THE BACK HORN (バクホン)  チケット
THE BACK HORNの歌詞ランキングベスト5!

日本の人気ロックバンド、THE BACK HORN。1999年にメジャーデビュー後、精力的な活動を続けています。

THE BACK HORNの特徴は、バンドで作曲をして、作詞はギターを担当する菅波 栄純が書いていることがあげられます。ここではそんなTHE BACK HORNの心に響く歌詞をランキング形式でご紹介していきます。ぜひ参考にしてくださいね。

THE BACK HORN 歌詞
(出典:www.excite.co.jp)

THE BACK HORNの心に響く歌詞ランキング第5位は、不器用だけど蹴散らして進む「ビリーバーズ」

第5位にランクインしたのは、2014年4月9日に発売されたアルバム『暁のファンファーレ』に収録されている「ビリーバーズ」。
様々な困難を超えてきたTHA BACK HORNだからこその説得力のある言葉だと言えます。
諦めることなく、前進すること、これは大切なことだと言えそうです。

「ビリーバーズ」

転がる岩石になって諦めを蹴散らして進むんだ
賢い選択とは言えねえ
断然無礼な声暴れ出す

THE BACK HORNの心に響く歌詞ランキング第4位は、こわれもんさ「コワレモノ」

第4位にランクインしたのは、2014年2月19日に発売されたシングル「シンメトリー」に収録されている「コワレモノ」。
言葉遊びが秀逸なナンバー。この強烈なメッセージをあなたはどう受け止めますか?
THE BACK HORNが書く衝撃的なメッセージと言えるのではないでしょうか。

「コワレモノ」

人気もんも嫌われもんもみんな仲良くこわれもんさ
怒りん坊 さみしん坊 甘えん坊 きかん坊に暴れん坊
いい善人 悪い善人 いい悪人 悪い悪人も
みんな愛しきこわれもんさ

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。