まもなく開催!クラシックを気軽に楽しめる「徹子の部屋コンサート 2017」の概要まとめ

クラシック版「徹子の部屋コンサート 2017」がまもなく開催されます。長寿トーク番組『徹子の部屋』に関わりのあるゲストが、黒柳徹子さんとのトークと素晴らしい演奏を聴かせてくれるクラシック版「徹子の部屋コンサート 2017」。クラシック音楽を気軽に、そしてより身近に楽しめるイベントについて概要をまとめてお届けします。

クラシック音楽も楽しめる「徹子の部屋コンサート 2017」!

(出展:pixabay)

クラシックを気軽に聴くことができるコンサートイベント「徹子の部屋コンサート 2017」について概要をまとめてお届けします。

まもなく開催される「徹子の部屋コンサート 2017」では、ゲストの素晴らしい演奏によりクラシック音楽を楽しむことができます!開催日程や会場、アクセス情報はもちろんのこと、出演者や見どころも詳しくチェックしていきましょう。

こちらの記事もおすすめ!

「徹子の部屋コンサート 2017」とは?

「徹子の部屋コンサート」は、黒柳徹子さんが司会を務め1976年にスタートした長寿トーク番組『徹子の部屋』に関わりのあるアーティストが出演者として名を連ねるコンサートイベントです。

初開催は2006年で、加山雄三さん、さだまさしさん、中尾ミエさん、中村紘子さん、南こうせつさんといったポピュラーな歌い手がゲストに迎えられました。毎年11月下旬〜12月上旬頃の日程で開催されています。

それとは別個で年に1回、クラシック版としての開催をスタートさせたのは2013年から。「徹子の部屋コンサート 2017」は黒柳徹子さんと出演者によるトークも見どころのひとつであり、クラシック音楽を気軽に楽しめて、より身近に感じられるイベントになっています。

「徹子の部屋コンサート 2017」開催概要

では、今回開催のクラシック版「徹子の部屋コンサート 2017」について概要をまとめてみましょう。

公演名

「徹子の部屋」クラシック 2017

日程

7月19日(水) 開場 17:30/開演 18:00

会場

Bunkamuraオーチャードホール

料金

全席指定11,000円(税込)

出演者(敬称略)

司会:

◆黒柳徹子

ゲスト:

◆清水ミチコ(ピアノ弾き語り)
『クラシカルシンガーソングライターメドレー』ほか
◆三浦文彰(ヴァイオリン)
服部隆之作曲『大河ドラマ「真田丸」テーマ曲』
サン=サーンス作曲『序奏とロンド・カプリチオーソ イ短調』ほか
◆溝口肇(チェロ)
溝口肇作曲『世界の車窓から』
カタルーニャ民謡/パブロ・カザルス『鳥の歌』ほか
◆山下洋輔(ジャズピアノ)
ドヴォルザーク作曲『新世界より』
ラヴェル作曲『ボレロ』ほか

進行:

◆坪井直樹(テレビ朝日アナウンサー)

(引用元:テレビ朝日イベントウェブ 「徹子の部屋」クラシック2017)

Bunkamuraオーチャードホールについて

総客席数2,150席。日本初の大規模ジュークボックス型ホールです。天井が高く、垂直の両側壁、浅井バルコニーがあります。

これはウィーンのムジークフェラインザールなど世界三大ホールと同じ造り。音が繰り返し反射することで、重厚で豊かな音を楽しめる空間となっています。

今回開催の「徹子の部屋コンサート 2017」で聴けるクラシック音楽はもちろん、ポピュラーコンサート、オペラ、バレエ、演劇など幅広く利用されている会場です。

Bunkamuraオーチャードホールへのアクセス

  • 所在地:東京都渋谷区道玄坂2-24-1
  • JR線「渋谷駅」ハチ公口より徒歩7分
  • 東京メトロ銀座線、京王井の頭線「渋谷駅」より徒歩7分
  • 東急東横線・田園都市線、東京メトロ半蔵門線・副都心線「渋谷駅」3a出口より徒歩5分
  • 京王井の頭線「神泉駅」北口より徒歩7分

車でのアクセスも可能ですが、専用駐車場はありません。東急本店地下駐車場(9:50~22:30 ※入庫は21:15まで/276台)、アットパーク宇田川町(24時間/137台)など近隣のパーキングを利用しましょう。

「徹子の部屋コンサート 2017」の出演者を詳しくチェック!

最後に、今回開催のクラシック版「徹子の部屋コンサート 2017」出演者を詳しくチェックしておきましょう。

黒柳徹子さん

この写真は、30年くらい前に、ニューヨークで、写真家ゴードン モンローさんに撮っていただいたものです。 ヘアは、当時アメリカで1番有名だったヘアスタイリストの須賀 勇介さんに、やっていただきました。 私が、着ているのは、清時代の中国服です。 私は、この清時代の刺繍の中国服が大好きで、コレクションしています💕 西太后の時代に、これらの美しい中国の刺繍の技術は進歩したそうです。 これは、香港のアンティークショップで見つけたのですが、刺繍の模様が、伝統的な中国のデザインとは異なっていて、ちょっと西洋の香りがする、珍しいものです。 私が思うに、西洋人が中国に憧れて、その頃にオーダーして、作られたものではないかなぁ?と思います。 私は、これらの大好きな刺繍の中国服を着て、パーティーなどに、出かけていた時期もありました。 でも、みんなから「それって、きっとミュージアム ピースよ!」「汚したりしたら大変だわ!」と、言われたので、着るのは諦めて、大切にコレクションとして保管をするようにしました。 以前にも、お知らせしましたが、8月3日(水)から日本橋高島屋で「SU・TE・KI ! 展」を開催します。 その中のシノワズリのコーナーに、私の中国服のコレクションも展示されます。 日本橋高島屋の後は、京都高島屋、横浜高島屋、大阪、名古屋などを巡回する予定です。 展覧会については、また、詳しく、お知らせしますね。 お楽しみに💕 #SUTEKI展 #ステキ展 #日本橋高島屋 #黒柳徹子ステキ展

Tetsuko Kuroyanagiさん(@tetsukokuroyanagi)がシェアした投稿 –

東京生まれ。父親はヴァイオリニストで、N響(NHK交響楽団)のコンサートマスター。

東京音楽大学声楽家を卒業したのち、NHK放送劇団に入団。NHK専属のテレビ女優第一号として活躍しました。ベストセラーとなったノンフィクション作品『窓ぎわのトットちゃん』の著者として有名。

タレント、司会者、エッセイスト、ユニセフ親善大使、平和運動家としての活躍は目覚しく、各方面で知名度の高い人物です。「徹子の部屋コンサート 2017」ではゲストとのトークが大きな見どころになりますね!

清水ミチコさん

岐阜県高山市生まれ。1983年頃からラジオ番組の構成作家を始め、次第に自ら出演するようになります。全国的なデビューを果たしたのは、フジテレビ系の看板番組だった『笑っていいとも!』です。モノマネが得意で、黒柳徹子さんの顔マネもレパートリーのひとつ。

女優、タレントとしてバラエティ番組やドラマ、映画などで活躍しています。コンサートでは、見事なピアノ弾き語りとともに楽しいトークも見どころになりそうです。

三浦文彰さん

世界最難関ともいわれるハノーファー国際コンクールで、史上最年少となる16歳で優勝したヴァイオリニストです。その際、同時に聴衆賞、音楽評論家賞も受賞しています。国内外問わず数多くのオーケストラと共演。

2012年にはプラハ・フィルと、2013年にはシュトゥットガルト放送響との日本ツアーを行いました。2015年にはリントゥ指揮のベルリン・ドイツ響との共演によりCDリリースも果たしています。

年々注目度の増している彼の演奏は見どころのひとつとなること間違いありません!

溝口肇さん

チェリスト、作曲家、プロデューサーとして活躍中。東京芸術大学音楽学部器楽科チェロ専攻卒業後、スタジオミュージシャンとして活動していました。自らのための楽曲として「眠れるための音楽」を書きため、1986年に『ハーフインチデザート』でソロCDデビュー。

クラシックにとどまらず、ポップスやロックといったジャンルでも演奏・作曲活動を行っています。CMや旅番組などに出演することもあり、テレビで見かける機会も多いです。知らない人はいないというくらい有名な『世界の車窓から』の演奏は最大の見どころとなるでしょう!

山下洋輔さん

1942年2月26日、東京生まれのジャズピアニストです。高校3年の頃からプロとしてキャバレーなどで演奏をスタート。自ら率いるトリオ編成での演奏のほか、さまざまなアーティストとのセッションやコンサート参加など幅広い活動を続けてきました。

映画音楽を手がけたり、エッセイや小説を執筆したりと演奏する以外での活躍も幅広いです。1972年にタモリさんと出会い、彼がデビューするきっかけを作った人物としても知られています。

コンサートでの見どころは、クラシック名曲をピアノでどのように表現するのかというアレンジ面!きっと、彼の類稀なる才能を堪能できることでしょう。

坪井直樹さん

東京都世田谷区出身のテレビ朝日アナウンサー。現在レギュラーで担当しているのは平日の朝4時55分から放送されている『グッド!モーニング』です。

自らを“オタク”と称するほどクラシック好きとのことで、クラシック版「徹子の部屋コンサート 2017」の進行役としてぴったりです。

こちらの記事もおすすめ!

「徹子の部屋コンサート 2017」でクラシック音楽に触れてみよう

7月に開催されるクラシック版「徹子の部屋コンサート 2017」の概要まとめとともに、出演者や見どころについて詳しくお届けしました。

音響の良さに定評があるオーチャードホールで聴くクラシックはまた格別!黒柳徹子さんとゲストのトークも楽しみですね。ぜひ「徹子の部屋コンサート 2017」で、より身近にクラシックを楽しんでみてください!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。