アルフィー坂崎氏のラジオトークが面白い!

THE ALFEE2015春ツアー「BEST HIT ALFEE 2015」も楽しみなTHE ALFEE。結成から40年を過ぎた今でもほんとに仲がいいですよね。インタビューやTV番組などでの3人のトーク、掛け合いって絶妙で大好きです。

さて、中でもラジオ番組でおもしろトークをバンバン披露しているのが坂崎氏。小さい頃は落語家を目指していたというメンバーの中でも特に話術に定評のある坂崎氏の面白ラジオトークをご紹介したいと思います。

アルフィー坂崎氏のラジオはモノマネで盛り上がる!

「坂崎幸之助と吉田拓郎のオールナイトニッポンGOLD」での拓郎さんが、坂崎氏の披露したモノマネを聞いてバカ受けしたことがきっかけで・・・

「坂崎、あれやって、これやって」と拓郎さんがどんどん坂崎氏にモノマネをさせ、腹筋を痛めたファン続出でした。

何度聞いても笑えるのが、音痴の人が大きな声で歌う「ジョニーへの伝言」。南こうせつや加藤和彦など通常の定番モノマネは本人と間違えてしまうくらいに似ているのですが、それ以外にもお笑い芸人が、「もし○○が・・・」みたいな感じで前振りをしてネタを披露するあの感じのモノマネで笑いを取ってしまうのです。トークだけじゃない、坂崎氏の笑いを取る才能を目の当たりにできますよ。

その魅力を引き出した拓郎さんにも拍手!って思いますけどね。

アルフィー坂崎氏は所さんのラジオに出ていた!

ファンの方はご存知かと思いますが、1970年代後半、「所ジョージのオールナイトニッポン」に2時半の男として登場していた坂崎氏。当時の呼び名は「坂崎こうのとり」でしたよね。

まだアルフィーが売れていなかった時代の話ですが、番組の内容はというと・・・。所さんと自宅で曲作りをして一緒にニッポン放送へ行き、そこで出来たてほやほやの曲を番組内で披露するという今では考えられない豪華な内容だったんですよね。

所さんの初期の未発表曲で、本人が忘れてしまった曲でも坂崎氏だけが憶えている曲があるそうです。その頃からラジオに縁があったわけですね。、「KING OF DJ」を経て、「GOD OF DJ」と称されるようになった坂崎氏のラジオ出演初期の頃のお話です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。