サマソニ2015 ヘッドライナーのファレルに注目!

サマソニことSUMMER SONICといえば、もともとはラウドな洋楽ロックを中心としたフェスでした。基本的に「〜ソニック」という表現はそうした意味合いを含んでいたのです。

しかし2000年代後半よりその方針は大きく転換、中でもPerfumeが登場した辺りから、ジャンルに対するセグメントは殆ど行われなくなったのです。

そして今年のサマソニです。なんといっても一番の注目は「HAPPY(ハッピー)」で世界中を巻き込む音楽ムーブメントを立ち上げたファレルの参戦でしょう。「ハッピー」の、楽しく幸せに満ちたミュージックビデオは世界中でパロディが作られたことも有名ですよね。

サマソニ2015出演、ファレルのスタートラインはヒップホップ

「ハッピー」日本版ミュージックビデオ

ファレルといえば、もともとはヒップホップ系プロデュースユニットのザ・ネプチューンズとして大活躍した人物。正式名称はファレル・ウィリアムス(Pharrell Williams)。ブリトニー・スピアーズからネリー、ジャスティン・ティンバーレイク、スヌープ・ドッグという大スターたちのヒット曲を手がけたことで有名です。

当時からその佇まいは独特で、ヒップホップといえばダブダブというイメージを打ち崩し、カラダのラインの出るピタッとした服でファッションリーダーとしても新しい流れを作り出しました。

サマソニ2015出演、ファレルという変幻自在の個性が数々の伝説を生み出した

またそうしたヒップホップ系プロデュースユニット、ザ・ネプチューンズとして活動するかたわら、始めたのがN*E*R*Dというユニット

そのまま訳すと「オタク」です。ちなみに「ナード」と読まれがちですが、本人たちは「エヌ・イー・アール・ディー」と発音、もっと本格的に発音するなら「エンニーアールディー」となります。

そんな人を喰った名前のグループで、実際に来日、新木場のSTUDIO COASTにやってきたこともあります。ちなみに日本のファッションプロデューサーとして名高いNIGOとも親交が深いのが有名です。

友達に教えたくなったらシェアを!

コメントお待ちしております

※内容に問題なければ、「コメントする」ボタンを押してください。