竹内まりやの「元気を出して」この名曲が誕生したきっかけとは?

「涙など見せない強気なあなたをそんなに悲しませた人は誰なの?」

そんな母親のような、恋人のような包み込む温かさで始まる歌詞の「元気を出して」!発表されてから30年経った今でも色褪せることを知らない名曲ですよね。つらいことがあったときも、この曲を聞いて癒されています。

今回は、そんな「元気を出して」の誕生エピソードをご紹介します!竹内まりやさんが、大切なご友人のためにつくったというこの誕生秘話を知れば、もっとこの曲が心に沁みることでしょう・・・!

「元気を出して」誕生のエピソード

この曲は、失恋した友人を励ます様子を歌った曲であることは、多くの方が知っていらっしゃるでしょう。女性同士の友情を歌った曲ですね。

恋心を歌った曲や、家族愛を歌った曲は多々ありますが、女性同士で失恋を励まし合えるような曲が当時あまり無かったことから、竹内まりやさんはこの曲を作ろうと考えたそうです!実は、この曲が発表される前の年に、アメリカのシンガーソングライター、カーリー・サイモンさんとジェームス・テイラーさんが離婚しています。竹内まりやさんは、

という気持ちからこの曲を作ったとインタビューで語っているのです。

まりやさんは、カーリー・サイモンさんとジェームス・テイラーさんご夫婦のことが大好きだったそうなので、この夫婦の離婚はまりやさん自身にとっても、大きなショックだったのでしょうね。カーリーさんが、離婚後に出したアルバムが失恋の曲ばかりになっていたことでさらにまりやさんは心を痛めます。「なんとかカーリーを励ましたい!」まりやさんはそんな思いにかられ、名曲「元気を出して」は生まれたのです。

友達に教えたくなったらシェアを!

みんなのコメント(コメント:1)

  • 確かに失恋かも知れないですが、その原因は、カーリーサイモンの浮気てすよね、JTのせいじなく。願わくは浮気を肯定的に解釈されないよう、又この事を知った上でカバーしてもらいたいものです。

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。