サマソニ2016に出演!SUEDEの代表曲をチェック

90年代のUKロック界を代表するバンド「SUEDE(スエード)」が、「SUMMER SONIC(サマーソニック)2016」、通称サマソニに出演することが決定しました! サマソニに向けて、レジェンド的バンド「SUEDE」の代表曲をおさらいしましょう。

90年代のUKロック界を代表するバンド「SUEDE(スエード)」が、「SUMMER SONIC(サマーソニック)2016」、通称サマソニに出演することが決定しました! 1992年の衝撃的なデビューから今まで、多くのミュージシャンに影響を与え続けています。

サマソニに向けて、そんなレジェンド的バンド「SUEDE」の代表曲をおさらいしてみましょう。

サマソニに出演! SUEDEの基本情報は?

「SUEDE」は1989年に結成、1992年にデビューを果たした5人組バンドです。ユニセックスな風貌と、ゾクゾクするような妖しい声で歌うボーカル。

同性愛、近親相姦、獣姦などを扱ったスキャンダラスな歌詞。当時のUKロック界に与えたインパクトの大きさは、想像を超えるものでした。

SUEDEの一番の魅力は、そんな過激で退廃的な世界観を、美しくメロディアスな楽曲で包んでいること。そのアンバランスさと危険な香りは中毒性が高く、一度観るとトリコになること間違いなしです。

サマソニに出演! SUEDEの代表曲1:「Trash」

SONYのウォークマンのTVCM曲に使われたこともあり、日本では一番知れ渡っている楽曲です。

軽やかでポップな曲にもかかわらず、サビ部分の歌詞は「But we’re trash, you and me.(僕たちはゴミ、君も僕もゴミ)」と厭世的。そのギャップがSUEDEならではといえるでしょう。

サマソニに出演! SUEDEの代表曲2:「Beautiful Ones」

ライブでは定番の盛り上げ曲!

「Drag acts, drug acts, suicides(女装、ドラッグ、自殺)」などといった過激なフレーズが続く反面、身体がつい勝手に揺れてしまうほど心地よい曲構成と、耳に残りやすいサビ部分。SUEDE初心者でも聴きやすい楽曲になっています。

サマソニに出演! SUEDEの代表曲3:「Animal Nitrate」

近親相姦を想像させる、過激な歌詞が賛否両論となった問題作。倫理的に許されないものとわかっているのに、のぞき見したくなる。そんな心理をくすぐる楽曲です。

また、2012年に英国の音楽雑誌の権威であるNMEが発表した「1990年代のベスト・トラック100」にもランクイン、今も衰えることなく支持されている一曲です。

SUEDEの世界観をぜひサマソニで味わって

過激さと美しさを併せ持ったバンド、SUEDE。現在、SUEDEの来日公演として決定しているのはサマソニのみ。

ぜひサマソニで、SUEDEの独特な世界観を味わい感じてほしいと思います!

SUEDEも出演するサマソニに行こう!

サマーソニック2016(東京)チケット情報はチケットキャンプ(チケキャン)で。今年の夏は幕張で決まり!

サマソニに行くならこちらの記事もオススメ

2016年サマソニのヘッドライナーはあの大物バンド!人気の若手アーティストも

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。