鈴木雅之さんの渋い歌声が存分に楽しめるヒット曲ランキングTOP5

鈴木雅之さんといえば、圧倒的な存在感と、曲の世界観を映し出す深い歌声が魅力のミュージシャンです。その唯一無二の歌声は多くの人々を魅了し、たくさんのヒット曲を世に送り出しています。どの曲も鈴木雅之さんならではの音楽の世界を心行くまで楽しめる曲ばかりで、聴いていると切ない気持ちになったり、昔の恋愛を思い出したりしてどこか懐かしい気持ちになったりすることでしょう。その数多くあるヒット曲のなかから、特に高い人気を誇っている厳選の5曲をランキングでご紹介します。初めて鈴木雅之さんの曲を聴くという方にもおすすめです。

【鈴木雅之さんの音楽の世界に浸ることができる珠玉の5曲】

平成28年度(第67回)芸術選奨文部科学大臣賞を受賞した鈴木雅之さん。2016年にはソロデビューから30年という節目を迎ました。それを記念して製作された「dolce」というアルバムは、音楽界で活躍する豪華な面々が参加していることでも話題です。

そんな鈴木雅之さんはこれまでにたくさんのシングル曲をリリースされています。どれも鈴木雅之さんの魅力が伝わってくる、情緒豊かなヒット曲ばかりです。

今回はその中から、初めて鈴木雅之さんの曲を聴くという人にもピッタリな5曲を選びました。ご紹介するTOP5の曲は、鈴木雅之さんの代表曲といえるものばかりですので要チェックです。

鈴木雅之さんの曲をどれから聴こうか迷っている人は、このランキングTOP5をぜひ参考にしてみてください。

【鈴木雅之さんの人気曲 第5位 「アダムな夜」】

「アダムな夜」は、1995年2月13日に発売された鈴木雅之さんの19枚目のシングル曲です。この曲の作詞は阿木燿子さん、作曲は宇崎竜童さん。

大切な人をまっすぐに想う気持ちが描かれている曲で、「私、味方です」というテレビドラマの主題歌にもなりました。

鈴木雅之さんの「アダムな夜」は、しっとりとした大人の恋愛観あふれる歌詞が、鈴木雅之さんの渋い歌声と見事にマッチしているヒット曲です。

この曲を聴いていると、これまでの恋愛の思い出が脳裏によみがえってくることでしょう。

【鈴木雅之さんの人気曲 第4位 「きみがきみであるために」】

「きみがきみであるために」は、1997年5月8日にリリーズされた鈴木雅之さんの22枚目のシングル曲です。

「最高の食卓」というテレビドラマのオープニングテーマにもなったので、鈴木雅之さんのヒット曲として広く知られているものでもあります。

美しい言葉がたくさんちりばめられている歌詞が印象的な1曲です。また、恋人への忘れられない想いを歌っている曲なので、聴いていると昔の恋愛を思い出して、懐かしい気持ちに浸れるかもしれませんね。

このランキングに入っているTOP5の曲はいずれも、大切な人を想う気持ちが切なく心に響いてくる曲ばかりです。

この「きみがきみであるために」という曲も、相手を想う優しさが言葉の端々に感じられて、切ないながらもじんわりと心が温まってくる曲です。

【鈴木雅之さんの人気曲 第3位 「違う、そうじゃない」】

ランキング第3位は「違う、そうじゃない」です。この曲は、1994年1月12日にリリースされた、17枚目のシングル曲です。また、三貴の「ブティックJOY」のCMソングにもなっていたヒット曲です。

ちなみにこのシングルの2曲目には、菊池桃子さんとのデュエット曲として広く知られている「渋谷で5時」が収録されています。「違う、そうじゃない」という印象的なタイトルに興味を惹かれる人も多い曲なのではないでしょうか。

大切な相手に伝えたいことがあるのに、うまく伝わらないもどかしい気持ちが描かれていて、心が揺さぶられます。状況の違いはあれど、このような気持ちは、恋愛をしているときっと多くの人が経験するのではないでしょうか。

【鈴木雅之さんの人気曲 第2位 「恋人」】

第2位にランクインしたのは、1993年4月21日にリリースされた鈴木雅之さん15枚目のシングル「恋人」です。「サスペンス・明日の13章」の主題歌やローソンのCMソングとなっていたヒット曲でもあります。

この曲の作曲は、「サニーシャイニーモーニング」などの曲で知られる松尾清憲さんが担当しています。

歌詞には愛しい人を想う気持ちがあふれていて、曲を聴いていると、その切なさが心に突き刺さってくるようです。

哀愁漂う曲調が鈴木雅之さんの渋い歌声にぴったりマッチしていて、後世に残る名曲と言っても過言ではないでしょう。

【鈴木雅之さんの人気曲 第1位 「もう涙はいらない」】

鈴木雅之さんの曲の中で1位になったのは、「もう涙はいらない」です。1992年5月15日にリリースされた14枚目のシングルで、「刑事貴族3」というドラマの主題歌にもなったヒット曲です。

また、この曲の作曲を担当しているのは、数多くの有名アーティストをプロデュースしていることで知られている中崎英也さんです。

タイトルにもなっている「もう涙はいらない」という言葉から始まる歌詞が印象的。その歌詞からは、愛しい人を想う豊かな包容力が感じられます。

好きな男性からこの曲のように強く想われていたら、きっと女性は嬉しいだろうなと感じられる1曲なのではないでしょうか。

鈴木雅之・男性ヴォーカリストの他のオススメ記事

【鈴木雅之さんの曲を聴いて切なさに浸ってみる】

(出典:pixabayより)

鈴木雅之さんのヒット曲をご紹介してきました。どの曲も、愛しい人を想う一途な気持ちがリアルに描かれていて、胸に迫ってくるようです。

歌詞と美しいメロディーに、鈴木雅之さんの情緒豊かな渋い歌声がリンクして聴く人を魅了します。

さまざまな魅力を持つ鈴木雅之さんのヒット曲の数々を、ぜひ心行くまで楽しんでみてください。音楽が持つ、感動の世界がそこには広がっていることでしょう。

コメントお待ちしております

内容に問題がなければ「コメントする」ボタンを押してください。