【サマーソニック2016】東京で行われたソニックマニア、過去出演アーティストたちの動画まとめ

今年も多くの音楽ファンが楽しみに開催を待つサマーソニック2016。出演アーティストがどんどんと紹介されていく中、今年は2011年からサマソニの前夜祭として、日本で数少ないオールナイトフェスとして親しまれてきたソニックマニアの中止が発表されました。ここでは過去ソニックマニアの出演アーティストを動画で紹介します。来年に期待しましょう!

サマーソニック2016の出演アーティストが発表されていく中、出演者のスケジュール調整がつかず中止が発表された今年のソニックマニア。2011年からサマソニの前夜祭として、日本で数少ないオールナイトフェスとして、東京会場の幕張メッセに足を運ぶのを楽しみにしていたファンには悲しい発表でした。今回は、2016年のソニックマニアが開催されない寂しさを吹き飛ばす、過去出演アーティストたちの動画をご紹介します。これを観て来年を待ちましょう!

【サマーソニック2016】東京で行われたソニックマニア、過去出演アーティストたちの動画 ~洋楽編~

まずは、東京で行われたソニックマニア出演アーティストのうち、ヘッドライナーを務めてきた洋楽のアーティストたちをご紹介します。
中にはサマーソニック2016に出演するアーティストも?

  • 2011年出演
    UNDERWORLD(アンダーワールド)

  • イギリスの大御所、アンダーワールドもソニックマニアに出演した経験があります。当時「冬フェス」として知られていたソニックマニアが、サマーソニックの前夜祭としてリニューアルした記念すべき年のヘッドライナーを務めました。彼らはサマーソニック2016にも出演予定です。どんなパフォーマンスを見せてくれるのか、今から楽しみなファンも多いでしょう。動画は、2011年のソニックマニアでも演奏した『Born Slippy (Nuxx)(ボーン・スリッピー・ナックス)』。映画『トレインスポッティング』でも使用された名曲です。

  • 2013年出演
    The Stone Roses(ザ・ストーン・ローゼズ)

  • こちらもイギリスから、世界的に多大な人気を誇るロックバンドです。その影響はすさまじく、カサビアンなど、彼らの音楽は多くのアーティストたちを育てました。1996年に一度は解散したものの、2011年に再結成。その2年後の2013年に、ワールドツアーの一つとして東京ではソニックマニア、大阪ではサマーソニックに出演しています。
    再結成後もファンの心を鷲掴みにするストーン・ローゼズ。ソニックマニアのライブも、集まった人々に、再結成しても輝き続ける奇跡を見せました。動画は、2013年のソニックマニアでも披露された『I Wanna Be Adored(アイ・ウォナ・ビー・アドアード)』。同じ歌詞が繰り返される中に、彼らが音楽に詰めたメッセージが伝わってくるような曲です。

  • 2014年出演
    Kasabian(カサビアン)

  • 現在、世界のロックを牽引しているといっても過言ではない人気のカサビアン。ソニックマニア、そしてサマーソニックに出演した2014年は、彼らにとってデビュー10周年のメモリアルイヤーでした。2004年のデビュー以降、セカンド・アルバムから3作連続で全英1位、イギリスで最も権威ある音楽の祭典「Brit Awards(ブリット・アワード)」では「Best Group(ベスト・グループ)」を受賞するなどイギリスの国民的バンドです。ヨーロッパでは常に万単位のアリーナ会場をソールドアウトさせる彼らは、現在も精力的にライブを行っています。動画は、彼らの代表曲ともいわれる『Club Foot(クラブ・フット)』。ソニックマニアでも演奏されました。

    【サマーソニック2016】東京で行われたソニックマニア、過去出演アーティストたちの動画 ~邦楽編~

    東京で行われたソニックマニアから、今度は邦楽のアーティストたちの動画をご紹介します。洋楽に劣らず、こちらも豪華なラインナップです。

  • 2013年、2014年出演
    サカナクション

  • サマーソニック2016に出演する彼らは、2年連続でソニックマニアにも出演していました。当時から活躍していたサカナクションは、現在も勢いを止めません。2015年はメンバーの妊娠というおめでたい朗報もあり体調を考慮して活動の幅は狭まりましたが、携わった映画『バクマン。』で第39回日本アカデミー賞最優秀音楽賞を受賞するなどクリエイティブな才能を感じさせてくれます。動画は、映画『バクマン。』の主題歌である『新宝島』。コンセプトのしっかりした曲作りは、彼らのこれからも期待させてくれます。

  • 2013年、2015年出演
    Perfume(パフューム)

  • 日本で人気の、ご存じPerfume。ロックのイメージが強いソニックマニアですが、ダンスシーン、クラブシーンの活性化の意味合いもあるソニックマニアで、テクノポップユニットである彼女たちの出演は驚きもありつつ納得のものでした。彼女たちをプロデュースしている中田ヤスタカも、2014年のソニックマニアに出演しています。動画は、オリコンウィークリーチャート7位を獲得し彼女たちの転換期となった『ポリリズム』。ノリの良いテクノポップが爽快です。

  • 2013年、2015年出演
    電気グルーヴ

  • 結成してから25年以上、ライブでの破天荒ぶりが話題になることも多い彼らですが、下地にあるのはテクノとエレクトロを独特の感性で構成した音楽。世界でも活動しており、1998年にはヨーロッパ最大のダンスフェスティバル「MAYDAY(メイデイ)」に出演したり、ヨーロッパ6ヶ国をツアーでまわったりと意欲的。そんな彼らは現在も変わらず、一線級で活躍しています。動画は、2016年3月に発売されたライブDVD&ブルーレイ『電気グルーヴ25周年記念ツアー“塗糞祭”』より『Flashback Disco(フラッシュバック・ディスコ)』。現在も格好いい彼らを観られます。

    【サマーソニック2016】東京で行われたソニックマニア、過去出演アーティストたちの動画を観て、来年へ!

    サマーソニック2016の前夜祭としてソニックマニアの開催は見送られてしまいましたが、それは今年の話。来年は、きっと、東京を代表するオールナイトフェスとして素晴らしいアーティストたちと共に帰ってくるはずです。
    それまで寂しいですが、動画を観て、胸躍らせながら来年を待ちましょう!

    サマーソニック2016のオススメ記事

    サマーソニック2016を観に行こう!

    チケットキャンプではサマーソニック2016のチケットを取り扱っています!是非チェックしてください!

    友達に教えたくなったらシェアを!

    コメントお待ちしております

    ※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。