楽の質の高さを褒めてくれたといいます。

さらに、突然、翌日のライブのオープニングアクトを打診されたそうですが、THE BAWDIESは自分達のライブがあったため、残念ながら実現には至りませんでした。

それにしても、憧れの人から認められるなんて……そのときのメンバーの喜びは想像に難くありませんよね。それでは、最後にこのアルバムからシングルカットされた曲「EMOTION POTION」の動画をお送りします。

THE BAWDIESのおすすめ記事

ライブでTHE BAWDIESの魅力を堪能しよう!

THE BAWDIESの魅力は伝わりましたでしょうか?彼らの音楽をもっと感じられる場所、それがライブです。

チケットキャンプはTHE BAWDIESのチケットも取り扱っていますので、みなさんも一度、生THE BAWDIESを観にってみませんか?

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。