名曲の数々に涙…玉置浩二(安全地帯)の人気おすすめ曲ランキングTOP15!

「ワインレッドの心」などで知られるバンド「安全地帯」のボーカルとしてデビューし、2017年にはソロデビュー30周年を迎えた玉置浩二さん。病気などの試練を克服しながらも現在も多くの名曲を歌うアーティストとして、たくさんのファンを持つ歌手の1人です。今回は、そんな安全地帯のボーカル、玉置浩二さんのソロ曲を中心とした人気おすすめ曲を、ランキング形式で発表します!大ヒットしたあの人気曲から、ファンの間で知られるおすすめ曲が詰め込まれた人気おすすめ曲ランキングTOP15を、曲を聞いた感想と共にランキング形式でお楽しみください!

玉置浩二(安全地帯)の人気おすすめ曲をランキングで発表!

1982年にバンド「安全地帯」のボーカルとしてデビューし、現在はソロ活動を行っている玉置浩二さん。2017年は安全地帯デビュー35周年に加え、ソロデビュー30周年のWアニバーアサリーイヤーとして、両方の音楽活動を行っています。

安全地帯・玉置浩二のライブツアー!『ALL TIME BEST「30」〜30th Anniversary Tour 2017〜』の公演概要から見どころまで!

ここでは、安全地帯のメンバーでもある玉置浩二さんのソロデビュー30周年を記念して、これまでに発売した楽曲の中から「人気おすすめ曲ランキングTOP15」としてまとめて発表!ファンの感想と共に、楽曲の魅力をまとめてお届けします♪

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP15】「元気な町」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP15は、1993年8月21日発売日のシングル「元気な町」のタイトルナンバー「元気な町」です!玉置浩二さんの7枚目のシングルになった「元気な町」は、1993年の三菱地所CMソングに起用されていました。

誰にでもある、ふるさとの懐かしい風景を思い起こさせるような郷愁を覚える歌詞は、玉置浩二(安全地帯)さんのふるさとソングのひとつ。幼い頃の純粋な自分を振り返り、思わず涙が出てしまいそうな、どこか切なさも感じる歌詞ですね。

カントリー調のギターの音色と共に語りかけるような玉置浩二さんの歌声がとても優しく、ヒーリングソングと例えるファンがいるのも頷ける1曲ですね。「元気な町」は、シングルの際にカップリング曲として収録されていたタイトルのアルバム「カリント工場の煙突の上に」に収録されています。

CM曲として思い出に残っていた人も多く、曲を聞いて玉置浩二さんのファンになったという感想もありました。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP14】「JUNK LAND」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP14は、1997年9月21日発売日のアルバム「JUNK LAND」収録のナンバー「JUNK LAND」です!アルバムのタイトルになっている曲でもあり、玉置浩二さんのアルバムの中でも特に名盤の呼び声が高い1枚ですね。

人間を車に例えたような歌詞には、ボロボロになろうとも突き進もうとする、玉置浩二(安全地帯)さんの力強さが現れています。愛すべきガラクタとして、自分を含む周囲の環境で生きていこうと決心する明るい内容となっており、現代の世の中にも通じる深い歌詞ですよね。

ピアノの穏やかなサウンドに走り出すようなギターの音色は、静かな闘志を感じるようなメロディとなっており、魂の叫びとも思える曲調は聞く人の心を動かすような1曲です!

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP13】「キラキラ ニコニコ」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP13は、1993年9月22日発売のアルバム「カリント工場の煙突の上に」収録の「キラキラ ニコニコ」です!アルバム収録曲では人気の高い楽曲としてもファンに知られている、隠れた名曲のひとつ。

語りかけるような歌詞から、自分を見失いそうになった人へそっと寄り添ってくれるような優しい歌詞は、ライブでも感動するファンが多い曲です。タイトルの「キラキラニコニコ」は、涙にくれる主人公の瞳を表したものとなっています。

玉置浩二(安全地帯)さんの優しく力強い歌声が響くメロディは、聞く人に元気を与えてくれるような楽曲の印象ですね。シンフォニックコンサートではオーケストラ伴奏の中で歌われ、「改めて楽曲の良さに気づいた」といった感想も多い曲でもあります。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP12】「コール」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP12は、1993年1月30日発売日のシングル「コール」に収録のタイトルナンバー「コール」です!薬師丸ひろ子さんが主演した映画「ナースコール」の主題歌に起用され、玉置浩二さんの6枚目のシングル作品となりました。

「コール」のタイトル通り、朝方に思いを馳せた人へ呼びかける歌詞の内容となっており、ロマンチックな歌詞の内容も人気の秘訣。何もないけど、呼びかけに応えてくれたら笑顔をあげる…そんなセリフを言われたら、ファンならずともときめいてしまうはず!

優しいギターの旋律と共に玉置浩二(安全地帯)さんのささやくような優しい声が重なり合って、幻想的なバラードとなっている「コール」。アルバム「あこがれ」に収録されている楽曲で、後のアルバム「カリント工場の煙突の上に」では、映画に主演した薬師丸ひろ子さんとのデュエット曲「西棟午前六時半」が収録されています。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP11】「プレゼント」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP11は、2005年11月2日発売日のシングル「プレゼント」のタイトルナンバー「プレゼント」です!玉置浩二さんの21枚目のシングル曲となった「プレゼント」は、玉置浩二さん自身が出演したドラマ「あいのうた」の主題歌に起用されていたことでも知られているはず。

ドラマでは、記憶喪失を装った愛を知らないヒロインを引き取る、3人の子持ちで優しい性格の警察官を熱演しました。タイトルの「プレゼント」は日々を過ごす中での幸せのことを表現しており、玉置浩二(安全地帯)さんがドラマの役柄で演じたようなあたたかな愛情に包まれるような歌詞にも癒やされます!

ゆるやかなギターの旋律が響くバンドサウンドと玉置浩二(安全地帯)さんの優しい歌声に、聞いていると心がリラックスしてくるような気持ちになる1曲ですね。「プレゼント」は、アルバム「PRESENT」に収録されています。

「プレゼント」を聞いた感想には、歌詞にあるように「普通の日常の幸せに気付いた」という声も多く、当たり前の日常の尊さに気づかされる曲となっています。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP10】「STAR」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP10は、1995年6月21日発売日のシングル「STAR」のタイトルナンバー「STAR」です!玉置浩二さんの9枚目のシングル「STAR」は、1995年度の東京電力のCMソングに起用されていた楽曲でもあります。

タイトルにある「STAR」は夜空に輝く星をイメージしてしまいますが、歌詞では私たちの住む地球のことを指しています。愛する人が暮らす地球と共に生きていきたいと願う、玉置浩二(安全地帯)さん流のロマンチックな愛の歌ですね。

愛の歌となる「STAR」のサウンドは、ギターをつま弾くアルペジオの旋律が心地よく流れる中、玉置浩二さんの繊細な歌声が溶けて一体になっているようなイメージを思い起こさせます。「STAR」はアルバム「CAFE JAPAN」に収録されています。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP9】「キ・ツ・イ」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP9は、1989年1月25日発売日のシングル「キ・ツ・イ」のタイトルナンバー「キ・ツ・イ」です!玉置浩二さんの2枚目のシングル「キ・ツ・イ」は、1995年放送のドラマ「キツイ奴ら」の主題歌として起用。

玉置浩二(安全地帯)さんもドラマ「キツイ奴ら」に出演しており、800万を持ち逃げしてしまう山内完次役を演じていました。歌詞では男女関係を歌ったセクシーなラブソングとなっており、激しい愛に溺れていく2人の感情があふれている内容となっていますね。

女性コーラスを率いて歌われる曲は、裏声を用いたパートや「キ・ツ・イ」にフレーズを囁くような玉置浩二さんの歌声がとってもセクシー!!「キ・ツ・イ」はベストアルバム「玉置浩二ベスト・ソングス・フォー・ユー」などに収録されています。

「キ・ツ・イ」を聞いた感想には、当時20代であった玉置浩二さんの歌唱力に驚いた!という声などもあり、玉置浩二(安全地帯)さんの歌手としての表現力の高さを感じられる1曲となっています。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP8】「行かないで」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP8は、1989年11月20日発売日のシングル「行かないで」のタイトルナンバー「行かないで」です!玉置浩二さんの5枚目のシングル「行かないで」は1989年のスペシャルドラマ「さよなら李香蘭」の主題歌に起用されていました。

「さよなら李香蘭」は、戦時中に中国で「李香蘭」と名乗って人気を博した歌手の山口淑子さんの生涯を描いたドラマで、後にジャッキーチェンが「李香蘭」とタイトルを変えてカバーをした楽曲でもあります。玉置浩二(安全地帯)のライブでも長年歌われており、ファンの間では人気曲のひとつですね。

女心を描いたような歌詞は、愛しい人とのわずかな逢瀬を惜しむように「行かないで」のフレーズが繰り返されているのも特徴的ですね。メロディでもファルセットを多用しているなど、女性らしい玉置浩二さんの美しい歌声が聞けるところも、また「行かないで」が人気な理由といえますね。

「行かないで」はベストアルバム「EARLY TIMES〜KOJI TAMAKI IN KITTY RECORDS」に収録されています。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP7】「名前のない空を見上げて」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP7は、2005年1月13日発売日のシングル「愛されたいだけさ」収録の「名前のない空を見上げて」です!玉置浩二さんの19枚目のシングルのカップリング曲であり、セルフカバー曲でもあります。

「名前のない空を見上げて」は、歌手のMISIAさんが2004年に発売したシングルで、NHK連続テレビ小説「天花」の主題歌となった曲。玉置浩二さんが楽曲提供を行った曲で、セルフカバー版ではMISIAさんがバックコーラスに参加している豪華な楽曲に仕上がっています。

MISIAさんが作詞した歌詞は「いつでも心に花を咲かせたい」という思いから生まれたもので、いつでも愛する人と共に生きていく愛情を描いた、心暖まる内容です。玉置浩二(安全地帯)さんのセルフカバー版は、ギターのゆったりしたメロディが気持ちいい1曲になっています。

「名前のない空を見上げて」はアルバム未収録の楽曲ですが、単体で音源配信が行われています。「名前のない空を見上げて」を聞いた方には、最強コラボをいつかステージで見たい!といった感想が多くありました。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP6】「サーチライト」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP6は、2013年11月27日発売日のシングル「サーチライト」のタイトルナンバー「サーチライト」です!玉置浩二さんの25枚目のシングル「サーチライト」は、自身が出演したドラマ「東京バンドワゴン~下町大家族物語」のエンドテーマとして起用されました。

夜道を照らす目印を示すタイトルの「サーチライト」は、歌詞の中では自分自身を照らし出す大切な存在として歌われています。自分自身を失いかけそうな時に光を示してくれるサーチライトのように、自分を支えてくれる大切な人を思い出させてくれるような暖かな愛の歌ですね。

穏やかな歌声に寄り添うなピアノの音色が特徴的なメロディで、玉置浩二(安全地帯)さんの歌声を最大限に引き出したアレンジがなされています。また、シングルにはギタリストの押尾コータローさんによるアレンジバージョンを収録しているので、聞き比べてみるのもオススメです。

「サーチライト」は、アルバム「GOLD」に収録されています。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP5】「しあわせのランプ」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP5は、2004年6月9日発売日のシングル「しあわせのランプ」のタイトルナンバー「しあわせのランプ」です!玉置浩二さんの18枚目のシングル「しあわせのランプ」は、アルバム「JUNK LAND」収録曲のリアレンジとして新たにシングルカットされた楽曲です。

語りかけるような歌詞は、タイトルの「しあわせのランプ」を灯し続けてほしいと願う玉置浩二さんの優しい思いが詰まった応援歌!自分に自信がないときや迷ったときに、自然に笑顔になれるような歌詞の内容は、ファンに愛される曲としても納得の歌詞ですね。

お笑い芸人のカンニング竹山さん、俳優の山本耕史さん、歌手のKさんなどがオススメの曲としても挙げており、玉置浩二(安全地帯)さんの柔らかな歌声に合うギターのメロディが涙を誘う1曲です。

シングル盤「しあわせのランプ」は、ベストアルバム「GOLDEN☆BEST 玉置浩二 1993-2007」に収録されています。「しあわせのランプ」を聞いた感想では、名曲として挙げる方が多く、ファンになるきっかけになったという感想もありました。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP4】「MR.LONELY」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP4は、1997年8月6日発売日のシングル「MR.LONELY」のタイトルナンバー「MR.LONELY」です!玉置浩二さんの12枚目のシングル「MR.LONELY」は、自身の出演したドラマ「こんな恋のはなし」の主題歌として起用されました。

余命近い社長の原島と出会って彼を変えていくようになる、極貧の生活を送る孝之助役を演じた玉置浩二さん。タイトル「MR.LONELY」は、ドラマの原島をイメージさせるような、孤独に人生を生き抜いていく、切ない歌詞も印象的ですね。

どんな理不尽なことを経験してもグッと歯を食いしばって生き抜く自信をくれるような「MR.LONELY」は、歌手としての玉置浩二(安全地帯)さんを絶賛する声も高い名曲として、ファンに人気の高い1曲です。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP3】「夏の終わりのハーモニー」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP3は、1986年9月25日発売のシングル「夏の終わりのハーモニー」です!「夏の終わりのハーモニー」発売当時は玉置浩二さんのソロではなく安全地帯名義ですが、バンドの下積み時代にバックバンドとして参加していた井上陽水さんとのコラボ曲として知られる1曲です。

安全地帯での演奏から、玉置浩二さんがソロになっても度々ライブで歌われ続けている「夏の終わりのハーモニー」は、井上陽水さんが作詞をつとめ、玉置浩二さんによる作曲で完成した名曲!お互いの価値観は違うけれど思いあう恋人同士の気持ちがロマンチックに描かれており、玉置浩二さんによる流れるようなメロディと2人のハーモニーは、時代を超えてたくさんの人が好きな曲として挙げている1曲です。

また、多くのアーティストがカバーをしている名曲でもあり、カバーから原曲を知ってファンになった人もいるほど!中でも歌唱力のある玉置浩二さんだからこそのアカペラで歌った「夏の終わりのハーモニー」のライブは、ファンの心に残る1曲になっています。

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP2】「田園」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングTOP2は、1996年7月21日発売のシングル「田園」のタイトルナンバー「田園」です!玉置浩二さんの11枚目のシングルとなった「田園」は、自身が出演した1996年放送のドラマ「コーチ」の主題歌に起用されていました。

安全地帯での活動を含めて、玉置浩二さん自身の最大のヒット曲となった「田園」は、荒々しくも現代を生きる人へ向けた応援歌ともいえる歌詞に元気をもらった方も多いはず。まくしたてるように軽快なテンポで歌う玉置浩二さんは、これまで紹介してきたTOP15の中で唯一アップテンポの曲といえますね。

「田園」を聞いた感想では、歌詞に元気をもらったという声のほか、玉置浩二さん自身のパワーを感じたという声も。ライブではファン皆が盛り上がる曲としても人気の1曲です!

玉置浩二(安全地帯)人気おすすめ曲ランキング【TOP1】「メロディー」

安全地帯のボーカル、玉置浩二さんの人気・おすすめ曲ランキングのトップを飾ったのは、1996年5月21日発売日のシングル「メロディー」のタイトルナンバー「メロディー」です!玉置浩二さんの10枚目のシングル「メロディー」は、自身の出演ドラマ「メロディ」の挿入歌に起用されていました。

ドラマでは、不倫問題で転落した元有名キャスター桜木信太郎役を演じていた玉置浩二さん。歌詞は昔を懐かしむ内容となっており、変わってしまった自身を感じながらも、楽しく過ごしていた時を切なく思い起こさせるナンバーになっています。

思い出をメロディーに例えたこの曲は、音楽と共に生きてきた玉置浩二(安全地帯)さんの想いを感じられるサウンドに感動を覚えます。自身でもいつも優しい音楽を想って作った曲と語っており、聞く人の心を震わせる名曲といえる1曲ですね。

「メロディー」を聞いた方の感想では、いつ聞いても心を打たれる曲との声もあり、時代を重ねても共感できる歌詞やサウンドが人気となっています。

さまざまな気持ちを思い起こさせてくれる…玉置浩二(安全地帯)の人気おすすめ曲ランキングTOP15

(出典:Photo ACより)

2017年に安全地帯としては35周年、ソロ活動では30周年を迎えた玉置浩二さんの人気おすすめ曲ランキングTOP15を紹介しました!こうして楽曲をまとめてみると心にしみる歌詞が多く、玉置浩二さんの人柄があふれた楽曲の数々が人気曲・おすすめ曲としてファンの方に親しまれていることが分かります。

曲を聞いている人に語り掛けるような玉置浩二さんの楽曲を、安全地帯としてのデビューからこれまでの集大成といえるような、おすすめ曲と人気曲の内容でお届けしてきました!現在も安全地帯のメンバーとして、またソロとして音楽と共にあり続ける玉置浩二さん。

今回の紹介した人気おすすめ曲ランキングTOP15を参考にもう一度楽曲を聞きなおしてみると、さらに玉置浩二さんの素晴らしさに気づけそうですね。

玉置浩二(安全地帯)のおすすめ記事はこちら!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。