>syrup16g チケット
syrup16gのさくらから解散直前の彼らを感じ取る…!

2014年8月、いよいよ再結成が発表されたロックバンド、Syrup 16g
この日を楽しみにしていたファンの方も多いのではないでしょうか。
彼らの音楽を聴けるかと思うと今から楽しみですよね。

ここではそんなSyrup 16gのヒット曲の中から、2008年に発売されたアルバム『Syrup 16g』に収録された「さくら」を紹介したいと思います。
ぜひ参考にしてくださいね。

Syrup 16gのヒット曲「さくら」

Syrup 16gの名曲「さくら」は、2008年1月30日に発売されたアルバム『Syrup 16g』に収録されました。

Syrup 16gにとって事実上、最後のアルバムとなった本作には「ニセモノ」「さくら」「君をなくしたのは」など全12曲が収録されています。
最後にして最高傑作と言われる『Syrup 16g』。どの曲も名曲揃いですよね。

Syrup 16gの「さくら」の歌詞を見てみよう

ここでは、Syrup 16gの「さくら」の歌詞を見ていきましょう。解散を控えているということもあり、収録されている作品の多くが、次のステップを感じさせる作品に仕上がっています。

「さくら」では解散に対するちょっとセンチメンタルな面が描かれているのが特徴と言えるでしょう。

「さくら」

Syrup 16gの「さくら」のミュージックビデオを見てみよう

ここからはSyrup 16gの「さくら」を動画と一緒に見ていきましょう。
最初にご紹介するのは、「さくら」のミュージックビデオです。
モノクロをメインに描かれた映像が素敵ですよね。ときにライブ映像も移り込み、感動します。

フックで聴かせるドラムの頭打ち、ベースのオクターブ奏法が曲に彩りを与えています。
シンプルな楽曲ながら綿密にアレンジされた楽曲と言えるでしょう。ぜひチェックしてみてくださいね。

Syrup 16gの楽曲が演奏されたap bank fesの動画を見てみよう

続いてご紹介するのは、Syrup 16gの楽曲がap bank fes 10に演奏されたときの動画です。
演奏しているのは、「Reborn」。桜井和寿、小林武史、亀田誠治と超豪華なメンバーが届ける「Reborn」。

Syrup 16の楽曲がこう変わるというのも分かりますよね。
改めて、その歌詞、そのメロディの良さを再認識させられます。
ミスチルが好きな方はもちろんのこと、Syrup 16gが好きな方もチェックしてみてくださいね。

Syrup 16gのオススメ記事

再結成まであと少し、Syrup 16gのライブに行こう!

Syrup 16gの「さくら」のご紹介、いかがだったでしょうか。解散が迫った彼らの魅力が十分に伝わったでしょうか。また、カバーの動画も素敵でしたよね。チケットキャンプではSyrup 16gのチケットを取扱中です。再結成を待ち遠しく感じているファンの方、チケットを手に入れてライブに遊びにいってみてくださいね。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。