テイラースウィフトジャパンツアー2015@東京ドーム 座席表はこちら

ニューアルバム「1989」のプロモーションで来日していたテイラー・スウィフトが、11月7日(金)に行われたマスコミ向けの会見時に、ビッグニュースを発表しました

それは、2015年に予定されている「1989」のワールド・ツアーは、5月に日本からスタート!ということでした。嬉しいニュースです。ライブは東京ドームにて2daysとなってます。

ぜひ、生のテイラー・スウィフトのライブに足を運んでください。美しい容姿だけでなく、その音楽の実力に魅了されること間違いなしです。気になる東京ドームの座席表はこんな感じになるはず!ってことで紹介しますね。

東京ドームの座席表の特徴は?

日程は2015年5月5日(火・祝)&6(水・祝)の2days。ちょうどGWです。チケットの種類はSS席33000円、S席11500円、A席9500円の3種です。SS席はVIP席のようなものです。グッズも付いてくるので、テイラー大好き!って人は値段に関わらずここを狙ってくるでしょう。

さて、もちろん皆さんご存知かと思いますが・・・東京ドームは広いですよね。もう一般的に知られているのであえて否定はしませんが、もともと野球場なわけですから、音があまり良くないのです。

なので、座席ってとっても大切!ということで、とにかくまずは先行発売などでイイ席を先にゲットすることをオススメします。

東京ドーム、座席はどこが狙い目?

ざっくり分ければ、ステージが設置されるアリーナ席(通常野球が行われている場所になります)と、スタンド席(通常、野球の時の観客席)に分かれます。

アリーナ席は通常、外野側をステージにすることが多いです。ブロック分けはステージから、A、B、C、Dと続いていき、FからGくらいまで設置されることが多く、ヨコはA1、A2、A3という感じで表記され、19から20くらいまであることが多いので、ステージの中央は10前後の番号ってことになります。

座席は通し番号で記載されることが多いので、3ケタの記載になる場合もあります。ちょっと3ケタの座席番号なんて探すのにぞっとしそうですが、事前に知っておけば大丈夫です。各ブロック基本1列ヨコに12席、タテは最大15席くらいが基本です。これさえ押さえておけば、3ケタ表記に圧倒されなくて済みますよね。

座席指定ができるテイラー・スウィフトのチケットはこちら

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:2)

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。