玉置浩二のすごさがわかるカバー曲5選!原曲との違いやエピソードも

現在、日本で一番歌が上手いと言われるアーティスト・玉置浩二さん。安全地帯では『ワインレッドの心』や『恋の予感』、『Friends』ソロ名義では『メロディー』や『田園』といったヒット曲、シングル、アルバムを生み出している玉置浩二さんですが、今回はその歌唱力の凄さがわかりやすいカバー曲に注目。カバーアルバムも発売している玉置浩二さん。名曲『やっぱ好きやねん』など、玉置浩二さんが過去にカバーした曲の中から厳選した5曲を紹介していきます!『やっぱ好きやねん』の収録アルバムも!

玉置浩二さんのすごさがわかるカバー曲5選!原曲との違いやエピソードも


(出典:GAHAGフリー素材より)

安全地帯のヴォーカリストであり、ソロアーティストでもある玉置浩二さん

奔放な振舞いや女性関係に注目が集まりがちな玉置浩二さんですが、ミュージシャンとしての腕前は超一流。ミスチル(Mr.Children)やコブクロ、山下達郎さんなどのメジャーシーンで活躍するアーティストたちから絶賛される歌声を持つ人物です。

安全地帯時代には『ワインレッドの心』や『恋の予感』、ソロ名義では『メロディー』や『田園』といったヒット曲を生み出している玉置浩二さんですが、今回はその歌唱力の凄さがわかりやすいカバー曲に注目してみましょう。

玉置浩二さんが過去にカバーした曲の中から厳選した5曲を紹介していきます!

玉置浩二さんの名カバー曲『やっぱ好きやねん』


(出典:Photo ACより)

収録アルバム:『群像の星』

やしきたかじんさんの代表曲である『やっぱ好きやねん』は、玉置浩二さんがカバーした楽曲の中で1番有名な曲です。鹿紋太郎さんが作詞作曲を手がけ大ヒットしたこの曲。関西弁で歌われていることもあり、関西を中心として爆発的な人気を集めた曲となりました。

玉置浩二さんのカバーでは、歌詞の「やっぱ好きやねん」という部分を文字どおり発音していることから、本来関西弁では「やっぱ好っきやねん」という発音が正しいと物議を醸しました。しかしそもそもこの曲を作った鹿紋太郎さんは関東の出身であり、関西弁では正しくは「やっぱ」ではなく「やっぱり」となることや、やしきたかじんさん自身が「関西弁の歌が歌いたいのではなく、女性の心を歌いたい」という思いで歌っていたということも理解した上で、玉置さんは歌詞どおり歌っていたのではと考えられます。

玉置浩二さんの名カバー曲『愛なんだ』


(出典:Photo ACより)

収録アルバム:『OFFER MUSIC BOX』

玉置浩二さんがV6に提供した曲のセルフカバーとなる『愛なんだ』。玉置浩二さんはセルフカバーアルバムの発売にあたって、「いつも前を向いて曲を作り続けているけれど、ふとみなさんに提供した曲の中にも自分がとても気に入っている曲があったな~と思い出し、いくつか聴き直してみた中で、アーティストの方はもちろん、詞の方にも感銘を受けた作品を中心に選んで歌ってみました」と語っています。楽曲はアレンジが大きく変わり、玉置浩二節を感じられるものとなっています。

玉置浩二さんの名カバー曲『嘲笑』


(出典:Photo ACより)

収録アルバム:『OFFER MUSIC BOX』

こちらもセルフカバーアルバムからの1曲。『嘲笑』もともと北野武さんが1986年に出版した詩集『KID RETURN』の中の詩です。玉置浩二さんがこれを読み、曲をつけて送ったところ、北野武さんが2番となる部分の歌詞を書いて送ってくれたというエピソードがあります。少年のように純粋な気持ちに帰れる美しいバラードです。

玉置浩二さんの名カバー曲『I LOVE YOU』


(出典:Photo ACより)

収録アルバム:『群像の星』

日本で知らない人はいないほど有名な尾崎豊さんの名曲『I LOVE YOU』は、これまでに宇多田ヒカルさんや福山雅治さんなどの数々のアーティストによってカバーされてきました。この曲で玉置浩二さんは、原曲のメロディーをそのまま歌うのではなく、自身の曲の解釈に基づいてオリジナリティーのある歌い方をしています。

玉置浩二さんの名カバー曲『男はつらいよ』


(出典:Photo ACより)

収録アルバム:『群像の星』

国民的ドラマである『男はつらいよ』のメインテーマであるこの曲。渥美清さんが演じた「寅さん」は、今でも多くの人に愛されているキャラクターですよね。原曲はイントロのフレーズが印象的で、「わたくし、生まれも育ちも葛飾柴又です。」と始まるおなじみの口上から、セリフがそのまま歌詞になったような楽曲です。玉置浩二さんのカバーバージョンではしっとりとしたバラードとなっており、イメージが大きく変わっているので、2つの曲を聴き比べて違いを楽しむのも良いでしょう。

玉置浩二さんの他のオススメ記事

歌の上手さとは?と考えさせてくれる玉置浩二さんのカバー曲


(出典:Photo ACより)

TBS番組「水曜ダウンタウン2時間SP」内のコーナー「音楽のプロ200人が選ぶ本当に歌が上手いランキング」では宇多田ヒカルさんや吉田美和さん、久保田利伸さんらをおさえて1位となった玉置浩二さん。

一般的に言う「歌の上手さ」というものは聴き手によって異なる判断基準があるため曖昧なものですが、玉置浩二さんは音程の安定感、音域、声量、リズム感、表現力などのヴォーカリストとして必要な技術を満たしているだけでなく、歌い始めから注目を集めるカリスマ性があります。日本で一番歌が上手い、と言われるのも納得できますよね。

玉置浩二さんは今年2017年ソロ活動30周年を迎え、5月17日にベストアルバム『ALL TIME BEST』を発売、5月16日からは全国8カ所9公演のツアー「KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2017 -THE GRAND RENAISSANCE-」を予定。

生の玉置浩二さんの歌声を堪能しに、足を運んでみてはいかがでしょうか。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。