俳優としても活躍する歌手・貴水博之!出演したドラマ&映画をご紹介

貴水博之は1992年に「access」としてデビューした歌手。ソロでの音楽活動を続ける傍ら、実は俳優として舞台やドラマ、映画などにも出演している多才な人物。そんな貴水博之が、歌手としてではなく俳優として活躍する姿をクローズアップ!これまでに出演したドラマや映画作品に焦点を絞ってご紹介していきます!

【俳優としても活躍する貴水博之の出演作をご紹介!】

(出典:PAKUTASO)

1992年に「access」としてデビューした貴水博之は、ユニット活動以外でもソロ活動を展開してきました。その中で、彼が俳優としての活躍を見せる機会もあります!実は、歌唱力を生かしたミュージカルなどの舞台のほか、ドラマや映画にも出演しているのです。今回は、貴水博之が出演しているドラマ、映画作品をピックアップして年代順にご紹介していきましょう!

こちらの記事もおすすめ!

【貴水博之が出演しているドラマ&映画作品①「マリンバアンサンブル」】

貴水博之のドラマ&映画出演作品①「マリンバアンサンブル

「マリンバアンサンブル」は2005年6月25日に公開された日本の映画。自信を失くした演奏家の主人公が、ある島に滞在して成長していくヒューマンドラマを描いた作品です。そのあらすじは…

「周りに認められず自信を失ったマリンバ奏者・三輪ユリは、憧れの指揮者・加藤幸一に仕事を依頼され、口永良部(くちのえらぶ)島に行くことになります。そこには世界的に活躍するシンバル奏者・出水則夫の姿もありました。仕事内容は、鉄くず運びと島の生徒たちにマリンバを教えること。ユリは子どもたちに演奏を揶揄されながらも、出水に励まされてレッスンを続けるのでした…」

「マリンバアンサンブル」での貴水博之は、主人公・ユリを島へと導く重要な存在、天才指揮者・加藤幸一役として出演しています!

【貴水博之が出演しているドラマ&映画作品②「MAMAN」】

貴水博之のドラマ&映画出演作品②「MAMAN

「MAMAN」は2006年1月21日に公開された日本の映画。大物俳優・松平健が主演を務め、こちらは先ほどのヒューマンドラマとは打って変わって、笑いどころ満載のコメディ。そのあらすじは…

「歳の離れた百合子と婚約した主人公・健人は中年DJ。ある日、彼の元に手品の訪問販売員がやってきます。そのとき、大好きなテレビ番組「ミクロ剣士」のキメポーズを真似すると、なんと健人は50cmの体になってしまったのです。妹・マアコは婚約が破談になることを恐れてごまかそうとしますが、近所に住むかおりやミクロ剣士の主役・綾小路の登場によって、さらなる混乱を招くのでした…」

「MAMAN」での貴水博之は、事態を引っ掻き回すミクロ剣士の綾小路役として出演しています!

【貴水博之が出演しているドラマ&映画作品③「Fallen Angel」】

貴水博之のドラマ&映画出演作品③「Fallen Angel」

「Fallen Angel」は、2012年1月〜3月まで深夜枠で放送されたテレビ朝日系のドラマ。すでに舞台、映画への出演を果たしていた貴水博之にとって、初のテレビドラマへの出演となった作品です。そのあらすじは…

「ある日、パン屋に勤める相葉翼と大学生の弟・陸のもとに、海と名乗る少年が飛び込んできます。兄弟は海の話を聞き、母親・貴子がいるという病院へと向かいますが、確かにあったはずの病院は跡形もなく消えていました。その謎を解くうちに、とあるゲームサイトで病院と同じマークを発見した海に、突然別の人格が現れるのでした…」

「Fallen Angel」での貴水博之は、ストーリーの行く末に関わるキーパソンである闇の組織の医者・西崎誠司役として出演しています。

【貴水博之が出演しているドラマ&映画作品④「仮面ライダーエグゼイド」】

貴水博之のドラマ&映画出演作品④「仮面ライダーエグゼイド」

「仮面ライダーエグゼイド」は、2016年10月2日よりテレビ朝日系で放送中の特撮ドラマ。映画作品も多い大人気の「仮面ライダー」シリーズの、生誕45周年記念作品として制作されました。仮面ライダーのデザインには三頭身を取り入れるなど、従来の仮面ライダーとは大きく異なります。また、病院を舞台にストーリーが展開しており、医師がライダーに変身するという斬新な設定です。そのあらすじは…

「西暦2016年、ゲームのバグから生まれた正体不明のコンピュータウイルス”バグスターウイルス”により多くの人々が犠牲になるという大事件が発生。その事態に対処するため、政府が設置した電脳救命センター(CR)に集められた医師たちは、仮面ライダーとしてウイルスと戦うことになります。しかし、その裏では幻夢コーポレーションの社長・檀黎斗の野望があったのです…」

「仮面ライダーエグゼイド」での貴水博之は、檀黎斗の父親・檀正宗役として出演!また、「Wish in the dark」がドラマの挿入歌として起用されています。

【歌手としての貴水博之も応援しよう!】

貴水博之が俳優として出演したドラマ、映画作品をご紹介しました。多方面での活躍は素晴らしいものですが、彼の本業はやはり歌手!今年はaccessとしての「access 25th Anniversary ELECTRIC NIGHT 2017」、ソロとしての「HIROYUKI TAKAMI TOUR 2017 Love&Victory~ミンナsoloッテイキマスカ?~」の2タイトルのツアー開催が決定しています。ドラマや映画への出演だけでなく、歌手としての活動も見逃せません!デビューして25周年の節目となる今年、よりいっそうの活躍を期待して、皆さんで貴水博之を応援しましょう。

(敬称略)

こちらの記事もおすすめ!

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。